年下男子に「憧れ、尊敬される」40代女性4つの特徴

男性は基本的に甘えたがりです。同僚や友人たちの前ではカッコつけていたいけど、好きな女性には「素の自分」を見せてリラックスしたいという気持ちを抱えています。そんな年下男性にとって、アラフォー女性は「頼れる存在」でもあり、つい甘えてみたくなるような魅力を感じるもの。

恋愛相談家として、年下の男性から聞いた「こんなアラフォー女性がいい!」をご紹介します。

 

1.「女だから」と男性に甘えない

 

例えば、休日に二人で出かける用事がある。そんなとき、「男が迎えに来るのが当然」なんて待つことが当たり前の女性だと、男性も疲れますよね。

「あそこのインターチェンジから行くなら、私が迎えに行くね」

とその場の状況に応じて自分の車を出す、自分で運転して男性を迎えに行くような女性は、行動力があって頼もしく感じられます。

もちろん、男性からすれば「女性に運転させるなんて」と助手席の自分を恥ずかしく思うかもしれませんが、「たまにはいいでしょ?」と笑顔でハンドルを握る姿にはそんな気後れも消す効果が。それは、自分を対等に見てくれていることが男性にはわかるから。

「女だから」「男なんだから」と相手の行動ばかり期待するような人より、自分も動くことを当然に考えるアラフォー女性は、年下男子にとって「信頼できる人」。一緒にいても窮屈な思いをすることなく自分の意見を言えるので、自然と心を開けるようになります。

対等な関係を築けるからこそ、甘えたくなる。そんなアラフォー女性は、自分の意思で動ける自立した心を持っています。

 

2.先手を打って気遣える

雰囲気の良さそうなセルフサービスのカフェを見つけて、二人で入ったとき。「あそこの席がいいな。飲み物買ってくるから、先に座っててくれる?」とさり気なく「お願い」をして、二人分の飲み物を買ってくる。

本来なら男性がエスコートするのが当然と思われがちな食事の場でも、コーヒーなどの軽食なら女性が会計を済ませてもおかしくありません。

「自分の分は払います」と慌ててお財布を取り出す年下男子もいますが、そこは相手が年上だからこそ「気にしないで」と返されれば「ありがとうございます」と素直に言えるはず。

さっきまで仕事をしていて疲れているときとか、こんな気遣いがあると男性もホッとしますね。

男性の様子を見てうまく先回りすることができれば、相手はリラックスできます。年上の女性と一緒に過ごすときは自分が動かねば、といつも以上に意識する年下男子は大勢いますが、こちらが先手を打つことで「ゆっくりしてね」と伝えることができます。

嫌味なく好意を差し出せるアラフォー女性は、年下男子の安心を誘う存在です。

「じゃぁ次は僕が払います」など、相手から「次」を引き出せる良い手段でもありますね。

何気ないことであっても、「二人で過ごす時間に投資してくれる」という気遣いが、年下男子の心にキュンと響きます。

 

3.男を立てる姿勢がある

 

S

ですが、何歳になっても男は男。いつも女性に前を歩かれるのは、決して居心地が良いときばかりではないでしょう。

年下男子にモテるアラフォー女性は、男性を立てる姿勢を忘れません。

例えば、食事に行ったときは会計に立つのは男性に譲り、お店を出てから自分の分を渡す。男性が道を間違えても責めたりしない。人前で男性の欠点を指摘しない。「恥をかかせない」ことは、男性にとって重要です。

「甘えさせる」というと何でも自分が仕切ろうとしてしまう女性もいますが、それは年下男子から男としての自分をアピールできる機会を奪うこと。男性が「カッコつけたいとき」にはその気持ちを汲める柔軟さがあると、自信を与えてくれる女性として大切にされます。

また、男性は女性に見くびられることを嫌います。未熟な面があっても、それを正面から指摘してしまうと年下男子の気持ちは萎えてしまい、逆に敬遠される結果になることもあるので、「小言」のようなおせっかいは控えるのがベター。

いくつになっても「あなたってすごいね」と女性には言われたいのが男心です。

頭を撫でられるような甘やかし方は要らないけど、信頼しているからこそ、自分が前に立つときは受け入れて欲しい。そんな年下男子の気持ちを受け止められるアラフォー女性は、手放したくない存在になるでしょう。

 

4.相談ができる

 

自分の弱みを人に見せることが苦手な男性は多く、悩みがあっても誰かに相談することはあまりないでしょう。

それは、人にナメられたくないという男のプライドもあるし、悩んでいるカッコ悪い自分を受け入れることに抵抗があるからです。

それでも誰かに打ち明けたいと思ったとき、自分の気持ちをしっかり受け止めてくれるアラフォー女性は本当に頼れる存在といえます。

どんなアラフォー女性に相談したくなるか。それは、「裏表のない人」です。

何を考えているか分からなかったり、言葉と行動が一致しなかったり、そんな信用できない女性に大切な話などできませんよね。

いつも変わらない態度、一貫した行動のできる女性は、「この人なら自分のことを受け止めてくれる」という確信を年下男子に与えます。

悩みを茶化したりしない、誰かに言ったりしない、信用のあるアラフォー女性には、そんな包容力が感じられるのですね。

明確な答えが得られなくても、話すだけで楽になることは誰にでもあります。そんなときに、自分の弱い姿をさらせる女性というのはそう多くありません。

だからこそ、裏表のない素直なアラフォー女性は、年下男子にとってかけがえのない癒やしとなります。

 

 

「甘やかす」とは、相手の好きにさせることではありません。また、自分に依存させることでもありません。

甘えたいと思う相手とは、必ず信頼関係があります。

信用は一朝一夕で築けるものではなく、少しずつ、お互いのいろんな気持ちをやり取りして積み上げていくものです。「甘える」のは「受け止めて欲しい」と思うから。

何よりも「信頼される女性」であることが、年下男子の心をつかむ秘訣です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク