「東日本大震災」から6年、防災対策していますか?

 

2011年3月11日の「東日本大震災」から6年がたちました。津波と原発問題によって未曾有の大災害が起こり、震源地ではなかった首都圏も帰宅難民、放射能問題、液状化現象などの大きな被害に見舞われた方も多かったのではないでしょうか。

 

実はまた震度5以上の地震が増えています

いま日本列島は地震の活動期に入ったと言われ、震度5以上の地震の回数が増えています。2011年3月11日以降の震度5以上の回数は59回、2012年が16回、2013年が12回、2014年が9回、2015年が9回、2016年は29回(うち九州が21回)を数えます。「東日本大震災」前の2010年が5回、2009年が2回ですので、どれだけ増えているのかがおわかりいただけると思います。

 

とりわけ昨年の4月は熊本を震度7と震度6の地震が合わせて4回も襲い、6月には北海道の内浦湾、10月には鳥取中部、年末の12月28日には茨城県北部で震度6の地震がありました。今年も2月に震度5が福島県沖を震源地として起こっています。

 

研究者にも「想定外」の天災だからこそ、「生き抜く」ためのそなえが必要

 

最近の日本では地震だけでなく、大雨や竜巻、大雪などで避難生活を余儀なくされる機会も増えてきています。大きな災害が起こるたびに、研究者が口にするのは「想定外」という言葉であり、被害にあわれた方々の「何十年生きてきてこんなことは初めて」という言葉です。たとえ「想定」できなくても、自分で自分や家族の身を守る準備が不可欠になってきているということではないでしょうか。

 

2011年から6年もたつと、あのときの記憶とともに防災に対する意識が薄れてきている人も多いかもしれませんが、首都直下型地震も南海トラフ地震も、これから数十年以内に起こる確率が高いと発表されています。そのXデーは今日かもしれないし、明日かもしれない。だからこそ、防災グッズを準備し、それが使えるものかどうかをチェックしておかないとその時に備えることが出来ません。

 

毎年3月11日を防災グッズの準備と点検にあててみては?


 

毎年やってくる3月11日、この日は自分があのときに感じた不便さをもう一度思い出して、防災グッズを準備したり、中身を確認する日にしてはいかがでしょうか。

 

飲料水や非常食の賞味期限の確認はもちろんですが、乾電池にも「使用推奨期限」があります。期限を過ぎたらすぐに使えなくなるわけではないものの、電池性能の劣化や液漏れの原因になりますので、期限の確認をして入れ替え作業をしておく必要があります。

 

女性ならではのグッズの準備も是非。たとえば生理用品。さらにショーツとブラジャー。着の身着のまま避難してきたので、替えの下着がなくて困った方が多く、ブラジャーに関してはショーツよりもサイズの合う合わない問題があり、避難所で不便を感じたことの上位にあげられています。カップつきキャミも便利ですね。

 

命を守る情報収集には蓄電できる防災グッズ

 

防災グッズの中に加えておきたいのが、スマホの充電ができて、AMとFMのラジオが聞けて、ライトになって、サイレンもなるというグッズです。自分のみを守るための情報収集、一緒にいられない家族や仲間との連絡など、スマホの果たす役割は大きいですが、充電できていなかったら活用できません。さらにラジオも役立ちます。わずか120gと計量なので、日常的に持ち運びのしやすい点もおすすめです。

 

1台7役 蓄電できる 防災レスキューそなえ君SUPER』主婦の友社編 主婦の友社刊 2,980円+税

 

3連LEDライト、AMラジオ、FMワイドバンドラジオ、充電(iPhone5・6・7、Android,FOMA充電可能)、USB蓄電、手回し充電、70dBサイレンの7つの機能をそなえ、本体が暗闇でも蓄光して光ります。幅52mm☓奥行125mm☓高さ42mm

アマゾンはこちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

たるみが気になる40代、毎日のスキンケアは何を使う?【オトナサローネ2018ベストコスメ・スキンケア編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ編集部賞・デイリースキンケア編…

知ってる? 湯の町・別府発の「温泉水」フェイスマスクがすごいんです!

世界でも有数の温泉地である大分・別府から生まれたフェイスマスク、サラヴィオ化粧品の「RG92 エスペシャリー」。温泉水に含まれる成分が大人女子の肌をよみがえらせてくれます。週末のケアにぜひ取り入れてみて!…

コレすごい! 毛穴やシミをカバーする美人必携「タイムシークレット」4つのテク

今、口コミを中心に話題になっているプチプラコスメ・タイムシークレット。シミや毛穴をカバーしてくれる! トレンドのツヤ顔になる! と大人女子の間でも大人気。ここでは、タイムシークレットで美肌になる方法を…

【オトナの手土産】ビジネスにも友人にもよろこばれる。老舗&名店の頼れる4品

手土産を渡すシーンが多くなるシーズンです。大切なビジネスの相手にも、いつもお世話になっているプライベートの友人にも。「これさえ選んでおけばまちがいない」と、安心させてくれる老舗&名店のとっておきの品を…

【大人のギフト】自分もほしい!「いつまでもキレイで」を伝えるビューティの贈り物

ギフトに何を渡しましょうか。大人になると、ちょっと気の効いた美容アイテムは自分自身がもらってもうれしくありませんか? いま、注目の大人のギフトはヘアケアです。見た目の印象を大きく左右する髪。そんな髪も…

ヘアメイク伊東さんの「ツヤ肌づくり」アイテムは?【オトナサローネ2018ベストコスメ】

こんにちは、ヘアメイクの伊東宏泰です。オトナサローネ2018ベストコスメでは「伊東セレクト」を担当します。ぼくは普段、雑誌の美容記事のほか、テレビや映画の俳優さん、舞台の役者さんのヘアメイクも担当させてい…

「次世代型コラーゲン」シャンプーで脱・オバサン髪!美アレンジのコツは?【イベントレポ】

髪悩みの尽きない40代。オトナサローネのアンケートにも、白髪だけでなく、うねり、くせ、薄毛、そして似合うアレンジがわからないなど、様々な悩みが寄せられます。そんな40代の声にこたえて、オトナサローネ編集長…

[PR]

オバサン見え、パサつき、たるみ…「悩み別」40代にぴったりの簡単ヘアアレンジ3

こんにちは、OTONA SALONE編集部です!自分でヘアアレンジをしてみると「なんか違う……」という経験ないですか?今回は、40代ならではの悩みに特化したヘアアレンジを4つご紹介していきます。40代だからこそ知ってお…

【イベント開催】ヘアメイク長井かおりさん「オトナのエイジング髪レッスン」

40代からの働く女性を応援するOTONA SALONE。リアルな悩みや迷いに真摯に答えるハウツー記事にファン急増中ですが、中でも人気が高いのが、日ごろ友人とはあまり話題にする機会もない「エイジング髪のケア」について…

ランチ後の歯磨き、実際どのくらい口臭おさえてるの?測定してわかったことは

会話のシーンなどで、他人の口臭が気になり「もしかして自分も匂っているのでは……?」と心配になったことがあるという方は多いのではないでしょうか? しかし、自分の口臭はなかなか自分では気づきにくいですよね………

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事