女の敵は女?元クラブママ直伝「職場の嫌な女の対処法」

女性の活躍が目覚ましい昨今、問題視されているのが、「女性同士の付き合い」です。元CAと元クラブママ、女社会を渡り歩いた私も、凄まじいトラブルメーカーに出会ってきました。今回は「クラブ編」。上手な対処法を考えていきましょう。

 

 もっとも嫌われるのは「口が軽い女」

水商売における「嫌われる女」の代表はこの2つ。
・口が軽い

・噂好き・悪口魔

 

クラブを訪れるお客さまの中には、著名な方、会社の代表、日常を忘れてくつろぎたい方が大勢います。お客さまとの会話の内容を周囲に漏らすホステスは、もっともタチの悪い人種といえるでしょう。この手のタイプが悪質なのは「他人の知らない情報を提供することにより、本人が優越感に浸っている」ということです。

 

内緒話でも打ち明けようものなら、「うん、誰にも言わないから」と言いつつ、翌日には「これ、実はヒミツなんだけど」と口外されるのがオチです。

 

意図的に秘密を広める人もいますが、女性は往々にして「その場のノリで、うっかり話してしまう」ことが少なくありません。本人に悪意がない場合も多いのです。なぜなら、女性にとって情報を共有することは、仲間意識の表れだからです。相談事をするなら、「いいアドバイスをくれる人」よりも「口の堅い人」を選びましょう。

 

対処法は、

①重要事項は言わない(例え七割は話しても、核心の三割は伏せておく)。

②バラされたことを攻撃しない。

③漏らされてしまった場合、軽い口調で訊いてみる。

 

③に関しては、確認の意味もこめて「もしかして、あの件、Aさんに話しちゃった?」と、軽く訊いてみるのです。ここでのポイントは「決して深刻にならない」こと。相手が「ごめん、実は……」と切りだしてくれたら、「私も、ちゃんと『秘密』って言わなくて、ごめんね」と告げ、今後は一切の重要事項を封じましょう。人の資質はなかなか変わりません。こちら側が対応を改めるのが賢明です。

 

 二番目の嫌われ女は「噂好き・悪口魔」

 

「口が軽い」にも通じることですが、酔いが回るにつれ、他人の秘密を暴露し、他者をこきおろす「悪口魔」も嫌われる女の代表格です。個人を酷評することで、自分がさも偉い立場になった気になるのですから、聞かされるほうは疲弊するばかり。気づかって「うん、うん」とうなずくと、「私の意見に賛同してくれた」と思いこみ、周囲に触れ回るのですから始末におえません。

 

ただ、この手の人種も「口が軽い」同様、本人に悪気はないのがほとんどです。日々の不満が酒の力を借りて爆発するのです。本人自身も決して幸せではありません。だから他人を酷評することで、自分を救い、慰めているのです。

 

対処法は

①まず、これらのタイプは、普段から何かに傷つき、幸せではない環境下にあることを理解してあげる。

②巻きこまれないためにも、適度な距離を置く(仕事上、最低限のコミュニケーションは取りましょう)。

③悪口に賛同しない。何か答えなければならない時は「みんな、色々あるのよね」と、対象をぼかす。

④話がヒートアップしたら、天然ボケでかわす。

 

④に関しては、例えば、相手のトーク中「あっ!」とひとこと。相手が「どうしたの?」と訊いてきたら、「やだ、洗濯物、干しっぱなしで来ちゃった」とか「そういえば、チワワを飼い始めたの」、もしくは「今気づいたんだけど、あなたのネイル可愛い!」などと、とんちんかんなことを言いうのです。唐突な物言いに、相手はおそらく冷静さを取り戻すはず。「天然ボケ」を装うのも一つの手です。

 

「嫌な女」「トラブルメーカー」はどの世界にもいるものです。敵意を向けず、巻きこまれないことを念頭に、ユーモアとゆとりを持って対処したいですね。

スポンサーリンク

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソ…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

40代にもなってまだ「ぶっちゃけ」って言ってるの?職場で使うとイタい言葉

「私の職場に、綺麗でスタイルもよくて、しかも仕事もできる女性の上司がいるんです。でも、言葉がとにかくイタい。この人、黙っていた方がイメージダウンにならなくていい…

人間関係の距離をぐっと縮める「お礼」3つのタイミング

日々いろいろな人に出会っているのに、なかなか上手にご縁を深めることができない人。様々な人のお世話になっているのに、うまく感謝の気持ち伝えられない人。あなたは人間…

【岩井志麻子】40代から「やめたほうがいい」人間関係とは?

仕事で、服役経験者や刑務所への取材をしたことが何度かある。そこで当事者達だけでなく、刑務官や弁護士といった関係者も口をそろえたのは、「やっぱり何がつらいって、人…

2019年に「増やすこと・減らすこと」。平成最後の元旦に考える

新年あけましておめでとうございます。“40代女性の一番リアルなメディア”をかかげる「OTONA SALONE」編集長の浅見です。本年もオトナ女性の「リアル」を追求してまいります…

こういう人が狙われる。「利用されやすい人」を住職が伝授

愛着は、やましさを産み、人を滅ぼす。会社を舞台にしても、私生活を舞台にしても、利用されやすい人ってやはりいるようです。またまた、とても参考になる佐藤優氏の「交渉…

元NHKアナウンサーが教える、プレゼンが劇的に上手になる「3つの話し方」

OTONA SALONE編集長の浅見が今、気になる人物をお招きしてトークを繰り広げる対談企画。ちまたでは“エツコの部屋”(注:浅見の下の名前は悦子)といわれているとかいないと…

「仕事で自腹を切る」ことが悪であるこれだけの理由

若き日に会社に尽くして、地位を上り詰めた人は、危ない、という話があります。会社に入社し、自分の時間も会社に捧げて、時には自腹を切ってでも成績を上げようと必死に働…

多忙な「一流の仕事人」が、仕事で最も大切にしていること

仕事をするうえで最も大切なことはなんだろう。行動力、コミュニケーション能力、つねに向上心を持つこと……。もちろんそれらも重要なことだと思う。しかしそれ以上に重要な…

モテる女性はやっている!【LINE】で男心をつかむテク3選

今やコミュニケーションに欠かせなったLINEは、ビジネスやプライベートと様々な場面で活用されています。だからこそ、相手に好印象を持ってもらえるLINEを送りたいもの。実際、モテる女性はどのような部分に…

【男の本音】結婚の決め手は何だった?「男が逃したくない女性」4つの特徴

男女ともに既婚率が低下している昨今。しかし、幸福の一つの選択肢として「結婚」が揺るぎないのも事実です。では、男性たちの結婚の決め手となったものは何でしょう?CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者が男性陣…

クラブママ伝授!ホステスに学ぶ「元カレと復縁」する4つの方法

出会いと別れは紙一重。どれほど甘い恋愛期間を過ごしていても、ある日突然、別れがやって来るかもしれないのです。「どうしても元カレと復縁したい」と熱望するあなた、高級クラブのホステスたちの思考や接し方がと…

「彼女、美人だよね」と言われる人のごく当たり前の10の習慣

50歳を過ぎても、ナチュラルな色香を放ち、男性が放っておかない女性っていますよね。彼女たちに共通しているのは、ひとえに「女を忘れない」心がけ。若い女性と張り合うのではなく、成熟した自分を受け入れたうえで…

50代でも「モテまくる女」のごく当たり前な10の習慣って…?

内面が充実してくる一方で、容姿の衰えは否めない50代。当然ながら、男性からのお誘いや扱い、モテにも大きく影響しており――。モテを左右するのは、ひとえに「女を捨てない」心がけ。そんな50代のモテ女性の習慣…

美人じゃなくてもここまでモテる!40代女性の「アリな色気」4つの極意

美女なのにいまいち男性と縁がない女性がいる一方で、容姿はそこそこでも、周りに男性が絶えない女性が存在します。私自身、10年間にわたり六本木のクラブママを勤めましたが、必ずしも「ナンバーワンホステス=ス…

実はここならモテモテ?40代独女が「理想の独身男性」と出会える場所って

40代独女の婚活が、厳しさの一途をたどるのは周知の事実。「平成駆けこみ婚」を焦るあまり、流されるまま、お見合いパーティや街コンに参加し、お手軽に知りあった男性に遊ばれてしまったり、「こんなはずじゃなか…

「婚活開始から1年以内にゴール」できた40代女性の3大共通点って?

「婚活疲れ」は、社会現象のひとつとなっています。「ちょっとだけ休もうかな」「でも、ここまで頑張ったんだし」と行ったり来たりを繰り返す女性が多い一方で、短期決戦で見事勝利を収めた女性も大勢いるのが実情で…

ウソ…もしかして私「セカンド女」?疑わしいカレの挙動7つ

彼との「愛情の温度差」を感じることってありますよね?常にスマホをチェックして落ち着かなかったり、別れ際が以前より素っ気なかったり、次のデートの約束を「忙しいから、こっちから連絡するよ」と大よその予定さ…

一発アウト!40代女性が即恋愛圏外にされる「ゲンメツ臭」4つ

30歳を過ぎると、気になる人が多いと言われる加齢臭やミドル脂臭。汗をかきやすい夏が終わっても、ニオイとの戦いは一生続きます。今回は冬場の「女性のゲンメツ臭」に注目。男性に「女性のニオイに関するガッカリ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事