「も」の1画目はどっち? 意外と間違えている!

ひらがなの書き順は、学校では1年生で教わるのですが、もう少し前から書けている子もいます。けれど、きちんと教えないと「え?」という書き順で書いている子、実はけっこういます。書き終わった字しか見ていないので、書き順を修正できないのかもしれません。このひらがな、案外大人でも間違えているんですよ。今日は「も」をチェック!

「も」の字は、3画で書きます。
では問題です。「も」の1画目はどこでしょうか?

1 まずはしっかり横の画を先に書く。
2 縦に大きく、少し反った「し」のような画を書く。

さて「も」の1画目はどこでしょうか。

正解は……

そう、この「も」の1画目は、この縦の画から書くのです。
横画の2本を書き終わってから「し」のような画を書く人も見受けられますが、そうではなく、逆に縦の反る画をしっかり書いて、そのあと、横の画という順に書いていく筆順です。
分かりやすいように、「も」の書き順をもう一度確認しておきましょう。

どうですか?正しい書き順で書くと、綺麗に書けますね。小学生には「これは『も」かな? 『し』かな?」と言って最初の画を書き、横二画で「し」を消すように書いて「『し』じゃなかったー!」と言い笑って覚えてもらっています。
間違えていた人はこの機会に覚えなおしましょう。

参考:学研「新レインボー小学漢字辞典」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク