気になる肌の乾燥はこの3大食材で、ぷるぷるに!

スポンサーリンク

今の季節、肌の悩みといえば、なんといっても乾燥です!スキンケアタイムには、保湿クリームを塗ったり、お風呂上がりにマスクをしたり、こまめに乾燥対策をしていても、やっぱりカサカサ……という人も多いのでは?

パックをしたり、美容液をたっぷりつけるのも効果的ですが、やはり体の中から保湿効果をあげることが大事です。そこで、食治研究家の田村先生に、お肌をキレイにする食べ物や、おすすめレシピを伺いました!

 

身近なのはゴマ!日常的に取り入れて!

 

アラビアンナイトの「開けゴマ」の呪文でおなじみの食材も、じつは肌の乾燥にぴったりの食材。ゴマに含まれているセサミンは、抗酸化作用も豊富。新陳代謝を活発にして、老化を防ぎ、血液の量をふやして美肌作りに役立ちます。皮膚だけでなく、髪の毛がパサついたり、つめがもろい人にも、ぜひ食べてほしい食材。

田村先生が、特に皮膚の乾燥によいというレシピは、黒ゴマ50gと氷砂糖20gをすり鉢ですってどろどろにしたものを、1日2回、15gずつ飲むというもの。黒ゴマは、ご飯にふりかけたり、ペーストにしてドレッシングにしたり、ほうれん草など青菜とあえたり、日常生活に取り入れやすい食材なので、ぜひ積極的に摂るようにしましょう!

 

 

実は、乾燥肌にはハトムギが◎!

 

 

雑穀の中で、肌によいとされているのがハトムギです。漢方ではヨクイニンと呼ばれ、昔から薬用として重宝されていました。ニキビや肌荒れに効果があり、ハトムギから作られたヨクイニン錠剤や、ヨクイニンが入った化粧品なども売られています。

 

ハトムギで、その他の穀類とくらべても、タンパク質や脂質が豊富。消化器の働きをよくして、皮膚の新陳代謝を活発にするため、毎日食べれば、肌がなめらかになり、うるおいも出てきます。

 

とくにカサカサ肌の人には、鍋にハトムギ60gと黒ゴマ9gを入れ、水3.5カップを加えて、おかゆにして食べるのがおすすめです。ハトギムと黒ゴマのダブルパワーで効果も倍増!

 

定番とはいえ効果大!なのがヨーグルト

 

肌を体の内側からキレイにするためには、欠かせないのがヨーグルト。ヨーグルトは、たんぱく質、脂質、カルシウムなど、牛乳が持つ栄養素をすべて保持しています。

 

牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロする人がいますが、それは乳糖不耐症といって、牛乳に含まれる乳糖を分解できない人が日本人には多いからです。でも、すでに乳酸菌で、たんぱく質が分解されているヨーグルトなら大丈夫!

 

特に乾燥など肌のトラブルにおすすめなのは、ヨーグルトパンケーキ。ヨーグルト100gに、刻んだレーズン50gを混ぜ、パンケーキやホットケーキの素、100gを加えて混ぜ合わせ、油を熱したフライパンで両面焼けば完成。

 

また、朝食にヨーグルトを食べる人も多いですが、じつは、空腹時にヨーグルトを食べると、乳酸菌が胃酸に負けてしまうのでおすすめできません。胃酸が薄められている食後に食べるのが効果的。1日200~400gを毎日の習慣にして!

 

身体の不調に役立つ食材情報が満載!

食治研究家・薬剤師の田村哲彦先生によるこの本には、女性ならではの悩みや、ちょっとした不調などに役立つ情報が満載!食材ごとのレシピも充実しています!

からだに効く食べ物事典/田村哲彦 主婦の友社 1100円+税

アマゾンはこちら

hontoはこちら

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

長谷川華の最新記事

HEALTHに関する最新記事