職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソナルスペースと言います。人間が持っている特有な領域感覚であるこのパーソナルスペースは、人との関わりにおいて、とても大事な意味を持っています。今回はそのパーソナルスペースのお話です。

 

「心理的なわばり空間」というもの

人間は自分で気づかないうちに、相手との親密度に応じて、自ら快適な距離を保とうとします。自分と相手との距離を測りながら、関係性を禁じたり、許したりする心理的距離を無意識に使い分けているのです。

 

わかりやすく言えば、人は誰でも「自分のなわばり」空間を持っています。

あまり親しくない人、好ましくない人には、これ以上自分のなわばりに入って来て欲しくないし、近づいて来ないで欲しいのです。また心理的圧迫感を感じるのは人間特有と言えます。

 

逆に、親密な人とはこのなわばりを重ね合わせ、距離を縮めたいと感じるのです。

 

 

4つの心理的カテゴリー

 

その心理的距離を調査したのが、アメリカの人類学者である、エドワード・ホールです。彼はこのような心理的距離を4つのカテゴリーに分けて、さらにそれぞれ「近接相」と「遠方相」の2つに区別しました。

以下、詳しく説明します。

 

距離感の4つのカテゴリー

 

■密接距離(家族、恋人、親友)=0〜45cm

 

・近接相(0〜15cm)息遣いまで伝わる、特別な2人だけの距離。身体と身体でのコミュニケーションが主体となる。

 

・遠方相(15〜45cm)家族や恋人のための距離感。他人が電車などでこの距離まで近づくと、違和感、不快感、ストレスを感じる。

 

■個人距離(友人、知人)=45〜120cm

 

・近接相(45〜75cm)夫婦や恋人以外の人がこの距離まで踏み込むと、気持ちを勘違いされやすい。手を伸ばせば、相手をつかまえたり、抱きしめたりできる距離。

 

・遠方相(75〜120cm)互いに手を伸ばせば、指先が触れ合う程度の距離。個人的な要望や用件を伝えるのにちょうど良い距離。

 

■社会距離(仕事相手)=120〜360cm

 

・近接相(120〜210cm)微妙な表情の変化を読み取ったり、身体に触れることができない距離。上司、同僚など、仕事仲間と過ごすのに快適な距離。

 

・遠方相(210〜360cm)身体に触れることはできないが、全体的な姿を見ることができる。オフィシャルな場にちょうど良い距離。

 

■公衆距離(見ず知らずの人)=360cm〜

 

・近接相(360〜750cm)簡単な受け答えは可能だが個人的な関係を築くのは難しい距離。

 

・遠方相(750cm〜)身振りのコミュニケーションが主体になる。言葉の細かなニュアンスは伝わらない。講演などで使われる距離

 

パーソナルスペースを上手く使おう

 

このように4つの心理的距離が、人間関係では、その場に応じて使われます。

この距離の取り方は、無意識の場合もあるし、意識的な場合もあります。

 

仕事やプライベートなどで、親しく人と付き合うために、必要な心地よい距離感を知っておくのはとても大切です。

 

また、人から好かれる人は、この人と人との距離、つまりパーソナルスペースをわきまえていて、絶妙に使い分けていると言えます。

 

過度に神経質になることはありませんが、このパーソナルスペースを少し意識して、人との付き合いを上手に運んでみるのも大切なことです。

 

このような、非言語コミュニケーションをノンバーバルコミュニケーションと言います。

 

パーソナルスペースはその中の1つですが、ほかにも身振り、表情、スタイル、匂いなどにより、人間関係を解釈していく方法がいろいろあります。

 

今回はパーソナルスペースの紹介でしたが、是非、人間関係を円滑にするために活用してみて下さいね。

 

まずは、基本的な自分のパーソナルスペースを意識して、仕事や恋愛に上手く活用してみましょう。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「ご自愛下さい」は実は失礼?デキる女のメール文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

お願いや交渉がスムーズに!CAが教える「言葉の魔法」って?

同じことを伝えるにも、「伝え方」によって受けての印象は様々です。威圧的な言い回しには反感を買うどころか、こちらの要求そのものも通らない場合も考えられます。今回は…

こんな人とは付き合うな。住職が教える人付き合いのコツ

会社の同僚や上司はもとより、家族、友人、地域……ストレスを抱える原因は、こうした社会にあるのではなく、人間関係にあるだけかもしれません。昔から言われている「付き合…

意外なこの場所なら飛ぶように売れる~月3万円副業ハンドメイドで売れるルールvol.3

みなさんは自分の作った作品をどうやって販売しますか? 今はネット市場がメインでしょうか。minne、tetote、creema、iichiなど、ネット上のハンドメードマーケットの便利…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

CA直伝!優雅な女性は〇〇しない。オフィスで好感度アップの4つの秘訣

街やカフェ、オフィスで思わず目を留めてしまう美しい女性がいます。それは必ずしも「絶世の美女」とは限りません。ただ、彼女たちが「美しくてエレガントな空気」をまとっ…

女の敵は女?元クラブママ直伝「職場の嫌な女の対処法」

女性の活躍が目覚ましい昨今、問題視されているのが、「女性同士の付き合い」です。元CAと元クラブママ、女社会を渡り歩いた私も、凄まじいトラブルメーカーに出会ってき…

アクセは「○○なほど」高く見える?~月3万円副業ハンドメイドで売れるルールvol.4

今回は制作実践編として、最低限の材料と道具で作れて確実に人気のある、初心者向けアクセサリーをご紹介します。副業ハンドメイドは「日本のどの地域にも必ず一定のマーケ…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

無理にでも笑顔を作って!幸運が向こうからやってくる

最近、笑っていますか?忙しいから、達成されない課題があるから、ストレスが多いから、辛いことがあったから……暗い表情で、眉間にシワを寄せて生活していませんか?その昔、天の岩戸の前でアメノウズメが身をくねら…

知能IQやEQ以外の「頭のよさ」の指標、PQって知ってる?

一般的に「頭が良い」とはどういうことでしょうか?何の基準をもって、判断されているのでしょうか?以前はIQ(Intelligence Quotient)が高い=頭が良い人と思われていました。IQとは知能指数のことで、従来型のIQ…

人前でひどく緊張する?それって対人恐怖症かも

あなたは、人前に出る時や、会議などの集まりの時、とても緊張したりしませんか?ある程度の緊張は普通なことなのですが、「もう、どうしていいかわからない!」というぐらい動揺したり、かなりの不安を感じていると…

10の質問であなたの「幸福度」がわかる…知っておきたい自尊心のこと

人によって、人生に前向きな人と後ろ向きな人がいますよね。その違いは一体なぜ生まれるのでしょう?それは、ずばり自尊感情(自尊心)の程度によります。自尊感情が高いか低いかで人生の視点は大きく変わってくると…

もし、うつかな?と思ったら…憂うつ、不安、倦怠感、無気力、イライラ

人は人生のあらゆる場面で、大きな環境の変化を体験します。進学のために転居したり、社会人として会社に就職して働くようになることもそうですし、異動や転勤、結婚、出産などもそうです。こうした環境の変化からく…

出世も未婚も原因に?人生でもっとも大変な「40-50代の危機」を乗り越える

人生の中で、公私共にとても忙しく、もっともストレスが多いとされる中年期。仕事や家族などのさまざまな問題を抱え、精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなる時期です。その中年期の社会生活をどのように乗り…

1分で人づきあい技術がアップする「アサーション」3ポイント

社会で生きていく中で、人間関係を円滑にするソーシャル・スキルを身につけることは、とても大切なことです。より良い人間関係とコミュニケーションを得るために、ぜひ身につけたい技能です。その中で、今回はもっと…

ライクからラブへ、彼を変えるたった1つのテクニック

恋愛において、友達以上恋人未満の曖昧な関係から一歩踏み出したい時ってありますよね。そんな時に有効なのは、相手と時間を共有して特別な体験をする「アハ体験」です。この心理的技法を使って相手との距離を縮める…

「人生が思うように進まない」焦りを好転させる3つのコツ

焦りという感情は人それぞれです。そして、焦りは人生のいろいろな場面で現れてきます。未来への不安だったり、仕事上の問題だったり、人間関係の問題だったり、これからの人生設計についてだったり。もし今あなたが…

あえて「空気を読まない」。もっとのびのび生きるためのコツ

世に言うKY、つまり空気を読まないで行動することは、果たしてそんなに悪いことでしょうか?ちょっと窮屈に生きているあなた、今までの思い込みや常識を捨てて、むしろ空気を読むことを止めれば、人生が面白く回り出…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事