美食・建築・パワースポット! 東京で楽しむ「幕末維新 土佐ゆかりの地」【オトナの東京巡り】

東京に住んでいても行ったことのない東京の名所……意外とたくさんありませんか? 新スポットもいいけれど、時には【オトナの東京巡り】をしてみませんか? たとえば日本の歴史にゆかりのある東京巡りなんていかがしょう。

2017~2018年は、大政奉還と明治維新という歴史的な変動があった年から150年にあたります。幕末の時代に活躍したのが、坂本龍馬に代表される土佐出身の志士たち。幕末から明治維新にかけての土佐ゆかりの地を、東京で探してみましょう。【PR】

1.土佐の英雄・坂本龍馬に思いを馳せて「赤坂氷川神社」

この場所は江戸時代の元禄の頃は、備後国三次藩・浅野家の下屋敷でした。

歴史好きなかたなら、浅野家と聞いてピンとくることでしょう。『忠臣蔵』に登場する、播磨国赤穂藩主の浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみ ながのり)です。彼は、この備後国三次藩の初代藩主である浅野長治(あさのながはる)の娘・阿久里姫(あぐり)と結婚します。

浅野内匠頭は、江戸城内の松の大廊下で吉良上野介(きらこうずけのすけ)を切りつけた「赤穂事件」を起こし、切腹を命じられ、領地没収、赤穂藩はお家断絶となりました。行き場を失った妻の阿久里は出家して瑶泉院(ようぜんいん)となり、実家である三次藩・浅野家へ戻り、ここにあった屋敷で過ごしたそうです。

その後、三次藩浅野家は四代藩主、五代藩主ともに早逝したため享保3年に断絶となり広島藩へ還付、享保15年に赤坂氷川神社が遷宮され、現在に至っています。

ちなみに「忠臣蔵」の講談で「南部坂雪の別れ」という有名な一節があり、吉良邸への討ち入り前夜に浅野内匠頭の家老であった大石内蔵助(おおいしくらのすけ)が最後の挨拶にここを訪れるのですが、吉良方の間者がいたことから、瑶泉院へ討ち入りのことを伝えられず、暇乞いに訪れたとウソをつきます。

それを聞いた瑶泉院は激高して大石を罵倒。彼は雪が降る南部坂を降りていくのですが、その南部坂もこの赤坂氷川神社のすぐ近くにあります。

坂本龍馬が勝海舟に弟子入り志願した場所

この地に赤坂氷川神社が遷宮されて以降の、江戸幕末。神社の裏手は、幕末に活躍した武士の一人・勝海舟(かつかいしゅう)が幕末から明治初期まで住んでいた屋敷がありました。勝海舟といえば、土佐の英雄・坂本龍馬が弟子入りした相手です。

 

右クリックで拡大

現在の地図と古地図を照らし合わせてみると、まさに赤坂氷川神社の裏手の位置に「勝麟太郎(かつりんたろう)」と書いてあります。麟太郎とは勝海舟の通称。そしてこの場所が、1862年に坂本龍馬が訪ねてきて、そのまま勝海舟に弟子入りした屋敷があったところなのです。現在はマンションが建っています。

地図を見比べて面白いのは、道の形も赤坂氷川神社の周りはほぼ同じ形状をしていること。ということは、この道を坂本龍馬も歩いたということ。そんな気持ちで歩いてみると、また違う景色に見えてきますね。

 

東京三大縁結び神社のひとつ

また、赤坂氷川神社は、「東京三大縁結び神社」のひとつとも言われています。特に良縁を願う女性に人気の神社で、御朱印をいただきに参拝している女性の姿が見かけられます。

赤坂氷川神社の御朱印は、社務所の授与所でいただくことができます。御朱印は初穂料300円で、9時~17時が基本となっていますが、都合により変更のこともあります。

社務所で目に留まったのが「干支みくじ」。とにかく、可愛い……! 十二支がすべてそろったおみくじです。土鈴のような人形の中におみくじが入っていて、人形の底の赤い紐を引っ張っておみくじを取り出します。

また、御神木である「大イチョウ」も強いパワースポットと言われています。樹齢400年ともいわれる古い木で、赤坂氷川神社が建つ前からあったと言われています。幹回りは約7.5メートルで港区の天然記念物に指定されています。

赤坂氷川神社 東京都港区赤坂6-10-12
http://www.akasakahikawa.or.jp/

 

 

2.土佐料理を食べるなら「まるごと高知」

高知県のアンテナショップ「まるごと高知」の2Fにある「TOSA DINING おきゃく」。伝統の土佐料理を基本におきながら、高知県の食材を使い和洋にとらわれない料理を楽しんでいただけるレストランです。

 

高知を代表する海の幸といえば「カツオ」です! こちらは特別に供されたカツオのお造り(※通常メニューにはありません)。

メニューにあるカツオ料理としては、「藁焼きカツオの塩たたき」「藁焼きカツオのたたき柚子ポン酢」などがあります。

 

おきゃくで人気の「高知産の鮮魚の刺身と高知野菜の天ぷら御膳」。土佐名物づくしのメニューです。

 

高知&幕末維新グッズのお土産は1Fで買える

1階では高知の物産品をショッピングできます。写真は、高知のゆるキャラ。右から「まるごと高知のPR大使・カツオ人間」「高知県ゆず振興対策協議会のイメージキャラクター・とさ ゆずのやま」「高知県須崎市のご当地キャラクター・しんじょう君」。

 

もちろんですが、坂本龍馬関連の商品もあります。 「土佐銘菓・竜馬がゆく」(14個入・税込1,080円)は、土佐が誇る幕末の志士龍馬を偲び、和と洋をうまく取り入れたミルク風味のしっとりとした食感の洋風乳菓です。元禄元年創業の西川屋の銘菓「ケンピ」(3個入り・税込324円)には坂本龍馬パッケージも。精選された小麦粉、砂糖のみを原料とした素朴な味のお菓子です。

 

高知県アンテナショップ まるごと高知 東京都中央区銀座1-3-13
http://www.marugotokochi.com/

 

 

3.土佐出身の実業家・岩崎彌太郎ゆかりの「旧岩崎邸庭園」

旧岩崎邸庭園は1896年(明治29年)に建てられたものです。 洋館・和館・撞球室(非公開)の3棟です。木造2階建・地下室付きの洋館は、鹿鳴館の建築家として有名な英国人ジョサイア・コンドルの設計で近代日本住宅を代表する西洋木造建築です。

 

幕末維新ゆかりといえば、岩崎彌太郎。岩崎彌太郎は、土佐藩出身の実業家で三菱財閥の創業者です。土佐藩参政の吉田東洋に仕えたのち、若くして土佐藩の重職に登用された後藤象二郎により藩の商務組織・土佐商会主任、長崎留守居役に抜擢され、藩の貿易に従事する。坂本龍馬率いる海援隊の経理も担当しました。

この旧岩崎邸庭園は、その岩崎彌太郎が購入した土地に、彼の長男である久彌が建てた本邸だったのです。

 

洋館で学ぶ、センスのいい装飾やインテリア

17世紀の英国ジャコビアン様式の装飾が随所に見られ、イギリス・ルネサンス様式やイスラーム風のモチーフなどが採り入れられています。この階段の手すりなどは典型的。

洋館1階にある客室。客室の天井はペルシャ風文様の日本刺繍が施されています。

 

 

旧岩崎邸の洋館南側ベランダの床には、英国王室御用達のイギリス陶磁器ブランド・ミントン製のタイルが使われています。イギリスではロンドンのウェストミンスターや国会議事堂、アメリカではワシントンの国会議事堂など重要な建築物に使用されている。個人邸にミントンのタイルが用いられた例は非常に少ないのだとか。

洋館2階の婦人客室。この部屋の装飾もまたイスラム風のデザインになっています。ピンクに花模様が描かれた壁に、ミントグリーンのドアという可愛らしい仕様。女性のお客様へのおもてなし。

 

2階の客室のひとつには、金唐革紙(きんからかわし)とよばれる貴重で豪華な壁紙が使用されています。金唐革紙は、日本の伝統工芸品で、和紙に金箔などを貼り、版木に当てて凹凸文様を打ち出し、彩色をほどこし、全てを手作りで製作する高級壁紙です。まさに豪華絢爛な壁。最上級のおもてなし、ですね。

 

洋館には随所に瀟洒なステンドグラスが用いられています。往時は、主に年1回の岩崎家の集まりや外国人、賓客を招いてのパーティーなどプライベートな迎賓館として使用されたという旧岩崎邸の洋館。

書院造りの和館はシンプルさが美学

洋館に並置された和館。書院造りを基調としています。完成当時は洋館よりも広い規模を誇っていたのですが、現在は大広間の一棟だけが残っています。

 

和館の大広間。橋本雅邦(がほう)が下絵を描いたと伝えられる、富士山の障壁画が残っています。

和館の床の間にあるフクロウの板絵も、明治期の日本画の巨匠橋本雅邦の筆による作品と伝えられています。

岩崎邸に招かれた気分でお茶をいただく

ちょっとひと息つきたいと思ったらお休み処「旧岩崎邸庭園 御茶席」へ。抹茶セットはお抹茶と和菓子のセット(510円)。苦味と甘味の組み合わせを楽しめるオトナのひと息。

ゆずとはちみつがたっぷり入った、ゆず茶(420円)もいただけます。ゆずは高知の名産品のひとつでもありますね。

お休み処「旧岩崎邸庭園 御茶席」は、赤絨毯が敷かれていて風情のある場所。歴史を感じながら美味しいお茶をいただけます。

 

高知県にある岩崎弥太郎生家前にある「まる弥カフェ」で人気のお菓子「ロースティドアーモンドトフィー」も販売していました。そこはかとなく幕末の高知を感じさせるお土産に!?

 

旧岩崎邸庭園
東京都台東区池之端1-3-45
http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index035.html

 

高知県知事もめぐった土佐ゆかりの地

今回ご紹介した土佐ゆかりの地は、高知県の尾﨑正直知事も参加した「祝・大政奉還150周年!幕末維新ゆかりの地を巡るはとバスツアー」で、講釈師・一龍齋貞心さんの案内でめぐった場所でもあります。

そして現在、高知県では大政奉還150周年を記念して「幕末維新博」が開催されています。東京の土佐ゆかりの地を訪れたあとは、高知に足を運んでみたくなるのでは?

詳しくはコチラ。

「志国高知 幕末維新博」公式サイト
http://bakumatsu-ishinhaku.com/

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

おひとりさま旅歓迎!金曜夜から1泊できる箱根・熱海・軽井沢の温泉

温泉に行きたい。一人で静かに湯船につかってぼーっとしたい。いま、オフィスからそのまま行きたい。でも、温泉旅館は夕飯の時間に間に合わない……。と思っていたら、実は「…

【マンガエッセイ】迷わず購入!台湾の調味料”鵝油金葱”!

前回の続きです、前のお話は→こちらそれはおフランスとの融合!?日本ではあまり馴染みのない”ガチョウ料理”だけど、台湾では結構街にお店がある。読んで字のごとく漢字一…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

おひとりさま。初めて「一人で海外旅行」をするなら!勝手におすすめベスト3

おひとりさまで海外旅行へ行ってみたいけど、なんだか心配……というかたも少なくないでしょう。勝手に「おひとりさまを楽しむ部」を推進しているOTONA SALONE編集長のアサミ…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

伝説の漢方パックが台湾にある!「玉容散」を求めて生元薬行へ 

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

ソウル旅行のおすすめの「占い」! ズバズバ当たる「四柱」「巫女」

はじめまして、オトナトラベルライターの長谷川華です。国内も海外も行き尽したアラフォーのみなさまに、ちょっと変わったディープめ旅行をご案内していきます! さて、今…

お疲れ40代が台北で救われるお茶とお風呂!「百勝堂薬行」でお土産

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

#94 婚活疲れした独女の「運命の出会い」はバーにあり⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートしてから1年9カ月。6人の男性とデートしても恋人すらできない、OTONA SALONE編集長アサミ・46歳。婚活パーティや婚活アプリを続ける日々に疲れ……いわゆる婚活疲れに陥った。「自然な出会いをし…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事