もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった」と実感したリアルなエピソードを聞いてみました。誰でもありそうなネタから、ドキッとするネタまで、肌と髪に関するアラフォーあるあるを紹介しましょう(OTONA SALONE編集部調べ)。

ちょっと前までなかったのに……

160504easami005

「以前はなかった気がするのに、ある朝メイクしようと鏡を見たら、目元にモヤッと広がったシミに気がついた。いわゆる肝斑です。女性ホルモンの変化でできるシミなんですって。中年の証!?(40歳)」

「とにかくちっちゃいシミが増えた。正直、顔全体がシミだらけです。20歳のころギャルが流行していて私も日サロでガングロにしてたからですよね、きっと。(39歳)」

「顔のシミが濃くなった気がする。前に使っていたコンシーラーでは隠せなくなったので、“大人用の”新しいものを買いました。(41歳)」

 

 

写真でわかる、深くなったシワ。

160505easami002

「20~30代の同僚女子で食事したときの写真がSNSにアップされた。一人だけものすごくほうれい線が濃いことに気がついた。35歳の後輩とはたいして変わらないと思っていたのに……(38歳)」

「自撮りをした写真を見たら、マリオネットライン(口角から下にむかってできたシワ)がくっきりあることに気づいた。ものすごくショックだった。(47歳)」

「気づいたら、首の横ジワがものすごく深くなっていた! しかもガサガサしているんです(43歳)」

 

シーツのあとが消えません!

160504easami004

「仕事帰りの電車の中、ふと窓ガラスにうつった自分を見たら、顔がものすごく下がっていた。愕然とした。(39歳)」

「肌にハリがなくなったせいか、顔についた枕やシーツのあとがなかなか消えない。起きてから1時間くらいたってもシーツのあとがクッキリ! 出勤時間になっても消えないので、マスクで隠して出社しました。(44歳)」

「友人と旅行で撮った写真が送られてきた。自分の顔を見てみると、ほおがブルドッグのように肉が下がってる! 顔のたるみを痛感させられました。(45歳)」

「肉がたるんで、お尻と太ももの境がわからない。(46歳)」

「まぶたがたるんで下がってきたため、目が三角形になってきた。アーモンドアイだったのに。しかも母親に激似。(42歳)」

 

 

水分もなければ油分もない。

「いつからでしょう、あぶらとり紙を使わなくなったのは。(39歳)」

「一年中、乾燥肌が悩みです。化粧品カウンターで測定してもらったら、水分量も皮脂量も50代の平均より下という結果にショックを受けた。(41歳)」

「とにかく肌の乾燥がひどい。いろんなところがカサカサしている。ボディクリーム、ボディオイルが欠かせません。(43歳)」

「パウダーファンデーションはもう使えないと感じたとき。

「久しぶりに会った友人に『ファンデーション、粉吹いてるよ』と言われたとき。(43歳)」

「圧倒的に髪のツヤがなくなりました。なんだかギシギシする。油切れ!?(38歳)」

 

 

深刻です、白髪問題。

160504easami003

「朝、自然光がふりそそぐ部屋の鏡で前髪をかきあげたら、白髪が大量発生していた。それ以来、オシャレ染から白髪染めに変えました。(44歳)」

「ハーフアップにしたら白髪がいっぱいあった! その日は髪をおろしてでかけました。(37歳)」

「眉毛に白髪を発見した。村山元首相を思い出した。(46歳)」

「アンダーヘアに白髪を発見した。まだ旦那には言えてない。(43歳)」

 

 

髪はコシもボリュームも減少傾向。

「比較的コシのある髪だったはずなのに、ある時期をさかいにコシがなくなった。細くもなった気がする。(40歳)」

「鏡を見たら、ものすごく髪の分け目が目立つようになった。これって薄くなったってことですよね?(45歳)」

「トップの部分にボリュームが出ないし、地肌が見えるようになった。(46歳)」

「ずっと担当してもらっている美容師さんに『今日は、なるべく髪のボリュームが出るようにカットしておきました』と言われた。ボリュームダウンしている事実をさりげなく教えられた。(43歳)」

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

白髪とツヤ、ボリュームのお助け!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ヘアケア編】

40代になって髪のエイジングケアがとても大事なことを痛感しています。正直30代までは髪の悩みがほとんどなかったんですけど……。驚いたことに、40代になってツヤ、白髪、ボリューム、手触りなどに悩むようになりまし…

シミそばかすを隠してツヤがほしい! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

こりゃダメでしょ! 婚活女子がやってはいけない「ざんねんな婚活」3つのこと

前代未聞の婚活本がついに発売されました。『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』。2年間、婚活をやったうえでの残念な婚活エピソードが紹介されています。その著者、リアルに婚活をやっている婚活コラムニストの…

#123 ギュッと手を触れられて…。2回目デートに起こったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はすでに9年を超えている恋愛ご無沙汰女子。40代にして婚活を始めたが、実りのないまま2年が経過した。以前、仕事で名刺交換をしたことがある(と…

ほうれい線と唇の縦ジワによかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

ここ1年、ふとしたときに撮られた自分の写真や動画で話す自分を見て、めちゃめちゃ気になるようになったのがシワです(苦笑)。年を重ねるうえで仕方ないことだと受け入れていますが、できるケアはやろうかな、と。…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事