「東日本大震災」から6年、防災対策していますか?

 

2011年3月11日の「東日本大震災」から6年がたちました。津波と原発問題によって未曾有の大災害が起こり、震源地ではなかった首都圏も帰宅難民、放射能問題、液状化現象などの大きな被害に見舞われた方も多かったのではないでしょうか。

 

実はまた震度5以上の地震が増えています

いま日本列島は地震の活動期に入ったと言われ、震度5以上の地震の回数が増えています。2011年3月11日以降の震度5以上の回数は59回、2012年が16回、2013年が12回、2014年が9回、2015年が9回、2016年は29回(うち九州が21回)を数えます。「東日本大震災」前の2010年が5回、2009年が2回ですので、どれだけ増えているのかがおわかりいただけると思います。

 

とりわけ昨年の4月は熊本を震度7と震度6の地震が合わせて4回も襲い、6月には北海道の内浦湾、10月には鳥取中部、年末の12月28日には茨城県北部で震度6の地震がありました。今年も2月に震度5が福島県沖を震源地として起こっています。

 

研究者にも「想定外」の天災だからこそ、「生き抜く」ためのそなえが必要

 

最近の日本では地震だけでなく、大雨や竜巻、大雪などで避難生活を余儀なくされる機会も増えてきています。大きな災害が起こるたびに、研究者が口にするのは「想定外」という言葉であり、被害にあわれた方々の「何十年生きてきてこんなことは初めて」という言葉です。たとえ「想定」できなくても、自分で自分や家族の身を守る準備が不可欠になってきているということではないでしょうか。

 

2011年から6年もたつと、あのときの記憶とともに防災に対する意識が薄れてきている人も多いかもしれませんが、首都直下型地震も南海トラフ地震も、これから数十年以内に起こる確率が高いと発表されています。そのXデーは今日かもしれないし、明日かもしれない。だからこそ、防災グッズを準備し、それが使えるものかどうかをチェックしておかないとその時に備えることが出来ません。

 

毎年3月11日を防災グッズの準備と点検にあててみては?


 

毎年やってくる3月11日、この日は自分があのときに感じた不便さをもう一度思い出して、防災グッズを準備したり、中身を確認する日にしてはいかがでしょうか。

 

飲料水や非常食の賞味期限の確認はもちろんですが、乾電池にも「使用推奨期限」があります。期限を過ぎたらすぐに使えなくなるわけではないものの、電池性能の劣化や液漏れの原因になりますので、期限の確認をして入れ替え作業をしておく必要があります。

 

女性ならではのグッズの準備も是非。たとえば生理用品。さらにショーツとブラジャー。着の身着のまま避難してきたので、替えの下着がなくて困った方が多く、ブラジャーに関してはショーツよりもサイズの合う合わない問題があり、避難所で不便を感じたことの上位にあげられています。カップつきキャミも便利ですね。

 

命を守る情報収集には蓄電できる防災グッズ

 

防災グッズの中に加えておきたいのが、スマホの充電ができて、AMとFMのラジオが聞けて、ライトになって、サイレンもなるというグッズです。自分のみを守るための情報収集、一緒にいられない家族や仲間との連絡など、スマホの果たす役割は大きいですが、充電できていなかったら活用できません。さらにラジオも役立ちます。わずか120gと計量なので、日常的に持ち運びのしやすい点もおすすめです。

 

1台7役 蓄電できる 防災レスキューそなえ君SUPER』主婦の友社編 主婦の友社刊 2,980円+税

 

3連LEDライト、AMラジオ、FMワイドバンドラジオ、充電(iPhone5・6・7、Android,FOMA充電可能)、USB蓄電、手回し充電、70dBサイレンの7つの機能をそなえ、本体が暗闇でも蓄光して光ります。幅52mm☓奥行125mm☓高さ42mm

アマゾンはこちら

スポンサーリンク

【肩こり】素早く、ラクに痛みを解消するには?自分ストレッチで治す3つの方法

40代働く女性のいちばんの悩みは「肩こり」。その日の辛い症状はその日のうちにスッキリさせたいものですね。オトナサローネではこれまで様々な肩こり解消法を紹介してきましたが、その中でも特に人気の肩こり解消法…

なんとなく不安な「老後のお金」チェックテスト あなたはいくつ当てはまる?

「老後資金に2000万円」という言葉が話題となった、今年の夏。金融庁が公表したレポート・高齢社会における資産形成・管理の内容が各メディアで大きく取り上げられました。このニュースで、老後までに2000万円を貯め…

[PR]

【40代のシワ】ほうれい線、たるみ、顔のシワはどうケアする?人気記事ランキング

40代ともなると、化粧品ではカバーしきれないたるみやシワが出てきます。それらが全くないほうが不自然とはいえ、全て消し去ってしまいたいと思う瞬間もあるのではないでしょうか。今回はシワの原因となる顔のコリを…

【白髪】みんなどうしてる?「白髪カバーアレンジ」から「白髪染め」まで人気記事ランキング

生え際や頭頂部にピヨピヨ生えてくる白髪。まだ白髪染めをする段階でもないだろうと思いつつ、せっせと抜いている人も多いのでは。最近はグレイヘアの流行など、白髪を受け入れる風潮もあるとはいえ、やはり気になる…

「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み方記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(…

【40代のお金】年金ってもらえるの?貯金はいくら必要?独女のお金知識ランキング5

アラフォーになると、チラチラ頭をよぎるのが老後のこと。なんとなく年金には加入しているけれど、実際の受給額はいくらになるのか、そしてそれは楽しい老年期を過ごすのに十分な額なのか、いまいち分からないという…

【冬の着やせ】いつものコーデを2kg細く見せるには?人気記事ランキング

食事改善や運動で痩せるのが最終目標と分かってはいるけれど、必要なのは「今日スラッと見えること!」。今回は、40代の女性が着るだけで痩せて見えるファッション記事の中から、読まれているランキング上位の、みん…

【肩甲骨はがし】肩と背中に効果バツグン!「効く」ベスト5は?

整体に行けば一時的に楽になるものの、次の日にはもう痛む首・肩・背中。それなら自分でケアしたほうが毎日良い状態を維持できそう……と思っている人も多いのでは。家でじっくり行う「寝たままはがし」や、オフィスで…

【1000万】お金が「どんどん貯まる人」の特徴って?人気の記事5選

特別な収入源があるわけでも、財布の紐を固結びにするほど暮らしを切り詰めているわけでもない。それでもお金に困っていない人と、ワタシたちとの違いは何なのでしょう? ここでは、お金がどんどん溜まる人が普段か…

1000円以下でもこんなにおしゃれ!2000円までの手土産9選

場面や相手を思って選ぶギフトは、特にその人のセンスが問われるもの。ここでは、予算別やプレゼントを贈る相手別にポイントを押さえたかしこいおすすめギフトを提案します。あなたもぜひ参考にして。【オトナの手土…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事