【ありえない転職】#1スピリチュアルすぎる人

2021.06.23 WORK

終身雇用制度の崩壊や、年俸制を取り入れる企業の増加などなど。

1つの企業に生涯通じて属することのほうが考えづらい世の中です。「一度は転職を考えたことがある」そんな方のほうが多いのでは?

この記事は人材派遣会社や転職エージェントを知人・友人に持ち、自身も転職しようかどうかに悩む30代後半のとある業界の事務職兼ライターの”転職サロコ”が聞いた転職エピソードをお届けする短期連載。

周囲の転職&人材派遣業界の友人たちから出てくるのは想像を超えるぶっ飛びエピソードばかり!!

「こんな転職希望者はやだ!」という現場の声に耳を傾け、自分は陥らないよう日々精進する備忘録でもあります。

 

 

転職希望者で失敗する人の特徴とは?

転職エージェントや人材派遣に相談にくる人の中でも特に失敗するケースにあげられる特徴が3つあるんだとか。

それは……

「自己理解ができてない人」/「情報を知らない&調べない人」/「コミュニケーション能力が低い&不足している人」

この特徴がそろうことで、常識のななめ上いく突飛な行動が生まれるんだそう。

 

一見すると、陽キャな転職希望者

#01【今回のお話:転職希望の30代女性のAさん】

 

その30代前半の女性、比較的はきはきしていて、第一印象は明るい人。

ただ、どういう会社に応募したいか、給与や勤務地など具体的に相談しようとしても「自分のフィーリングを信じて決めたいと思います!」と妙な自信が満ち溢れてる模様。エージェントとの面談には水晶玉を持参したりなど、なかなかなスピリチュアルな人という風に思っていたそう。

 

 

 

めちゃくちゃ「スピリチュアルな人」だな~という印象

初回面談ののちに取引のある企業先30~40社くらいのリストを提示して、その中から希望の会社を絞り込んでいくのですが、「どうしますか?」と相談したところ、なにやらバッグをごそごそしだす彼女。そしてバッグの中から取り出したのはまさかのタロットカード。

すると、彼女はそのタロットカードを会社のリストの上に置き、あのよく見る1枚1枚カードをぺらぺらはじめだして……。

 

 

 

「タロットカード」で転職先を決めたがるぶっとんだ人

タロットカードをめくって出た絵柄を見ながら、「うーん」みたいな顔をしてるAさん。

(おいおい、そんなんで働く会社決めるんじゃないよ!!)と友人のエージェントは心の中で叫ぶものの、実際なんて言っていいかわからず、見守るのみ……。

そうこうしてるうちに、彼女はキラキラした顔で言いました。「この会社にします!」と……。

なぜその結論が出たのかわからないけども、受けたいと言ってる、顧客を止めることはできないので、「そうですか……」と、友人はその会社に連絡することに。

そして紹介する会社にも、本人の不利益になることも伝えてはいけないので、この一連のキテレツな行動を明かすこともできません。

でも、無事その会社に転職決定し、頑張っているそうです。

 

 

「タロットカードで転職先を決めたやばい人」いかがでしたか?

本人が良ければ基本的にOKですが、まわりの人間は正直戸惑うエピソード(汗)。

ただ、意外と信じるものがある人のほうがメンタル強いのかもしれない‥…!!と思うサロコでした。

 

     

■編集部より■

いらないモノ、人…いま「断捨離」したいもの、ありますか?

その気持ち、教えてください!→こちらから

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
転職サロコ

スポンサーリンク

スポンサーリンク