「兆」の1画目はどっち?うっそ、こっちなの?間違えてた!

「兆」という漢字は、学校では小学校4年生で習う漢字です。訓読みでは「きざ(し)」「きざ(す)」と読みますね。

音読みでは「チョウ」と読み、日常生活ではあまりお目にかからない額のお金の単位として使われることが多いです。

「一兆円」というのは、「一億円」の一万倍です。最近では、オリンピックに関わる費用、新型コロナウィルスの経済損失、対策費用など大きなお金の単位でよく目にすると思います。小切手に「兆」を書く機会などは、ほぼありませんが(笑)、筆順くらいはしっかり書けたいもの。今日はそんな「兆」をチェック!

 

問題1

まずは第1問!「兆」の漢字、はじめの一画はどこから書くか、分かりますか?

1 漢字は左から!ということでこのチョン
2 漢字は上から!ということでスッと左に払う画

さて、1画目はどちらでしょう?

正解は……

そう、この漢字の1画目は、このスッと左に払う画です。そして、チョンチョンと二画を書きます。方向に注意ですよ!

 

問題2

次に第2問!次の画、4画目はどこでしょうか?

1 同じパターンで右に曲がってはねるこの画
2 いえいえ、今度は右のチョンチョンという二画なのでまずはここ

さて、4画目はどちらでしょう?

正解は……

そう、この漢字の4画目は、左と同じように右に曲がってはねるこの画なのです。
そして、その右に位置するチョンチョンを書きます。向きに注意しましょう。

 

ここで「兆」の書き順をもう一度確認しておきましょう。

 

どうですか?正しい書き順で書くと、正しい形に綺麗に書けますよ。試しにそばにある紙に書いてみましょう。
間違えていた人はこの機会に覚えなおしましょうね。

参考:学研「新レインボー小学漢字辞典」

★これは解けるかな?

 

答えは>>>こちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク