老化の原因、8割は〇〇! 女医が教える「老化を止める生活習慣」とは

「年をとることは止められないけれど、老化は生活習慣で止められる」。こう教えてくれたのは、東京・広尾の皮膚科・Rサイエンス広尾 院長、日比野佐和子先生です。資生堂アネッサ2017年新製品発表で行われた「日光老け」を防止するための講演をダイジェストでお伝えします。

 

老化の8割は紫外線が原因

皮膚の老化には、細胞寿命や免疫、遺伝子、活性酸素などさまざまな要因があります。

「このうち、遺伝的な因子は3~4割。いっぽう、環境因子は6~7割もあるとされます」(日比野先生)

環境因子には、環境汚染、たばこ、食生活、ストレスなども含まれますが、いちばんの問題は紫外線。皮膚老化には、年齢によって自然に起きる老化と、紫外線によって起きる光老化の2種類があるのですが、老化そのものの原因のなんと8割がこの紫外線なんだそう。内的な食生活や睡眠、運動もありますが、外的な要因である紫外線が80%なんです。

 

 

波長の長い光が肌を傷つける

 

紫外線のうちC波はそれほど地上に届かないのですが、A波とB波は届きます。まず、A波。波長が長いので、皮膚の深部に働きかけ、しわやたるみの原因になります。そして、B波は表層に働き、シミの原因になります。

「A波は弾力性を損なう原因ですが、最近ではB波もしわやたるみの原因になることがわかってきています。両方ともコラーゲンの変成を起こし、最終的にはコラーゲンの変成修復できないままになる。これが、しわやたるみがしっかりと皮膚についてしまう原因なのです」

 

恐怖の「日光老け」

 

こうした紫外線で引き起こされる光老化のことを「日光老け」とも呼びます。紫外線によって、しわ・たるみなどの老化情報が出てくることです。どうすればこの恐ろしい「日光老け」を防げるのでしょうか。

「日本では午前10時~午後15時の間が非常に紫外線が強いので、できればこの間は紫外線が強い時間は家の中にこもって紫外線を浴びないのがいちばんです。でも紫外線にはマイナスだけではなく、プラスの効果もあります。ビタミンDを生成して骨粗しょう症を予防にもつながるので、やはり光を浴びることは重要なのです」

まず、よいのは10-15時以外の時間に散歩やマラソンで外に出ること。また、どうしても夏の日中に外に出る場合は、紫外線防止対策の高い日焼け止めクリームを使うのが重要。長いつばのついたかぶりものや、帽子、傘も併用しましょう。

「白より黒っぽいもののほうが紫外線を吸収してくれるので、黒いものを選ぶといいです」

 

皮膚科医のすすめるオススメ対策とは?

 

日比野先生によれば、日光老けを防ぐための、皮膚科医オススメの対策は2つあるのだそう。

1つは、日焼け止めの選び方。

「これはとても重要です。日焼け止めはたくさんあるんですが、ここでいいものを選ばないと肌の負担になってしまうことがあります。選び方のポイントは、肌のダメージを受けやすいので、スキンケア効果、美容効果の高いもの、紫外線対策効果が高くて肌にやさしい成分が入っているものを選びます」

また、汗をかくと日焼け止めが本来持つUV効果が失われるので、水や汗に強いものがいいのだそう。ただし、強いだけだと肌に負担がかかるものが多いので、最新技術を搭載したものを選んでほしいとのこと。

「もうひとつは塗り方です。てきとうにぬらず、まんべんなく、丁寧に塗ること。おでこ、鼻、ほほ、あごといった、出っ張ったところは紫外線が当たりやすいので、しっかり丁寧に、厚めにぬります。耳や首はみなさん忘れがちですね。くびにスキンケアをしていないせいで首に年齢が出ている方が多いです」

 

美肌を目指すには日光老けをガード

 

このように、

「美肌を目指すには皮膚の老化を8割を占める日光老けに陥らないことが重要」というのが日比野先生の教え。

実は、日比野先生は、46歳の今でも肌年齢は22歳をキープしているのだそう。その秘密はというと……普段から日焼け止めはしっかり塗り、首への美容液もぬかりないそうです。

「個人的に汗や水をかいても膜ができて美肌効果も持続するという今回のアネッサ新製品は素晴らしいと思います。汗をかいても膜ができて美肌効果が持続するんです。私は普段ほとんど化粧はしませんが、日焼け止めだけは家の中でもぬっている。日焼け止めは肌に負担をかけることも多いので、美肌効果も高いものを選びたいと思っています。今回は使ってみたいと思っています!」

 

新しいアネッサ、私はどれを選べばいい?

さて、ラインナップが増えた新しいアネッサのうち、どれを選ぶといいのか、メーカー広報に簡単に教えてもらいました。

 

2017年からは汗や水に触れると紫外線をブロックする膜が強くなる革新的な技術「アクアブースター技術」が全品に搭載されたアネッサ。おなじみの最強UV・金と、保湿UV・銀のラインナップに、薬用美白エッセンスや、待ち望まれたマイルドタイプが登場。また、新たにスポーツ専用アイテムも加わり、さらに無敵に。

 

手の甲や腕には乳液、顔と首には薬用美白エッセンスと、細かく使い分けるのもいいですが、まずは1品アネッサの新技術を試してみたいという人には、おなじみ「銀のアネッサ」、アネッサ エッセンスUV アクアブースターがいいでしょう。

アネッサ エッセンスUV アクアブースター(SPF50+・PA++++) 60ml/25ml ノープリントプライス/資生堂

低刺激タイプを選びたい人には2つのオススメが。どちらも赤ちゃんにも使える処方です。まず、1つはしっかりタイプから。SPF50のアネッサ パーフェクトUV アクアブースター マイルドタイプ。

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター マイルドタイプ(SPF50+・PA++++ )60ml ノープリントプライス/資生堂

 

もう1つは、SPF35のアネッサ エッセンスUV アクアブースター マイルドタイプ(上の写真右はじ)。どちらも石けんでスルリと落とせます。

アネッサ エッセンスUV アクアブースター マイルドタイプ(SPF35+・PA++++)60ml ノープリントプライス/資生堂

 

また、普段からBBクリームを愛用している人は、アネッサ パーフェクトBBベース ビューティブースターを。

アネッサ パーフェクトBBベースビューティブースター(SPF50+・PA++++)各25ml・全2色 ノープリントプライス/資生堂

同時に美白もという欲張りな人は、銀のアネッサラインの美白エッセンス、アネッサ 薬用美白エッセンスフェイシャルUV AB(40g)がいいでしょう。

アネッサ 薬用美白エッセンスフェイシャルUV AB(SPF50+・PA+++) 40g ノープリントプライス/資生堂

 

この夏は、最新技術で「今」と「未来」両方の美肌を守りましょう!

 

◆詳しい商品説明は

アネッサ公式サイト http://anessa.shiseido.co.jp/

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

北海道で人気の手土産は?「とかち帯広空港」で買えるおすすめスイーツランキング

日本国内でもトップの「焼き菓子王国」北海道。小麦や乳製品、小豆など菓子原材料の一大産地としての地の利のほか、道民同士の「お持たせ文化」で洋菓子文化が発展しました。そんな北海道では、エリアごとに地元を代…

40代の肌づくりに必要な「腸」って…?科学的に正しい腸活を究極の美食でレクチャー!

季節の変わり目ごとに肌がゆらぐ40代。そろそろ秋の入り口ですから、身体をトータルに整えたいところ。そこで気になるキーワードが「腸活」ですが、正直に言って「どのくらい何を食べればいいのかわからない」という…

ザ ストリングス 表参道で最高の午後!キャスキッドソンのコラボアフタヌーンティー開催中

秋のさわやかな午後、表参道のケヤキ並木を眺めながら、優雅な本格アフタヌーンティーはいかがでしょう?ザ ストリングス 表参道1階のカフェ&ダイニング ゼルコヴァでは、ただいまロンドン発のライフスタイルブラン…

皮膚のセラミド、40代では「〇〇%」も減る…?知らなかった肌のこと

2007年にブランドが登場したアスタリフト。2010年、「ジェリー アクアリスタ」は登場するや大ヒットを記録します。当時は珍しかったジェル形状と高い浸透力で「肌が食べるジェリー」として導入アイテムの地位を確立…

【無印良品】大人気の化粧水はどれ?40代にオススメのスキンケアをタイプ別に詳解

私たちの日々の暮らしに寄り添い、いろいろな分野でいつでも支えてくれる無印良品。中でも、密かに愛用者が多いのがスキンケア分野です。ただ、何しろアイテム数が多いので、店頭のテスターでは「どれにすればいいの…

【無印良品】無敵の化粧直し!メイクパレットの人気組み合わせは?好評の8品はコレ

無印良品の店頭でいつも賑わっているコーナーの一つがメイクアイテム。アイカラーやファンデーション、チークなど、テスターはいつでもちょっと試してみたくなりますよね。従来から無印良品のアルミの名刺入れにコス…

45歳以上の女性必携!「マイナス5歳レンズ」でこの先の人生がグンと楽になる

40代の微妙な気持ちに寄り添い、丁寧なカウンセリングで最適な1本を選んでくれる「メガネの田中」。この春の「マイナス5歳メガネ」キャンペーンでは無料でパーソナルカラー診断を実施、店頭に出かけた人もたくさんい…

[PR]

この汗はホットフラッシュ?太っているせい?|100人の更年期#14

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

ひとりで映画に行ける?ミュージカルは?40代がはじめてひとり観劇をしてわかったこと

オトナサローネで根強い人気を誇るのが「おひとりさまレベル」チェック記事。40代のおひとりさまがひとりでどこまでできるか、「ひとりでできるもん」レベルを客観的に考えてみた内容です。レベル1は「ファーストト…

更年期が「終わったあと」はどうなるの?59歳、駆け抜けた50代|100人の更年期#13

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事