40代で絶頂を知り、性行為観が変わった【40代、50代の性のリアル】♯11(前編)

2021.06.13 LOVE

連載一覧へ

メディアで性行為についての悩みを広く募ると、最も多いのが「オーガズムを経験したことがない」になるそうだ。けれどセックスの満足度をイッた/イカないのみで図るのは、きっと味気ない。絶頂感はなくとも総合点が高いセックスはあると思う。けれど、それを知ったことで新たな価値観を得た女性がいる。

会社経営者のチヒロさん(43歳)は、2人の子どもと暮らすシングルマザー。色白でカーヴィーな身体つきには、女性である筆者でも抱きとめてもらいたくなるような包容力が色濃く漂っている。甘い声で、オーガズムを感じるようになるまでのいきさつを語ってくれた。

 

束縛する夫に悩まされた12年

「元夫は毎日でもしたがる人でした。まだ小さいとはいえ子どもがすぐ横で寝ているのに求めてくるときもあって、とても困っていました」

20代のときのチヒロさんは、早く子どもがほしいという気持ちがとても強かった。子どもを二人授けてくれた元夫には、いまでも感謝している。しかし結婚生活において幼い子どもら以上に手を焼いたのが夫という存在だった。

「家にいるあいだはずっと私にくっついてくるんです。子どもではなく、夫の後追いに悩まされましたね。常に私の身体に触りたがるのは構ってほしいからなんでしょうけど、こっちは気が休まらない。そのうえ束縛が強くて、私がひとりで外出するのをいやがるんです。学生時代の友人に会うことになったというと『みんなで行こう』っていい出すし、相手が独身だからと子どもを預けて外出したらしょっちゅう電話がかかってくる。ひとりで出かけるほうが面倒なぐらいになったので、結婚していた12年間は独身時代の友人と連絡をほとんど取りませんでした」

 

かわいそうなシングルマザー?

いかにも困った男性だが、離婚の主な理由は仕事。会社を経営しているチヒロさんの目に映る夫の仕事ぶりは褒められたものではなく、次第に男性としての魅力も感じなくなっていった。1年の別居期間を経て、離婚が成立。

「不思議なのは、周囲に別居を明かした途端、男性たちの態度が変わったこと。突然、子どもを3人も抱えて大変だね、僕が守ってあげたいなんていい出すんです。シングルマザーだからかわいそうだと思われたみたいで」

それはあまりに短絡的ではないだろうか。

「そうなんです、以前の生活で一番手がかかったのは、夫でした。私と子どもだけの生活はとても快適です。結婚していたときよりも家事負担、経済負担が減ったので、本当に楽になりました。別の男性に頼りたいとはまったく思わないし、今後結婚するつもりはないです」

 

次ページ:セックスで「失神した」という友人の話をきいて…

この記事を書いたのは
フリー編集&ライター 三浦ゆえ

スポンサーリンク

スポンサーリンク