このLINEが来たら黒!浮気男が年末年始に送ってくるLINEの特徴

家族と一緒に過ごすことが多い年末年始は、家族と過ごすのを言い訳に浮気相手と時間を過ごす絶好の機会です。その一方で、年に1度しか訪れない特別な期間ゆえに、いつものルーティーンではなくなり、ボロが出ることもあります。LINEの場合に、どのようなボロが生じがちなのでしょうか?

 

①「連絡できないかも」と事前に言い訳

「公私とも忙しくなってもおかしくない年末年始。浮気男にとっては好都合です。電話やLINEに返事を返せないということを前もって言い訳がましく言ってきたら危ないかもしれません。『ちょっと二、三日最後の追い込みがあるから連絡返せないかも』とか『仕事の忘年会が立て込んでて連絡できなかったらごめん』とか。浮気相手と一緒にいる時に電話やLINEはできないので、前もって言い訳しておこうという考えに走ります。まぁ、こんな安易な事をいう彼氏はもっと前にボロが出そうですが……」(31歳/男性)

 

②いつもと違うテンプレLINE

「浮気男は、女性たちに同じ文面を一斉送信してますね。マメなタイプでも、年末年始は一斉にLINEしているため、送る時間が変な時間になっていてたり、普段のキャラと違っていたり(スタンプなどが普段と違う)、LINEの内容が妙に具体的でなかったりするので、鋭い人はピンとくるかと思います。おそらくその勘は正しいと思います。私の元彼も、普段と違うLINEを年末年始に送ってきたんです。やたらとチャラい文面でした。違和感を覚えて調べたら案の定浮気してました」(47歳/女性)

 

③「男と……」アピール

「後ろめたい気持ちがある人は、往々にして気を回しすぎて失敗するものよね。男性がやたらと『今日友達と初詣行ったよ、あ、男だけどね(笑)』とか『男ばっかでクリスマスとか悲しいわ(笑)』みたいにアピールしてきたら要注意かも! 本命彼女ならイベントごとの多いこの時期に一緒にいてくれるはずだから、もしかしたら自分こそ2番手なんじゃないかと疑ったほうがいいかもしれないわね。もしくは、優先しなくてもいいとかバレても怒られないとなめられている可能性も…。心当たりのあるあなたは、一度調査しないといけないですよ」(43歳/女性)

 

④浮気を疑う

「自分が浮気をするタイプの人は、自身の経験に基づいて人は簡単に浮気をするものと思っているため、会えない年末年始に浮気を疑うことがあります。『本当に家族といるの?』『家族といる写真欲しいな』などやたら詮索するものの、当の自分は何も送ってこない……ということもあります。年末年始は彼女と過ごしたいタイプの男性なら、恋人と一緒にいるのを最優先にする価値観なので浮気を疑うこともあるかもしれませんが、初めから年末年始に一緒に過ごす話題がない中で疑われているなら注意です」(44歳/女性)

 

いつもと違う行動パターンや彼から想像できない反応が見られるなら要注意。カマをかけると、何か出てくるかもしれません……。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク