【九星気学】七赤金星の3月は「自ら別れを決心する」九星フラワー占い

風を意味する星が、世の中の雰囲気を軽くさわやかにしてくれる、春らしい春になりそうな今月。

ただし、新しい世界へと誘う扉を開くための試練や困難がありそう。

その乗り越え方を考えていきます。

※七赤金星の生まれ年は1957年、1966年、1975年、1984年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

★全体の運気はこちら

【2021年3月5日~4月3日の運勢】

春の嵐そのものの運気

3月に入って数日は、強風が吹いたり雨が降ったり、いわゆる春の嵐でした。

嵐といっても、新しい季節を運んでいるのだ、そんな予感がすると、不思議と恐れや不安感が軽減し、高揚感すら感じることもあります。

今月に入って七赤金星のみなさんは、理由がわからない高揚感や気力の充実を感じているのではないでしょうか。

それは、ちょうどこの3月の運気が、春の嵐のような雰囲気を持っているからかもしれません。

 

受け身ではなく、自分から手放す決断をする

この3月は、いくつかの変化あるいは別れを経験するかもしれない、七赤金星はそんな星の巡り合わせになっています。

けれどもそれは、どちらかというと受身ではなく、七赤金星から決めていくように思われます。

ただし問題なのは、自分一人のことではないので、周囲としっかり話し合い頼れるところは頼るということが重要です。

改革のために新しいことを始めるということが、今月の運気にとても向いていて、例えば習い事や何かの勉強を始めれば、それはとてもスムーズに進むことでしょう。

 

仕事運は…変化の波がここにもやってくる

変化の波、あるいは離別や手放すということは、仕事の場で起こる可能性が高いです。

辛いことやストレスがたまることも多そうですが、ここで新旧の入れ替えをしておくと、この先の運気上昇にも繋がります。

ですから、恐れないで前を見てほしいと思います。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、今月は女性的な魅力が高まり異性の注目を集めそうです。

せっかくモテる時期ですから、おしゃれには気をつけたいもの。

華やかに女らしく装ってくださいね。

とくにずっとパートナーを探していた人には、うれしいチャンスがありそうです。

金運ですが、貯蓄運があるのですが、今月は新しい服やメイクにはお金を使ってください。

先にお話ししたように恋愛運が高い時期ですし、仕事の場でも人前で話をすることになったりしそうなので、その際に役立つはずです。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはパープルとブラウンです。

驚くような状況の中でも、冷静さをキープする力を与えてくれます。

とくにアイメイクに利用すると判断力が高まります。

ラッキーパーソンは研究職の女性または、いつも意見をはっきり言う女性です。

迷っている時に相談すると適切なアドバイスをくれるでしょう。

近くにいなければ、テレビでもユーチューブでも、そういった女性がいますので、画面越しからでもエネルギーをもらってください。

ラッキーフードはビーフシチューです。

プレッシャーに打ち勝つスタミナを与えてくれます。

 

コスモスの花が象徴する七赤金星の魅力とは

七赤金星の女性は、少女のように可憐で楽しいことに目がない人が多いです。「乙女の真心」という花言葉を持つコスモスは、にぎやかに群生していますが、ひと花だけに注目すると可憐で、どこか頼りなげ。その姿は七赤の女性に似ているような気がします。「アラフォーなんだから、しっかりしなくちゃ」、こう思ったら七赤の魅力は半減。好奇心のままに楽しいことを探し、その楽しさを人にもおすそわけする、そんな七赤を人は好きになるのです。

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク