実は前髪のせい?! 40代が老け見えする大人の【NG前髪】

前髪は眉毛と同じく、印象をガラリと変化させる重要ポイント。とはいえ変化する髪質に合わせて前髪をアレンジするのはなかなか至難の技……。だからと言って、一番シンプルなスタイルに落ち着いてしまっては気づかない間に老け見えしてしまうかも。そこで今回は、シンプルだからこそ老けて見えやすい、大人のNG前髪をご紹介します。

アレンジがない横流し前髪

伸ばしかけの前髪など、中途半端な長さはただ横に流すだけだと、逆に老けた印象を与えやすいので気をつけましょう。とくに前髪の生え際は毛流れの癖が出やすく、ブローをしていないと癖毛がうねってくたびれた雰囲気が出てしまいます。

横流しをする際は必ずブローで髪の根元を立ち上げ、ツヤを出しましょう。その上で少量のワックスでまとまりを良くすると自然な美しい横流し前髪に。つい、忙しいと前髪を横に流しておけばOKと思いがちですが、ブローを入れているかどうかで見え方が大きく変わりますので細かいお手入れにもぜひ意識を置かれてみてくださいね。

 

ボリューム感が出にくい、センター分け

手間もかからずにきちんとした印象を見せることのできる、センター分け前髪。ダウンスタイルはもちろん、1つ結びの時などにも使えますよね。両サイドにピンを止めれば、かがんだ時も前髪が邪魔にならず楽チンです。

ですが、40代の髪質は細く柔らかくなり、髪もパサつきやすいです。そのため、センター分けアレンジが難しいアレンジになっていきます。とくに気をつけたいセンター分けは地肌が見え、トップにボリュームのないセンター分け。髪が全体的にペタッと張り付いて見えると年齢以上の老けた印象を与えるので気をつけましょう。

アレンジは結んでいても、ダウンスタイルでもどちらでも良いのですが前髪にボリュームが出ないぶん、トップはふんわりとしたシルエットを維持する必要があります。ブローをし、アイロンで全体的にふんわりさせ、スタイリング剤でまとまりを良くしてからセンター分けのアレンジを行なってくださいね。

シンプルだからこそ小技を利かせて。

面倒な前髪。毎日お手入れに時間をかけられないからこそ、シンプルなスタイルに落ち着くのですが、それでも最低限のアレンジはどうやら必要なのかもしれません。本当にちょっとした違いではありますが、ブローをする。コテを活用してボリュームアップする。スタイリング剤を活用してまとめる。このポイントを押さえてアレンジをすることで、年相応の美しさを表現できるのでぜひ、取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク