【九星フラワー占い】七赤金星の10月は「ハッピーの輪の中心にいる!」

食や旅行、華やかなファッションなど秋は本来楽しい季節。

この楽しみを少しずつ取り戻すことが、じつは開運につながりそうな1カ月です。

各星ごとのラッキーカラーやラッキーフードもぜひ活用してください。

※七赤金星の生まれ年は1957年、1966年、1975年、1984年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

目が覚めたように力がわいてくる

今月の七赤金星にとって大切なキーワードとなるのが「新しさ」、「若さ」、そして「目覚め」です。

今、気分は不思議なほど軽く明るく、まるで何かから目覚めたような感じはしないでしょうか。

その明るい気分のまま人に接してください。

今月は、自分から感情を豊かに表現して行かないと、それが人に伝わらず不機嫌に見られてしまう傾向があります。

笑顔と楽しい話題、そして笑い声が、周囲の人を幸せにします。

このように周囲を幸せにする役目というのは、この10月だけでなく七赤金星本来の役割でもあります。

周囲を幸せにしてこそ、自分にも幸せが巡ってくるという、宇宙の法則をどうか忘れないでください。

 

新しいアイデアも実現させるチャンス

さてキーワードの中に、新しい、若いという言葉を入れましたが、この時期は新しいアイデアや何か新しく取り組もうという気持ちが湧いてくると思います。

その発想や思いを大切に、身構えずに挑戦をしてみてください。

とくにアイデアに関しては、人に話しておくと、助けてくれる人が現れたり実現しやすくなったりするでしょう。

 

恩の倍返しがあるかも?!

そして若さについてですが、これは若い世代、自分より若い人たちつまり後輩といった人たちを助けてあげる、味方してあげるということが、今月のラッキーアクションになるということです。

とくに自分より上の世代との橋渡しをしてあげるということが、本人たちだけでなくチームや組織のみんなから喜ばれそうです。

若い世代と接することで新しいアイデアが湧きますし、この時期に助けられた人はあなたへの音をずっと忘れないでいてくれるでしょう。

いつか思いがけない時に、助けてもらえるということがありそうです。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、楽しいお誘いの声がいくつもありそうです。

すぐにお付き合いをするなど、具体的にはならないかもしれませんが、できるだけ早くそして明るく重くない返事をしましょう。

金運ですが、必要なぶんを、必要だと強く念じていると入ってきそうです。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはブルーとブラウンです。

若々しいエネルギーを与えてくれる組み合わせです。

ラッキーパーソンは年下の男性です。

前にも書きましたが、彼らが言葉足らずだったりしたらそれをフォローしてあげると、あなただけでなく周囲の人の運気まであげることができます。

ラッキーフードは、梅干し納豆です。

精進料理のレシピにもあるのですが、梅干しに梅肉を混ぜて食べるというもの。

頑固にならずオープンな気持ちになる助けをしてくれます。

 

 

コスモスの花が象徴する七赤金星の魅力とは

七赤金星の女性は、少女のように可憐で楽しいことに目がない人が多いです。「乙女の真心」という花言葉を持つコスモスは、にぎやかに群生していますが、ひと花だけに注目すると可憐で、どこか頼りなげ。その姿は七赤の女性に似ているような気がします。「アラフォーなんだから、しっかりしなくちゃ」、こう思ったら七赤の魅力は半減。好奇心のままに楽しいことを探し、その楽しさを人にもおすそわけする、そんな七赤を人は好きになるのです。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク