2017年は「大〇〇還」から150年。〇〇に当てはまる文字は?

〇〇に当てはまる文字、わかりますか? 2017年の150年前というと1867年です。江戸時代末期にあたりますね。

答えは「大政奉還」です。1867年(慶応3年)に、江戸幕府第15代将軍の徳川慶喜が明治天皇に政権を返上。江戸幕府の終焉を象徴する歴史的な事件でした。

2017年はこの大政奉還から150年、そして翌2018年は明治維新の開始から150年になります。歴史的に大きな動きがあった記念すべき時代だったのです。【PR】

 

歴史が動いて150年の記念イヤー!

 

 

そんなメモリアルイヤーにふさわしいイベントが始まります。2017年3月4日(土)「志国高知 幕末維新博」の開幕です!

大政奉還から明治維新において大きな存在感を発揮したのが、土佐藩=高知県。坂本龍馬をはじめ、 岩崎弥太郎や中岡慎太郎ら、その時代を駆け抜けた志士たちを育んだ場所です。その高知県で開催されるのが「志国高知 幕末維新博」。

高知県内20カ所にわたり、“本物”の歴史の魅力を体 感できる観光博覧会で、2017年3月4日を皮切りに、2年間にわたり開催されます。

 

高知県立高知城歴史博物館もオープン!


博覧会のメイン会場は、まさに同じ日にオープンする注目の新スポット「高知県立高知城歴史博物館」。

幕末維新関連の資料や土佐藩主・山内家に伝えられた美術品など約67,000点を収蔵するほか、昨年新たに発見され、今年1月に発表された坂本龍馬の書簡の真筆を全国初公開します。そのほか県内20の地域会場でも貴重 な歴史資料を展示。食や自然、地域の「おもてなし」も同時に体感できます。

詳しくは「志国高知 幕末維新博」公式サイトをチェック! http://bakumatsu-ishinhaku.com/

 

 

そして高知だけではありません! なんと首都圏でも「志国高知 幕末維新博」を感じられるイベントが!

 

 

 

はとバスで、幕末維新ゆかりの地を巡る!

さらに、3 月 20 日(祝・月)・28 日(火)・30 日(木)には、はとバスで行く!「祝・大政奉還150周年!幕末維新ゆかりの地を巡るバスツアー」(旅行企画・実施:株式会社はとバス)が行われます。

幕末の英雄・坂本龍馬を生んだ土佐にゆかりのあ る東京都内のスポットを巡るコースを、真打の講釈師・一龍齋 貞心が案内するはとバスツアー。食事はもちろん、龍馬誕生の地の名物・土佐料理です!

詳しくは、株式会社はとバス https://www.hatobus.co.jp/dom/feature/web/

 

2017年からの「時代を切り開く女性たち」へ

大政奉還から明治維新という、時代を動かしてきた志士たちの原点である「志国高知」。そして現在、政府が掲げるのは「女性が輝く社会」「働き方改革」。あれから150年の今、時代を動かすのは女性です!

ということで、自分らしく生きる自立した女性のための『OTONA SALONE』は、高知県そして幕末維新博に注目。都内で楽しめる幕末維新スポットはもちろん、高知への旅も紹介していきます。

 

各メディアが高知&幕末維新に注目

また、志国高知に注目しているのはOTONA SALONEだけにとどまりません。

50 代からの旅と暮らし発見マガジン『ノジュール』4 月号(JTB パブリッシング) ではいち早く新オープンの「高知県立高知城歴史博物館」など 最新情報をお届け。

 

 

旬な男子の“今”をお届けするビジュアル誌『SODA』5 月号(3月23日発売・ぴあ)では、高知県観光特使でもある、俳優・和田正人さんのインタビュー記事を掲載。

 

異なるターゲットである3メディアがいま注目しているスポットが「高知」なのです!

このように、3 社が連携して「志国高知 幕末維新博」をはじめとした地域の プロモーションをさまざまな角度から積極的に展開していく予定。今後も続々情報発信していきますので、お見逃しなく!!

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

なにげヘルシー! 「サッポロ一番塩」包丁いらないズボラレシピ4つ

みなさん、袋めんは何がいちばんお好きですか?最近、カップ焼きそばは地域ごとに売れ筋がまったく違うことが知られるようになりました。北海道はやきそば弁当、東日本はペ…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

伝説の漢方パックが台湾にある!「玉容散」を求めて生元薬行へ 

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

牡蠣を食べる人なら知っておきたいたった1つのこと

突然ですが、大手町ってご利用になりますか?世界に名だたるビジネス街・大手町の、サンケイプラザ前に突然白いテントが登場。何だこれはと思ったら……牡蠣小屋!4月7日まで…

白髪とツヤ、ボリュームのお助け!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ヘアケア編】

40代になって髪のエイジングケアがとても大事なことを痛感しています。正直30代までは髪の悩みがほとんどなかったんですけど……。驚いたことに、40代になってツヤ、白髪、ボリューム、手触りなどに悩むようになりまし…

シミそばかすを隠してツヤがほしい! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

こりゃダメでしょ! 婚活女子がやってはいけない「ざんねんな婚活」3つのこと

前代未聞の婚活本がついに発売されました。『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』。2年間、婚活をやったうえでの残念な婚活エピソードが紹介されています。その著者、リアルに婚活をやっている婚活コラムニストの…

#123 ギュッと手を触れられて…。2回目デートに起こったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はすでに9年を超えている恋愛ご無沙汰女子。40代にして婚活を始めたが、実りのないまま2年が経過した。以前、仕事で名刺交換をしたことがある(と…

ほうれい線と唇の縦ジワによかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

ここ1年、ふとしたときに撮られた自分の写真や動画で話す自分を見て、めちゃめちゃ気になるようになったのがシワです(苦笑)。年を重ねるうえで仕方ないことだと受け入れていますが、できるケアはやろうかな、と。…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事