花粉症の改善にドクターが推薦。「れにんぼうスープ」って何?

ツライ花粉症の季節………。花粉症の方は、様々な対策を練っておられることと思います。

せっかくなら、症状改善だけでなく、体質ごと改善したいと思いませんか?

体質・症状改善に効果的な「れにんぼうスープ」を、水嶋クリニック・水嶋丈雄院長監修『花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵』からご紹介します。

……「れにんぼうスープ」って何??

 

れにんぼうスープは万能スープ!?

「れにんぼうスープ」とは、れんこん、にんじん、ごぼうの3つの根菜を煮出してる作るスープのこと。

アレルギー抑制作用が豊富なれんこんを、栄養価の高いにんじんやごぼうと一緒にとることができる万能スープです。

それぞれの根菜の効能について説明しましょう。

 

■れんこん

アレルギー症状を引き起こすIgE抗体の産生を抑える効果があります。そして、アレルギー疾患を引き起こす悪玉の活性酸素の発生を抑えるポリフェノールやビタミンCが豊富。

また、消炎・止血作用のあるタンニン、粘膜を保護するムチン、腸内の掃除役を果たす食物繊維も豊富。

 

■にんじん

がんや動脈硬化などの生活習慣病の予防や、肌荒れ眼精疲労の予防にも効果を発揮するβ-カロテンが豊富に含まれています。

そのほか、ビタミンB群・C・E、カルシウム、カリウム、ヨード、リンなどのビタミン・ミネラル群も豊富で、栄養価の高い緑黄色野菜の優等生です。

 

■ごぼう

野菜の中でも食物繊維の含有量はトップクラスで、100g中5.7gも含まれています。しかも水溶性と不溶性の食物繊維も含まれ、それらの食物繊維には便の量を増やし、腸を刺激して排便をスムーズにする働きがあります。

水溶性では利尿作用のあるイヌリン、不溶性では抗菌作用のあるリグニンが代表格。リグニンは、ごぼうの切り口に多く出てくる性質があるので、ごぼうを切るときは、表面積が多くなる”ささがき”が最適です。

 

れにんぼうスープの作り方

<材料>(1杯分)

れんこん 1/4節(約50g)

にんじん 1/5本(約30g)

ごぼう 1/4本(約25g)

だし汁 200ml

塩 小さじ1/4

 

<作り方>

① れんこんとにんじんは、それぞれ縦半分に切り、3mm厚さの薄切りにする。

 

② ごぼうは、ささがきにする。

 

③ 鍋にだし汁、塩、①、②を入れて、火にかける。

 

④ 煮立ったらアクをとり除き、蓋をして弱火で7~8分煮て、火から下ろす。

 

⑤ そのまま5~10分おいたらできあがり!

冷蔵庫で2~3日保存できます。

 

食べて飲んで不調を解消する健康食レシピが満載!

今回ご紹介したれにんぼうスープは『花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵』に掲載されています。

他にも花粉症に効く特効食材でつくる料理やおつまみの簡単レシピ、体操やツボなどをたくさん紹介しています。

毎日無理せず花粉症を治したい!という方にオススメの一冊です。

花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵/水嶋丈雄 (監修) 主婦の友社 1,300円+税

アマゾンはこちら

hontoはこちら

楽天はこちら

 

スポンサーリンク

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

花粉症のかゆみに眼精疲労……疲れ目を即効でケアする、あの手この手!

春の足音とともに、花粉症の足音もやってきましたね……。というわけで今回は、花粉症による目の症状の対策と、パソコンワークなどの疲れ目(眼精疲労)を楽にするためのさま…

その不調、低体温のせい?昼間が36℃未満の人は注意!

生理不順が気にならなくなるアラフォーは、あんまり体温をはからなくなりがち。でも、どうも不調が続く……という人、もしかして以前より体温が低くなっていませんか?  今…

睡眠不足は花粉症の敵!「短時間でもしっかり眠れる」コツ3つ

通勤電車で、昼休みのデスクで、ついウトウトしてしまうこと、ありませんか?睡眠不足は忙しい大人の宿命のようなもの。しかし、実は、睡眠不足こそが、私たちの体の免疫バ…

冷えは「花粉症の敵」だった!医師が薦めるカンタン解消のコツ

「冷えは万病のもと」といい、体が冷えるのは、よくないこととされています。実は、この"万病"の中に、花粉症も含まれているんです。花粉症が悪化する原因にも体の冷えが関…

花粉症でも飲みたい! アレルギー改善におすすめのアルコール2選

「アルコールは花粉症の症状を悪化させる。」花粉症の時期になると、お酒を控える・・・という方も多いのではないでしょうか?お酒は好きだが花粉症はツライ・・・という貴…

腸は花粉症対策の肝心かなめ!4つの食品で花粉に打ち勝て!

今や、日本人の3~5人に1人が患う国民病となった花粉症。マスクや薬など、症状を和らげるための対策は数多くありますが、体質を改善するには、腸内環境を整える必要があ…

100均で見つけた!ダイエット中におすすめのヘルシーおやつ4つ

ダイエット中におやつが食べたい。そんなとき、コンビニで売っているヘルシーおやつを買いに行く人が多いと思いますが、ヘルシーおやつをコンビニで頻繁に買っていると意外…

くしゃみが止まらない!「花粉症・アレルギー症状」を和らげる3つの食材

まだまだ寒い日がつづきますが、たまに暖かい1日が訪れることもある冬の終わりです。こんな時期は、大事な会議中や電話しているときに、出だしたせきが止まらない!というこ…

【花粉症】目のかゆみ・鼻づまりスッキリ。医師おすすめ「○○焚き」とは?

春が近づき暖かくなるにつれ、花粉症の症状に悩まされる方も増えてきているのではないでしょうか。花粉症による目や鼻のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどに悩まされる…

男性への1000円台からの「ちょっとしたプレゼント」喜ばれる4アイテム

場面や相手を思って選ぶギフトは、特にその人のセンスが問われるもの。ここでは、予算別やプレゼントを贈る相手別にポイントを押さえたかしこいおすすめギフトを提案します。あなたもぜひ参考にして。【オトナの手土…

なんと風俗で月収100万円、でも税金を払っていないオンナの末路とは|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「税金記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(11月11日…

【ストレスケア】心が疲れたら、この方法を試してみて!寒い時期のストレス解消法5つ

あなたがストレスを感じるのはどんなときでしょうか。仕事が忙しすぎたり、ミスをして自分を責めてしまったり、悲しいことに直面したり…。そんなとき、他のみんなはどんな方法でストレスを解消しているのでしょう?…

【脱オバサン1つ結び】40代女性に人気の「痛くない」ヘアアレンジって?

髪をアップスタイルにしてビシッと決めている人や写真を見て「素敵だな」と思えども、自分ではなかなかうまくいかない……とはいえ職場に行く前に美容院でセットしてもらうというのは非現実的ですし、自分で簡単に仕上…

【着やせ】冬ラストまで着回せるアイテムは?スッキリ見せる4つのルール

朝晩が冷え込むようになり、いよいよ秋本番ですね。慌てて秋服を引っ張り出している人も多いのでは?この秋冬のトレンドは何といっても、おしゃれ初心者でも簡単にレイヤーコーデを楽しめる「ドッキング」と、「異素…

【肩こり】素早く、ラクに痛みを解消するには?自分ストレッチで治す3つの方法

40代働く女性のいちばんの悩みは「肩こり」。その日の辛い症状はその日のうちにスッキリさせたいものですね。オトナサローネではこれまで様々な肩こり解消法を紹介してきましたが、その中でも特に人気の肩こり解消法…

なんとなく不安な「老後のお金」チェックテスト あなたはいくつ当てはまる?

「老後資金に2000万円」という言葉が話題となった、今年の夏。金融庁が公表したレポート・高齢社会における資産形成・管理の内容が各メディアで大きく取り上げられました。このニュースで、老後までに2000万円を貯め…

[PR]

【40代のシワ】ほうれい線、たるみ、顔のシワはどうケアする?人気記事ランキング

40代ともなると、化粧品ではカバーしきれないたるみやシワが出てきます。それらが全くないほうが不自然とはいえ、全て消し去ってしまいたいと思う瞬間もあるのではないでしょうか。今回はシワの原因となる顔のコリを…

【白髪】みんなどうしてる?「白髪カバーアレンジ」から「白髪染め」まで人気記事ランキング

生え際や頭頂部にピヨピヨ生えてくる白髪。まだ白髪染めをする段階でもないだろうと思いつつ、せっせと抜いている人も多いのでは。最近はグレイヘアの流行など、白髪を受け入れる風潮もあるとはいえ、やはり気になる…

「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み方記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事