失恋したあなたへ。立ち直るための5つのコツ

失恋する、恋人と別れる、という苦い経験は、誰にでも一度はあるでしょう。

恋人を失った悲しみで深く落ち込み、自分は耐えられそうにない、と思うことすらありますよね。

そんなあなたに失恋から立ち直る5つのコツをお話しします。

 

失恋すると…

恋人と別れた、という事実は相当辛いものです。ましてや、長年付き合った相手や、結婚を考えた相手ならなおさら辛く悲しいですよね?

二人だけのさまざまな記憶が次から次へと思い出されます。そして、その時間がもう二度と戻らないことに愕然とします。突然一人で世界に放り出されたような心細さを味わうこともあるでしょう。

ついには、自分にはもう気の合う異性と出会うことなんかない、と思ってしまったりもします。

どうしてこのタイミングで別れてしまったのだろう、と途方に暮れてしまう人もいるでしょう。

本当に失恋は大きな心の痛みをともないます。

 

終わった恋の検証を

 

あなたが少し冷静さを取り戻してきたら、その失くした恋をできるだけでいいので、分析してみることをおすすめします。

 

自分自身をちゃんと出せていたか。

2人とも前を向いて付き合っていたか。

自分だけ結婚を焦っていなかったか。

相手をより理解しようとしていたか。

大きな価値観の違いがなかったか。

彼には自分が必要だと思い込もうとしていなかったか。

どこかで無理していなかったか。

 

あなたが二人の間に求めていたことと、現実はどうだったかを照らし合わせてみるのです。

ちょっとした言葉、ちょっとした行動に二人の間のズレが見えてきたのだったら、その恋は、もしかしたら壊れるべくして、壊れたのかもしれません。

どちらが悪かった、のではなく、どちらか、もしくは、どちらも合わなかっただけかもしれないのです。

 

悲観しすぎないで

 

失恋は、一時的にはとても辛く悲しいことですが、あまり悲観する必要はないのです。

終わったことにも意味があり、終わったことが始まること、にも意味があるのです。

ある程度の時間はかかりますが、時間はそんなに無慈悲ではありません。あなたに冷静さという恩恵をもたらします。

その恋は終わったのだ、とどうにか納得することができたら、再び歩き出すことを考えてみましょう。

 

次の目標を決めよう

 

自分はただ恋がしたいのか、本当は結婚がしたいのかを一度よく考えてみましょう。

そして、「自分らしく自分を出して生きていく」と強く誓ってみましょう。

本当の自分を出さなければ、自分に合う相手など見つけられませんからね。

もしあなたが、「次のお付き合いには絶対結婚を求めたい」と考えているのなら、とくに真剣にことに当たらなくてはなりません。

婚活は、具体的に動くことがカギです。「自分が相手に求めることは最低限コレ」と、制限していけるのも大人ならではなのです。

 

少し疲れてしまったあなたは

 

もしあなたが、しばらく異性との接触は疲れた、もしくはいいや、と思っているのなら、無理して動く必要はありません。

今は小休止だと思って、一人の時間を大切にしてください。そして、自分に投資をしてみてください。

興味のある習い事を始めてみたり、今まで読みたくても時間がなくて読めなかった長編小説にチャレンジしたり、エステに行ってみたり、マッサージに行ってみたり、でも何でも構いません。自分をいたわり、喜ばすことに専念してみましょう。

 

自分を大切に

 

どちらのパターンも、「自分を大切にする」ということを念頭に置いて行動していけば、必ず人生に希望を持てるようになります。

ひいては、より理解し合える相手とまた巡り会うこともできるかもしれません。

また、異性に限らず、人との出会いひとつひとつを大切にしてみてください。そこからまたいろいろなご縁や世界が広がっていくのです。

 

最後に。傷ついた自分を治すのは自分自身です。

今は辛くても、自分をよく見つめて、大切にして生きて行く事で、現在の辛い経験をいつか笑って振り返ることができるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

無理にでも笑顔を作って!幸運が向こうからやってくる

最近、笑っていますか?忙しいから、達成されない課題があるから、ストレスが多いから、辛いことがあったから……暗い表情で、眉間にシワを寄せて生活していませんか?その昔、天の岩戸の前でアメノウズメが身をくねら…

知能IQやEQ以外の「頭のよさ」の指標、PQって知ってる?

一般的に「頭が良い」とはどういうことでしょうか?何の基準をもって、判断されているのでしょうか?以前はIQ(Intelligence Quotient)が高い=頭が良い人と思われていました。IQとは知能指数のことで、従来型のIQ…

人前でひどく緊張する?それって対人恐怖症かも

あなたは、人前に出る時や、会議などの集まりの時、とても緊張したりしませんか?ある程度の緊張は普通なことなのですが、「もう、どうしていいかわからない!」というぐらい動揺したり、かなりの不安を感じていると…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソナルスペースと言います。人間が持っている…

10の質問であなたの「幸福度」がわかる…知っておきたい自尊心のこと

人によって、人生に前向きな人と後ろ向きな人がいますよね。その違いは一体なぜ生まれるのでしょう?それは、ずばり自尊感情(自尊心)の程度によります。自尊感情が高いか低いかで人生の視点は大きく変わってくると…

もし、うつかな?と思ったら…憂うつ、不安、倦怠感、無気力、イライラ

人は人生のあらゆる場面で、大きな環境の変化を体験します。進学のために転居したり、社会人として会社に就職して働くようになることもそうですし、異動や転勤、結婚、出産などもそうです。こうした環境の変化からく…

出世も未婚も原因に?人生でもっとも大変な「40-50代の危機」を乗り越える

人生の中で、公私共にとても忙しく、もっともストレスが多いとされる中年期。仕事や家族などのさまざまな問題を抱え、精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなる時期です。その中年期の社会生活をどのように乗り…

1分で人づきあい技術がアップする「アサーション」3ポイント

社会で生きていく中で、人間関係を円滑にするソーシャル・スキルを身につけることは、とても大切なことです。より良い人間関係とコミュニケーションを得るために、ぜひ身につけたい技能です。その中で、今回はもっと…

ライクからラブへ、彼を変えるたった1つのテクニック

恋愛において、友達以上恋人未満の曖昧な関係から一歩踏み出したい時ってありますよね。そんな時に有効なのは、相手と時間を共有して特別な体験をする「アハ体験」です。この心理的技法を使って相手との距離を縮める…

「人生が思うように進まない」焦りを好転させる3つのコツ

焦りという感情は人それぞれです。そして、焦りは人生のいろいろな場面で現れてきます。未来への不安だったり、仕事上の問題だったり、人間関係の問題だったり、これからの人生設計についてだったり。もし今あなたが…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事