「豚肉+ツナマヨ」悪魔的な組み合わせで箸が止まらない!!【シェフのテク】

皆さん、こんにちは。vivo花本です。今日は〈豚肉のトンナート〉という料理の紹介です。このトンナートというのはツナを使ったソースの名称で、イタリア・ピエモンテ州の郷土料理になります。本来は仔牛肉を使って作るのですが、手に入りにくいので今日は代わりに豚肉を使って作っていきましょう。お肉(豚肉)に魚(ツナ・鮪)のソースをかけて食べるなんてちょっと面白い郷土料理だと思いませんか?
では今回も早速作っていきましょう!

 

 【家バルレシピ by vivo花本朗】豚肉を使ったイタリア惣菜〈豚肉のトンナート〉

 

【材料】
豚コマ肉 150g
塩・砂糖 各小さじ2

ツナ缶 1缶(180g)
マヨネーズ 90g
アンチョビ 1枚(大きめ)

ケッパー 8〜10粒

豚肉はソテーしてもいいのですが、冷製の料理なので今回は冷しゃぶにしてみました。

 

【作り方】

①先ずはお湯を沸かして豚肉を茹でていきましょう。この時、お湯に塩を入れるのですが、同量の砂糖も入れます。砂糖は肉の保湿性を高めてくれるので、しっとりと仕上がりますよ。目安としては1リットルのお湯に小さじ2(10g)の塩と小さじ2(10g)の砂糖。

 

 

②しゃぶしゃぶ用の薄切り豚ロースでもいいですが、今回はより手ごろな豚コマ肉を使用。お湯を沸騰させるとお肉が固くなるので、沸騰直前のお湯でお肉をくぐらせます。

 

③お肉が薄ピンク色に変わったら、冷水にとります。この時も氷水じゃなくて大丈夫です。氷水に取ると豚肉の脂が凝固してお肉が固くなってしまいます。

 

 

④ペーパータオルに上げて水気を切ります。これでお肉の方はOK。

 

 

⑤続いてトンナートソースを作ります。と言ってもこれは混ぜるだけなので、とっても簡単です。

 

⑥ボウルに軽く水気を切ったツナとマヨネーズ・アンチョビを入れます。アンチョビをスプーンで潰しながら混ぜてあげれば出来上がり。しっかりした味がお好きな方はアンチョビを2枚にしてみてください。

 

 

さあ、後は小皿に豚肉をお皿に盛って、トンナートソースをかけ、ケッパーをのせます。オリーブオイルと黒コショウをかけ、レモンを添えて完成です。

このトンナートソースはとても汎用性が高いソースで、豚肉以外にも鶏肉や牛肉はもちろん、お魚や野菜にと何にでも合うのでぜひ多めに作り置きして、色々な料理に試していただけたらと思います。

 

さて皆さんいかがでしたか?今日はイタリア・ピエモンテ州の郷土料理トンナートをご家庭で簡単に美味しく作る方法を紹介してみました。次回もお楽しみに!!

 

vivo daily stand

フレンチデリとデイリーワインをメインに提供する一人でも気軽に使える地域密着型のバル。花本さんは中野本店でキッチンに立っています!レシピの質問も気軽にお店で花本さんに!

http://www.vivo.tokyo/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク