「いきなり手錠をされて…」ドS上司の“クセが強い”SMプレイとは

みんな普通の顔をして毎日を過ごしているけれど、誰にも見せられない“特別な顔で過ごす瞬間”があるもの。

今回は、ネット上でひそかに人気なセックスのリアル体験談集『きのうのH。「私の場合」』から、色気ある女性とドS上司との刺激的なエッチをお届けします。

 

今話題の『きのうのH。』とは?

アプリランキングで1位を獲得したものの、その内容の過激さから即削除になった伝説のアダルト作品「きのうのH。」が書籍化!

今回は、女の子が告白する体験談「私の場合」バージョンを紹介。クリーニング屋の店員から歯科助手、若奥様まで、一般女性が本人顔写真などプロフィールを明かしたうえで(書籍にて公開)、赤裸々に語ります。「普通の女性の変態性」に衝撃を受けること間違いなし!

さっそく、本の中身を覗いてみましょう。

 

【今回、体験を話してくれるのは…】

名前:つむぎさん
お仕事:ホステス
初体験:17歳、お相手は友達の紹介で知り合った大学生の彼氏

普段はホステスをしていて、大人の色気があるつむぎさん。エッチへの興味はもともと強いタイプで、初体験後、積極的にワンナイトラブを繰り返す。その中で、自分が体験したことのないプレイをする男性に胸がときめく性格だと自覚。彼氏を選ぶ基準はエッチの相性が重要で、「結婚相手は最高に相性の良い男性がいい」という。

現在、特定の彼氏はおらず、勤め先の上司であるセフレが1名。昨年のクリスマス前に、連絡をもらい勢いでエッチしたのがきっかけ。今までに出会ったことがないくらいドSな彼の激しいプレイの数々に衝撃を受け、今でも週1回のペースでエッチを続行中。

 

上司からのメールがお誘いのサイン

ーー“エッチをする日は、「今日マンション来れる?」みたいな感じで、だいたい彼からメールがきます。40歳の彼はお金に余裕がある人で。実は、私とエッチするためだけに都内にマンションを借りていて、エッチをするときはそこに誘うんです。

彼は、SはSでも、自分に奉仕させたいという感じじゃなくて、ドMな私をとことんイジメ抜くドSで。しかも、40歳とは思えないカチカチの大きすぎるモノで、これでもかってくらい突いてきます。

あと、彼の特徴は、エッチがマンネリにならないというか…。責めパターンが豊富で、いろんなおもちゃを使ったり、AVでしか見たことがないような変わったプレイをしてくれるので、毎回エッチが楽しみなんです。”

彼からのお誘いメールが来ると、「今日、エッチするんだ」とワクワクするんだとか。

 

彼の部屋に隠された秘密

ーー“間取りは2LDKで、最初はシンプルな広めの部屋だったんだけど、ある日、いきなりベッドがSM系のラブホにあるようなパイプがたくさんついたものに変わってて

ベッドのパイプに、縛り付ける箇所がたくさんあるから、最初見た時は、「これ、どうやって使うんだろう」「私、どうなっちゃうんだろう」と、ゾクゾクしました。”

その他にも、怪しいワイン色の間接照明が増えてたり、鎖が壁に吊るされてたり…どんどん怪しい新しい家具が増えていって、ホントにSMの館みたいになっているみたい。

 

いきなり目隠しをされて……

ーー“最初はテレビとかをつけて、まったりします。彼がしたくなったら、目隠しを持ってきていきなり私を目隠し。で、目隠しが終わったら、何も言わず、無言で私を縄で縛り始めます

彼は縄を使うのがすごく上手くて、だいたい私は両手を後ろで縛られて、両足を伸ばしたまま一緒に縛られます。マンションには、『縛り方、四十八手』みたいな SM教則DVD があったり、縛り方に関する本が棚に並んでいて。

彼は縛り方の仕組みを熟知してるから、手品師みたいな感じで私を縛るんです。 私は目隠しをされててあまりわからないけど、かなり全身グリグリに縛られます。”

縛られて動けなくなると不安定な状態になっちゃうものの、彼が勉強熱心だからか、不思議と痛くないらしい…。

 

今夜はどんな責め方をされるの?

ーー“目隠しをされて両手足を縛られた状態で、私はお姫様抱っこでベッドに連れてかれます。で、彼は私を縛っている縄の余った部分をベッドのパイプに縛り付けるんです。縛り方は毎回違って。

太ももをWの状態で固定されて脚の自由が奪われたり、手だけベッドに固定されたり、両手足を天井に近いところに縛り付けて吊るされた状態にされたり、いろんなパターンでベッドに固定されるんです。

部屋は無音だから、縄を縛る『シュッシュッ』って音や『ギチギチッ』って感じの縛り付ける音だけが聞こえます。 私は『やめてよ…』とか言ったりするけど、彼はおかまいなしで無言のまま。その日、私を料理する縛りを楽しんでいるような感じです。”

 

『これからどんな責め方をされるんだろう…』と思うと、それだけでかなり濡れちゃうんだとか。

 

服の脱がせ方にはかなりクセが……

ーー“基本的に、私は服を脱ぎません。ベッドの下に引き出しがあって、彼はそこから大きなハサミを取り出して。縛った状態のまま、私の服をハサミで切って裸にしていくんです。

その時、わざとハサミの冷たい部分を体にピタピタつけてきたりします。体に傷はつけないけど、ギリギリのラインで刃先を当ててくる感じが、「ホントSな男だな」と思います。恥ずかしい部分が露出するまで、服を切られます。”

最初服を切られた時は「マジでありえない!」って思ったみたい(そりゃそうだ)。だけど彼は事前につむぎさんが着られるサイズの服をいくつか用意してくれていて、エッチの後、新品の服をくれるんだとか。

 

本格派!? SMプレイの続きが知りたい人は…

『きのうのH。私の場合』は全国の書店やAmazonにて発売中!

Amazonはこちら