【40代編集長の婚活記#215】そうじゃないのに…。50代医師とのデートの顛末 

40代の婚活は、曲者と曲者の出会いなのか? OTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)は婚活歴4年、婚活で出会った相手は100人以上。

婚活アプリで知り合った50歳の眼科医・レンズさん。3回目デートのあと、電話がかかってきて衝撃のひと言が──。この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

あなたは自立していない!

衝撃が走ったのは、この言葉からだった。

レンズ「3回お会いしてわかりました。あなたは、自立している女性じゃなかった」

社会人歴25年、誰かに養ってもらうこともなく生活しているのに、なぜだろう? その真意がわからず、理由を教えてほしいと伝えると

レンズ「では、どうしていつもお支払いは僕だけに任せていたのですか?」

彼が指摘していたのは、デートのお会計のこと。確かに、3回のデートで私は一度もお支払いをしていなかった。

 

理由を問い詰められる

その理由を、彼は矢継ぎ早に質問してきた。

レンズ「男が払うものだと思っているからじゃないんですか?」

レンズ「じゃ、年収が高いほうが支払うべきものと思っているんですか?」

レンズ「お金に困っているんですか?」

レンズ「じゃ、どうしてですか?」

すべて違うと否定したけれど、それ以上、言葉が出てこなかった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク