4画目はどこ?「何」の筆順には、まさか!の声が続出。漢字の書き順3選

先日「何」という漢字がおかしな生徒がいたんです。右側が「司」になってしまっていたんですね。そこで正しい形を教えようと「何」という字を書いたところ、そばにいた別の生徒が「うわっ!ぼく書き順間違えてた!」と。
もしかしたら、大人でも間違えている人がいるかも。

第1問:「何」の筆順。4画目はどこでしょうか。

あなたは、次にどの画を書きますか?
「口」を書き始めますか? それとも縦の画? さあ、どちらでしょうか。

 

正解は……

そう。かぎで囲む場合は、外から書きます。かぎで囲むとは、例えば「司」のような字です。「司」は外から書きます。でも「何」の右側はかぎではないので「口」が先なんですね。

「何」の字を「何?」とびっくりするような筆順で書かないよう、気を付けましょう!

参考:学研「新レインボー小学漢字辞典」

出典>>4画目はどこ?「何」の筆順には、まさか!の声が続出

 

第2問:「曲」の筆順。1画目はどこでしょうか。

この「曲」は、縦の画や、横の画、囲う画もありますが、どの画から先に書くか、分かりますか?

  • 縦の長い画から書く。
  • 縦の短い画から書く。

さて「曲」の最初の画はどちらでしょうか。

正解は……

そう、この「曲」の一画目は、この縦の短い画なのです。では、次はどこか分かりますか?

  • 次こそ縦の長い画
  • なんとぐるっと囲む画

正解は……

そうです。実は、底の画を除いた囲む画を先に書いてしまうのですね。
それから、縦の画へと続くのです。
ではここで、「曲」の字の筆順を確認しましょう。

正しい書き順で書くと、文字は綺麗に書けます。変換すれば文字が出てくる現代、筆順がばかばかしいことのように感じるかもしれません。
それでも、正しい書き順で書いて、整った文字を見ると「手書きも良いものだな」と思えるでしょう。
どんなに技術が発達しても、そういう手間のある美しさを忘れてはいけないと、心から思います。
間違えていた人はこの機会に覚えなおしましょう。

参考:学研「新レインボー小学漢字辞典」

出典>>「曲」の1画目はどこ?意外に間違えてる!

 

第3問:「希」の書き順。3画目はどこでしょうか。

「希」という漢字は、小学校4年生で習う漢字。「希望」の「希」ですよね。女性の名前にも多いのでは?

 

「希」の書き順ですが、最初の2画は間違える人がいないと思います。でも、間違えていたら大変なので、ちょっと確認しましょうか。

 

これは、みなさん、もちろん大丈夫でしたよね? 筆の流れからも右上から右下、そして左上から左下へ書きます。
問題は次の画です。あなたはどの画を書いていますか?

 

つまり「布」の書き出しです。
正解は……

 

そう。「布」の部分の書き出しはこの画なのです。
それから、横の画ですよ。

下の「巾」の部分も、念のため確認しておきましょうか。
この部分は、外側から書きます。

 

ではもう一度、「希」の字の筆順をおさらいしましょう。

 

これを見て気が付いた人がいるかもしれませんね。
そうです。1・2画目の筆の動きと、3・4画目の筆の動きは同じなんです。

 

そうやって書いてみると、この「希」の字形が整います。しっかり美しく書けるといいですよね。
今、紙とペンを出して「希」という文字を、書いてみてください。綺麗に書けましたか?
間違えていた人はこの機会に覚えなおしましょう。

参考:学研「新レインボー小学漢字辞典」

出典>>「希」の3画目はどっち?あなたは正しく書けますか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク