タラレバ女性の永遠の課題「結婚」という呪縛について

今年40歳になる私の周りには、綺麗で仕事もできて、真面目な独身のアラフォー友人がたくさんいます。そんな彼女たちに会うと、口を揃えて「いい人がいレバ結婚したい」と言います。しかし、本当に結婚って、幸せになるために必要不可欠なことでしょうか。今回は、少し真面目に「結婚」について考えてみました。

 

「頑張っタラ」幸せになれると言われてきたアラフォー世代

私たちは、小さい頃から塾へ通い、習い事に精を出し、親から「勉強していい学校へ入れレバ」、「いい会社に就職しタラ」幸せな将来を掴むことができる、と刷り込まれてきました。

その背景には、専業主婦が多い母親世代の、子供には勉強させてあげたいという夢や、仕事をする女性に対しての憧れがあります。

さらに、夫の浮気やDVで離婚したくても、経済的にゆとりがなく我慢を重ねてきた母親や、離婚してシングルマザーだった母親なら、なおさら「娘には、経済的に自立してほしい」と感じるのは当然。幸せを願う親心です。

 

時代も女性の社会進出を後押し

さらに、男女雇用機会均等法が施行されたのが、今40歳の女性が9歳の時の1986年。これから将来を考え、勉強に力を入れていく小学生高学年を迎える頃、時代が働く女性を後押しする形となりました。

しかし大学を卒業する頃、時代はちょうど就職氷河期にさしかかり、努力して有名企業に入社したとしても、忙しさやキャリア問題に悩まされ、生きていくために必死で仕事と向き合う毎日。

次々と結婚して仕事を辞める同僚もいる中、仕事を優先してきた女性は男性との交際に時間が割けなくなったり、うまくいかずに別れる、という経験をすることも。

 

仕事と彼が両立できない人は独身コースへ

まだアラサーくらいの時は、男性からのお誘いも多くあり、頑張っていタラいつか運命の人に出会えて、幸せになれるという希望を持つこともできます。

しかし、脳内がほぼ男性になってしまっているキャリア女性は、「一緒にいても落ち着かない」「お前は一人でも生きていける」と、高収入でプライドの高いいわゆる「当たり物件」の男性とは、最終的に結婚まで辿り着かないパターンも少なくありません。

家庭では女性が男性の世話を焼くのがあたりまえ、という日本では、脳内が男で仕事中心の女性は需要が少ないのが現実です。

その結果、仕事の辛さを理解して話を聞いてくれる男性との不倫にハマってしまったり、結婚につながらないけど会えば優しいダメンズと付き合い続けることで、自ら独身コースへ駒を進めてしまうことに。

 

SNSが結婚に対して焦りを倍増させる

そんな時に、SNSではお金持ちの男性と結婚して子供を持ち、素敵な家に住んで、その上好きな仕事もしていて、自分磨きを怠らない、そんなスーパー主婦たちが活躍している(ように見えます)。

毎日携帯を開いて幸せそうな彼女たちの姿を見るたびに、「ずっと仕事だけの人生でいいのだろうか」と不安になり、焦って婚活を始める人も。

その勢いで始めた婚活がうまくいかないと、「自分の努力が足りないから結婚できない」と考え、さらに自分磨きを必死に頑張ります。

しかし、男性と女性の考える「結婚したいと思う女性」には差があり、的外れな自分磨きをしても成果が出ないことも。今まで頑張っていい学校へ入り、就職も勝ち取ってきたという成功体験のある真面目な女性ほど、このスパイラルにハマる結果になります。

そして、いつしか努力の末に積み上げた学歴やキャリアすら、婚活市場ではマイナスになる、という現実を知ることになります。

 

どうして結婚したい(しなきゃいけない)の?

アラフォー女性に理由を聞くと、だいたい以下のような答えが返ってきます。

  1. 親を安心させたい
  2. 家族や居場所がほしい
  3. 孤独死したくない
  4. 周りがうるさい

 

まず、①の親を安心させたいという理由ですが、親は自分が死んだあと、子供がひとりぼっちで寂しい人生を送るのかを心配しているだけで、まずは幸せであることが大前提にあります。あなたが独身だろうが既婚だろうが、不幸でいることが一番の親不孝。結婚は人のためじゃなく、自分のためであるべきです。

次に、②の安心できる居場所や頼れるパートナーが欲しい、という理由ですが、「この人とずっと一緒にいたい」と思い、家庭を作ることが結婚。焦って条件だけで相手を見つけても、本当にリラックスできる居場所を作れるとも限りません。「まぁ、いいか」と結婚生活に妥協しない限り、後悔することになるかも。

③の孤独死ですが、結婚しても離婚や死別する可能性もありますし、子供がいても面倒を見てもらえる保証はありません。結局老後もそれぞれが築いてきた人生の先でしかないので、魅力的で柔軟な人間であれば人は寄ってくるし、そうでないなら家庭を持っていても孤独になってしまいます。結婚は老後の選択しを増やしてくれる可能性はありますが、保険にはなりません。

最後に、④の周りの意見ですが、女性はアラサーくらいから、既婚の友人たちや親族から頼みもしない結婚のアドバイスを大量にもらいます。そうなると自分だけが社会から浮いているような感覚になり、結婚しないと一人前じゃない、人として変わり者になってしまう、という強迫観念を持つことも。世間一般ではどうかじゃなく、本当に自分が結婚したいかどうかを考えましょう。

 

結婚は「人生の選択肢のひとつ」に過ぎない

結婚は人生のゴールでもスタートでもありません。ただ、たくさんある人生の選択肢のひとつにすぎず、それだけに囚われて生きていくのは無意味です。一番大事なことは「自分の人生をどう楽しくなるようにアレンジしていくか」。自分に足りないものばかり数えて、今手にしているものにありがたみを感じられなければ、結婚してもしなくても幸せにはなれません。

 

日本はまだまだ横並び文化なので、一般的な枠からはみ出す者には風当たりがキツイのが現実です。しかし、人生では何かひとつ選択するごとに、得るものと失うものがあります。「全てを手に入れられる人なんていない」という事実を知り、自分が今まで重ねてきた選択を穏やかに受け入れることが、アラフォーのタラレバ女性たちが結婚の呪縛から解放される方法のひとつなのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

CA直伝「3つのS」を心がけるだけで驚くほどモテる?

高度約一万メートルという特殊な環境で、VIPから子どもまでまんべんなく接客するCAたち。気力・体力・サービス精神は不可欠ですが、訓練中に徹底的に教えこまれる「3つのS…

読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選

胸がキュンキュンするエピソードを聞くと、それだけで気持ちが上がったり、恋がしたくなる気持ちが強くなったりしますよね。つまり胸キュンには、女性をキレイにする力が備…

かわいい年下男子に好きと思われる4つのアプローチ

20代や30代の男性にとって、年上の女性の振る舞いは意外と目につくものです。「この人いいな」と思われる女性の共通点は、そのときに応じた「気づかい」があること。同じ世…

品と色気。元CA&クラブママが伝授する、40代女性の「モテ条件」

「女子力」のパワーエリートといえば、女子アナ、秘書、そしてCA。男性相手に特化したクラブホステスも挙がります。この中で、元CA&元クラブママという最強クラスの経歴を…

【男の心理】浮気を繰り返す原因って何なの?「3つのタイプ」と職業

アラフォー世代に入ってから、既婚女性も未婚女性も集まれば男性の浮気話(時々女性側の浮気話もありますが)に花が咲きます。男性側ももう決して若くないのに、いつまでも元気だなぁと思う反面、だいたい浮気する男…

【男の本音】結局好きなのはわかりやすい「モテ系」の女性?

巷では、モテファッションやモテ仕草、モテヘアスタイルにモテメイクなど、男性を意識した情報があふれています。今回は、世間で一般的に「モテる」と噂されている情報について、いろんな職業の男性にヒアリングして…

アラサー男子が思わず「キュン」とした年上女性の瞬間5選

男性にインタビューしてみると、今までに年上の女性にキュンとした瞬間を経験していると答える人が大多数!好みのタイプの違いによってか、その内容は様々でしたが、納得できるものから「そんなことで?」と思うこと…

【男の本音】彼女に「イラっときた瞬間」エピソード5選

付き合ってしばらく経つと、相手の嫌なところが目に付くのは、多少なりともどんなカップルにもあるはず。しかし、根がシンプルで単純な男性たちにとっては、女性の行動や考え方が理解できないことも多く、それが原因…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグンなのに、彼氏いない歴が5年、なんて不思…

【男の本音】「この女と結婚は…ないな」と心の中でつぶやいた瞬間

出会いの場から、付き合って長い女性まで、男性が「絶対に結婚したくない」と引いてしまった瞬間について聞いてみました。ついついやってしまいがちなことから、「え?! そんなことで?」と思うようなことまで、理…

大人の女性必見! 彼・夫以外の男性との胸キュンエピソード6選

前回、【読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選】でもお伝えしましたが、気分が上がる胸キュン話には、女性をキレイにする力が備わっていると言っても過言ではありません。今女性に必要…

「要するに」男に要注意!口癖に隠れている本当の性格って?

男性と会話していて「なんだか違うな」「この人、合わないかも」「モヤっとする」と思ったことはありませんか? 会話で多く使う言葉の中には、その人の持つ本当の性格が隠れているんです。気をつけるべき口癖と、そ…

読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選

胸がキュンキュンするエピソードを聞くと、それだけで気持ちが上がったり、恋がしたくなる気持ちが強くなったりしますよね。つまり胸キュンには、女性をキレイにする力が備わっていると言っても過言ではありません。…

また浮気された!? あなたが最後の女に選ばれない5つの理由

いざ恋愛が始まっても、いつも浮気されたり振られたりを繰り返していませんか? 最終的に選ばれる女性と選ばれない女性では、いったい何が違うのか。男性があなたを選ばない、5つの本当の理由を教えます!①ここさ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事