【無印】とりあえずあればOK「あいまいな色のソックス」【#編集部員の自腹買い】

2021.06.12 FASHION

オトナサローネ編集部のメンバーが「自腹で買ったアイテム」をご紹介!【#編集部員の自腹買い】

 

▼足なり直角 太リブ ショート丈靴下 (左)アイボリー (右)ペールブラウン 253円/無印良品

 

全然関係ない話なのですが、最近生協のミールキットを使いはじめました。刻み終わった状態の材料を毎日宅配してもらえて、炒めるだけのやつです。使い始めてみたら、「夕飯をどうしよう」と悩むタスクが脳からなくなり、QOLが爆上がりして驚きました。

 

仕事しながらの育児って、どれだけ完璧な人でもどこかに必ずしわ寄せがいくものだと思います。そもそも人としてダメな私の場合、それが顕著に毎日の食事に出ていました。子どもにロクなものを食べさせていないことにものすごい罪悪感を持っていたのですが、「生協様がおっしゃるOKラインの食事は提供できている」と考えられるようになるだけで、ここまで気持ちはラクになるものなのかと驚いています。

 

「どうしよう」と考える些事を減らせば減らすほどメインの問題に取り組みやすくなる傾向は心理学的にも言えることですが、要するに靴下のような「ついでのアイテム」こそは脳の負荷をへらすべく「なんとなく履いてしまってもOKなもの」を買っておけという話だと思います。

 

あいまいな色の靴下は何と合わせてもなんとなく雰囲気としてハマります。こういう点でも鉄板だなと思います。

 

(オトナサローネ編集部 井一)

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部 井一美穂

スポンサーリンク

スポンサーリンク