会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も少なくない。私も、希望しない異動でストレスを感じたことが何度もある。だからこそ、そんなストレスで悩んでいる人を少しでラクにしてあげたい。自分自身の経験から、人事異動でのストレスを軽くする方法を紹介したい。

 

1.無理に頑張る必要はない

ストレスは、心の傷。無理にその傷がないふりをして、頑張る必要はないと思う。傷を治すのは簡単なことではない。心の傷が治るには時間がかかるものだ。体が傷ついたときだって、キレイに治るまでには時間がかかるものなのだから……。今すぐ立ち直ろうとしなくていい。傷が癒えるには時間がかかるのが当然。

その一方で、まったく癒えない傷もない。多少の時間がかかるとしても、傷は治っていくはず。無理に頑張る必要はないが、心のどこかで「傷を治そう、癒そう」という気持ちも持っていてほしい。病は気から。前向きな気持ちが少しでもあれば、きっと心の傷はそう遠くないうちにキレイになっていくと思う。

 

 

2.気分転換になる休みをとろう

しっかりと休暇を取ってリフレッシュするのもいいと思う。大切なのは気分転換すること。旅行に行ったり、しばらく会えていなかった友達と会ったり、断捨離をしたり、マッサージで癒されたり……。それまで、やりたくてもなかなかできなかったことでリフレッシュしてみてほしい。

ただし、それはあまり期間を長く持ちすぎないこと。10日以上のリフレッシュは、リフレッシュ自体が日常化してしまうので、逆に元の日常生活に戻ったときのストレスが大きくなってしまう傾向があるからだ。リフレッシュは、長くなりすぎるとリフレッシュでなくなる。気分転換には、集中的なリフレッシュ休暇でメリハリをつけることが大事。

 

3.異動=新たなチャンスと捉える

リフレッシュする時間をとったら、次は考え方、捉え方を変えていこう。新しい環境には、必ず新しい発見がある。変わらない環境は比較的ルーティンになりがちであり、新しい人、新しいものに出会える機会はそれよりも圧倒的に少ない。異動は新しい何かと出会うチャンスと捉えよう。

絶えず新しいものにトライする気持ちが、人間を成長させてくれる。また、心と体の活性化=アンチエイジングにもつながる気がする。異動をずっと心の傷として過ごすのか、新たなチャンスと思って過ごすのか。たった一度の人生、どう感じて過ごすほうが幸せですか?

 

4.手離すことが、実は大切

それまでの仕事で獲得してきた実績、権利、人間関係。守ることも大事だけれど、実は同じくらい手離すことも大切。いつまでも自分がかかえていると、そこには必ず濁り、淀みができてくる。そうなってしまっては宝の持ち腐れ。むしろあえて自分から手離し、次の人にその実績、権利、人間関係をバトンタッチしていく。それによって濁りや淀みのない、美しい宝が保てる。

既得権をあえて手離す。それができることが、大人というもの。そして次の人材にその権利を託していく。手離すことができるのが、大人の余裕というものだ。

 

5.自分の人生は、自分で切り開く

異動というのは会社員ならばほぼ避けられないもの。給与という対価をもらう以上、経営上の指示に従わなくてはならない部分がある。どうしても不当だと思うなら、思い切って会社を辞めればいい。

会社の仕事というのは、命じられれば避けられない側面がある。それに納得がいかないなら、独立して、自分の人生、自分の仕事は自分で切り開いていけばいい。会社の判断に納得がいかないくらい、自分の仕事に自信があるのなら、それをもって独立だって転職だってできるはず。それだけの才能、能力があるなら不満のある会社に見切りをつけて自分の能力で自分のやりたい仕事を獲得していこう。

異動に100%満足する人は、ほぼいないと思う。人生は簡単に思い通りにはならないもの。希望しない異動であっても、ちゃんとリフレッシュして、新しいチャンスと捉え、既得権を手離してみよう。そうすることできっと新しい世界が開けてくるはず。私自身、この数年でそれを実感している。

 

スポンサーリンク

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソ…

知能IQやEQ以外の「頭のよさ」の指標、PQって知ってる?

一般的に「頭が良い」とはどういうことでしょうか?何の基準をもって、判断されているのでしょうか?以前はIQ(Intelligence Quotient)が高い=頭が良い人と思われていま…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

女の敵は女?元クラブママ直伝「職場の嫌な女の対処法」

女性の活躍が目覚ましい昨今、問題視されているのが、「女性同士の付き合い」です。元CAと元クラブママ、女社会を渡り歩いた私も、凄まじいトラブルメーカーに出会ってき…

【40代編集長の婚活記#171】ギャップ萌えと偶然の一致に、40代独女「決意」する!

紆余曲折ありまくりの40代の婚活。44歳から始めて3年以上が経過した、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活。やっとのことでお付き合いする男性ができるも、たった3カ月でフラれる。失恋直後、知人Y嬢から誘わ…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事