【九星フラワー占い】八白土星の12月は「今年一番のごほうび月!」

今年一年の運気の総決算と言いますか、濃縮版となりそうな12月。

順調だった人は順調に進み、大変だったという人はもう一山越えなければならないかもしれません。

ご自分はどちらだったでしょうか?

今月の占いを読みながら振り返ってみてください。

※八白土星の生まれ年は1965年、1974年、1983年、1992年です。
ただし、1月1日~2月4日、4日生まれの場合は前の年の生れになります。

大切な人との繋がりがガッチリ強まる

今月の八白土星さんには、この1年取り組んできたことの成果がもたらされることでしょう。

何か物事が形になるということもありますが、人脈というか友情関係、家族との繋がりがしっかりと強まり、また、仕事をしている人なら、あなたの力が評価されることでしょう。

もしかしたら、長年付き合っていた相手との結婚が決まるとか、実際に結婚生活をスタートさせる人もいるかもしれません。

目上と年下、そのあいだに立って…

さて、物事が一つ形になるとここで一安心という気持ちになりますが、例えば人との関係が濃密になったり評価が高まった人は、今月、さらに忙しさが増します。

それは当然、周囲からの期待が高まるからで、場合によっては高いポジションの上司、会社経営者、父親や祖父と一旦家族親族のリーダー格の人から依頼が来そうです。

同時に、年下や部下といった人たちからは、何かの教えを乞われて指導しなくてはならないといったこともあるかもしれません。

どちらにしろ、それはあなたの可能性を拓く扉となりますので、是非 とも引き受けてください。

長年の不調からの解放が期待できる

忙しいときこそメリハリは大切なので、年末の休暇になったら、ゆっくりと体と頭を休めるということを心がけてください。

もう1つ、病気や不調などに悩んで来た人は、それらを改善するいい方法や頼りになる主治医と出会えるということも期待できます。

ウォーキングなどの軽い運動をし、明るい気持ちをキープすると、健康運は大きく高まりますよ。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、頼りがいのあるハイスペックな男性との出会いが期待できそうです。

それが調子や父方の親戚の紹介であれば、かなり有望です。

金運ですが、財産相続や何かの権利を譲ってもらえる、そんな話が出るかもしれません。

あるいは大人なのに、ちょっとしたお年玉的な物がもらえたりといったことも起こりうる星回りです。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはベージュとパールカラーです。

パールカラーはもちろんパールそのものを身につけても OK です。

忙しい時こそ必要な心の落ち着きを与え、さらに明るい印象を与えてくれます。

明るさはあらゆる何邪気払いになりますので、お守りのようなカラーの組み合わせとなります。

ラッキーパーソンは親戚や家族です。

団欒を楽しめたらそれだけで運気がアップします。

楽しい会話、明るい会話を心がけてください。

ラッキーフードは牛かつです。

忙しさを乗り切るためのエネルギーチャージにぜひ召し上がってください。

ユリの花が象徴する八白土星の魅力とは

上から目線で鋭い発言が多いかと思えば、甘え上手、独特の存在感を持つ八白土星。長身の美人が多い星でもあります。「威厳」「純粋」という花言葉を持ち、背が高く凛とした姿のユリは、八白土星によく似合っています。八白は「家」をあらわす星。目上からかわいがられ、子供や後輩の面倒をよくみる八白は、組織や家族を1つにまとめる要となる存在です。複数の花をつけ、いくつものりん片が1つにかたまってできている球根、そんなユリの要素も八白的と言えます。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク