春の不調肌で「肌のオバ化」は加速? 若肌キープのスキンケア4つ

季節の変わり目の肌は不安定になりがちです。春に向かう時期も肌が不安定になります。またこの時期のスキンケアでの対処を誤ると、どんどん肌のオバサン化が加速しやすいということをご存知でしょうか。

春先に不調に陥りやすい肌を安定させることもエイジングケアでは大きなカギを握っています。春先に起こる不調肌を癒すためのスキンケアには「こんなことでいいの?」と思うくらいシンプルなポイントがあるのです。

 

春の不調肌はトラブルを悪化させないことが基本

肌が不調を起こしやすいのは季節の変わり目です。特に厳しい寒さから穏やかに暖かさを増す時期は肌のコンディションも身体と同じで不調に陥りやすくなります。気分が春にふさわしいようにアゲていきたくても、肌のことが憂鬱では困りますよね。

 

気候が安定してくるまでのスキンケアの課題は肌の不調を悪化させないことだと断言してもいいでしょう。このめまぐるしく気候が変化し続ける時期の対応がずさんでは、肌がオバサン化するスピードが早くなってしまいます。

 

オバ化のスピードを緩めていく

アラフォーからのスキンケアは肌がオバサン化するスピードを緩めることが目的になりますし、肌が不調に陥りやすい時期はこのことを踏まえたスキンケアを行う必要があるのです。実は地味に感じる毎日のステップが若々しい肌を長くキープさせてくれます。

 

肌にトラブルを起こさせず、肌のオバサン化のスピードも緩めるようにスキンケアを続けていきましょう。肌を現状維持させることだけでもかまいません。むしろ春先の不調肌に限っては現状維持が課題であるといってもいいのです。

 

スキンケアを慎重に調整する

スキンケアではクレンジング・洗顔、保湿、UVカットの3つが基本になりますよね。特に保湿は念入りと考える方も多いでしょう。大きく分ければ「肌を守る」ことにポイントを置いてスキンケアを考えるとそうなります。

 

特に多くの女性が重視する要素となる「保湿」で使用する化粧品はあれこれあります。日本人の肌は皮膚の特性から、うるおいを重ねるように保湿することが向いていますが、それは肌そのものに問題がなく、不調を抱えていないときに限ることです。

 

 

最小限で負担にならないスキンケアを

スキンケアで肌を安定させることは大事ですが、負担をかけないことも重要です。つまり肌に不調を感じているときはスキンケアでかかる可能性がある負担を軽減させるというポイントを忘れるわけにいきません。

 

リスクを減らすスキンケアとは、確実に保湿できるものだけを最小限使うということです。不足にさせず、多すぎないようにその日のコンディションに合わせてスキンケアを調整してあげましょう。

 

春先の不調肌はスキンケアすらも負担になるリスクを抱えていることを頭に入れておくべきです。肌を心地よく整える必要があるシーズンだからこそ、クレバーにスキンケアを調整することも安定させていくために必要です。

 

敏感肌に傾いているという自覚を持つ

普段は比較的に安定している肌タイプの方であっても、春先は敏感肌に傾きやすくなると考えるほうが賢明です。このシーズンは花粉やほこりっぽさ、不安定な気温で肌も安定させにくいもの。つまり丈夫な肌でもトラブルが起こりやすいわけです。

 

春先は安定しない気候によって、角質層の水分や皮脂のバランスが崩れやすく、肌のバリア機能が不安定になりがち。また安定しない気候は肌にも大きなストレスを与えています。そのため肌トラブルを起こしやすい時期でもあるのです。

 

優しいケアで肌を安定させること

この肌には面倒なシーズンは自分の肌が敏感に傾いている、と自覚したほうが賢明といえます。生理前から生理中の敏感気味の肌に近い状態だと考えれば、優しくいたわるスキンケアがふさわしいと気がつくのではないでしょうか。

 

肌に活力を与えるよりも、春先の不調に悩まされがちな肌は優しく安定させることが必要です。そのためスペシャルケアに励むより、デイリーケアで肌を保護しつつ、いたわることが不調を癒し、深刻な肌トラブルを遠ざける結果をもたらしてくれます。

 

もしも肌トラブルが治まらなかったら

実は春先の寒暖差はアレルギーが再発するリスクを高めてしまうものです。アトピーをお持ちの方も一時的に症状が悪化することがあります。ですから肌の不調がなかなか回復しないときは、深刻な肌トラブルになる前に皮膚科などの専門医の治療を受けることをおすすめします。

 

あくまでもスキンケアは肌をよりよくキープさせることであり、使用する化粧品は健やかな肌をキープさせながら、よりよく整えるためにあります。肌トラブルを治療させるまでの効果を持っていません。

 

改善しないときはクリニックで治療を

スキンケアだけで不調が回復しないなら、治療を受けるべきです。早めに肌トラブルを回避することは、アラフォーの肌には最大のエイジングケアになります。肌トラブルが悪化すれば、肌への打撃は加速し、トラブルから一気に肌の衰えが進むのです。

 

未来の肌を若々しくキープさせるためにも、肌のコンディションを安定させることとトラブルを早めに治療することは欠かせません。まず油断しないこと、そして肌を安定させることを重視して、シンプルなスキンケアで乗り切りましょう。

 

春の不調肌を安定させるには

 

1.その日のコンディションに合わせてスキンケアを調整

2.生理前から生理中の敏感気味の肌に近い状態だと考える

3.スペシャルケアに励むより、デイリーケアで肌を保護

4.深刻な肌トラブルになる前に皮膚科などの専門医の治療を受ける

 

という4つを守って、少しずつでも安定させていきましょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

ビールとワインはどちらが高カロ?40代のお酒の適量は?

いまの気分はチューハイだけど、別にみんなと一緒にワインにしてもいいかも…? 今日は1000円でたくさん飲めるほうにしよう!など、意外に「今日のお酒はその場の流れで決める」という人は多いはず。どうせなら「ち…

夏の前に脚だけでもヤセたい!簡単「美脚そだて」4つのルール

美脚に憧れていても、エクササイズが面倒。それに効果が出るかもわからない。これは多くの方が考えることです。ダイエットより面倒かもしれませんね。しかし4つのメソッドだけで美脚に変わるならどうでしょう。スキ…

深夜の小腹減りにも罪悪感なし!更年期世代の味方「アレンジ納豆」7つのレシピ

更年期を控える40代女性には、イソフラボンが豊富な納豆は嬉しい食材。腸内環境も整え、身体の中から美しさと健康を支えてくれます。そんな納豆の難点は、食べ方が単調になってしまうこと。そこで美容と健康、アンチ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだ…

「当たりの医者」を近所で見つける!4つのポイント

若いうちは少々はかなげで弱々しいほうが「かわいい・美しい」かもしれませんが、50代に入ると線の細さがそのまま枯れてギスギスした老けた印象へと変化します。人生の半ば過ぎ以降は、ヘルシーでエネルギーに満ち溢…

4アイテム使い分けて超時短!冬のボディ最終しっとりメソッド

つい放置しがちな「顔以外」の部分の保湿。機能の高いクリームをこまめに塗ればいいのはわかっているけれど、なかなか時間が……という40代の皆さま、高機能クリームよりも「そのタイミングで確実に塗れるもの」が重要…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事