【九星フラワー占い】六白金星の9月は「人生を守るよい習慣、ありますか?」

もうすでに台風が続けて発生していますが、星のめぐりを見ても水害が心配な1カ月です。

隠しごと、ズルい考えは表に出る恐れもあります。

心配事がつきないこんな時こそ、人との付き合い方が運の分かれ目となります。

ここで改めて見直してみましょう。

※六白金星の生まれ年は1958年、1967年、1976年、1985年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

体調が悪いときは、湯船にしっかりつかって

夏バテなのか、冷房病なのかちょっと体調が悪い。

9月に入ってから、なんとなく元気が出ないという六白金星さんが増えてきそうです。

風邪っぽいうえに喉が痛くなるので、コロナのことが心配になるかもしれません。

調子が悪いなと思ったら、お風呂に入って早めに寝るということが大切です。

自分の言葉が正しく通じないもどかしさ

ただでさえ長い秋の夜、ひとりで過ごしていると、いつもにも増して孤独な気持ちに陥りそうです。

それなら昼間の時間ならさびしくないかというと、そうでもありません。

人と接していても、言葉がうまく通じなかったり、誤解されたり、あるいは気に障るような言葉を人に言われたりということがあって、余計に孤独感が募るかもしれません。

暗い気分になると、不思議なことに経済状態を悪くするので、自然の中へ小旅行に出かけるなどして、気分転換をしてください。

よい習慣が生活や心の状態を守る

こんな時は、感情や心の動きを原動力に動くのではなく、ルーティーンの一つ一つを大切にして、よい習慣に従って生活をしてみてください。

そして、できるだけ暗い考えにとらわれていることを人に気付かれないようにし、笑顔と挨拶、感謝の言葉だけを忘れなければ必ず乗り切ることができます。

そうすれば体力を温存できますし、大きなトラブルを避けることもできはずです。

来月は調子を取り戻しますのでしばしの我慢です。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、異性からのアプローチはそれなりにありそうです。

ただし、あまり信頼できる本当に心のこもったアプローチかどうかというのは謎。

少々危険ですので、その場のノリで関係を深めることはせずに、笑顔を見せつつも慎重に見極めてください。

金運ですが、あまりいいとは言えません。

とくに、油断していると浪費を重ねてしまう心配があります。

注意してください。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、ホワイトとネイビーです。

暗い気持ちを吹っ切り、笑顔になる力を与えてくれる、さわやかな組み合わせです。

ラッキーパーソンは、年下の男性。

例えば、弟や後輩、部下などです。

何か相談されそうですが、よく話を聞いて、自分の意見は押し付けないこと。

これが上手にできると彼らから信頼され、後に色々とフォローをしてくれるでしょう。

ラッキーフードはしめ鯖です。

がまん強さを与えてくれて、この時期に食べておくと、免疫力を高めてくれる心強いメニューです。

 

ガーベラの花が象徴する六白金星の魅力とは

完璧さを目指す誇り高さがあり、気力・体力にあふれ、リーダーの資質を備えた六白金星。そんな六白の女性にピッタリな花と言えばガーベラではないでしょうか。花のなかでもとくに花らしい形をしていて、太陽のようにくっきりと明るい色あいと華やかで、プレゼント・ブーケとして高い人気を誇っています。完璧さやゴージャスな雰囲気は可愛げがないと思われることもありますが、六白に関してはそれが魅力に。とくに太陽に似たオレンジのガーベラの花言葉は「冒険心」です。戦うことを恐れない六白に捧げます。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク