第一印象もバッチリ。年下男子と話を弾ませられる魔法のキーワード

2021.07.12 LOVE

年下の男の人と仲良くなりたいけれど、どんな風に接したらいいのかわからない。そう悩む女性は結構います。年齢を意識するあまり、セクシーなお姉さんぶって露出度が高い格好をし過ぎてしまったり、逆に無理して若づくりして似合わない服やヘアスタイルになってしまったりするケースも。一体どう振る舞えば、年下の男の子に良い第一印象を与えることができるのでしょうか? 年上女性を好む年下男性たちに実際に聞いてみました。

 

まずは第一印象から。

1)普段通りでいる

年下の男の子を目の前にすると、頭に血が上り、エキサイトしてしまう女性が少なからずいます。たとえば目立つようにオーバーアクションをしてみたり、盛んに食べ物を取り分けてみたり、または早々に次のアポを入れたがったり。私は年上なのよ、私に任せなさい!と言わんばかりの行動は、年下の男性に緊張を与えてしまうので、控えたほうがいいでしょう。

 

最近は確かに年上の女性が好きな男性が増えていますが、彼らはすべて仕切られることを望んでいるわけではありません。大人の女性と、しっとりと落ち着いたお付き合いをしたいのです。特に飾り立てる必要はありません。普段通りに振る舞うだけで、彼らから見れば充分オトナのお姉さまなのです。

 

2)あまり喋らない

その場を盛り上げようと、次から次へと話をし続ける女性も少なくありません。サービス精神がある人だと、面白い話をして、笑いを取ったりもするようです。しかし、年下の男の子は、年上の女性と大笑いすることを望んでいるわけではありません。大人っぽい交際をしたいのです。彼らのニーズを把握することが大切です。

 

面白い話から、甘いムードに流れを持っていくのはなかなか難しいもの。でも、彼らが望んでいるのは、落ち着ける雰囲気なのです。会話は無理して盛り上げなくてもいいのです。普段よりも口数が心持ち少なめくらいでちょうどいいのかもしれません。集団でいる時も、みんなの中心になってワイワイ騒ぐよりは、一歩下がったところで微笑んでいるほうが、年上の女性らしくて好印象なのだそうです。

 

3)仕草で誘う

普段通りでいて、あまり喋らないでいて、相手にアピールできるものなの? と心配になるかもしれません。でもそこは、大人の余裕を持って挑みましょう。仕草で彼を誘うのです。といっても、彼を見つめながら舌なめずりしてセクシーに迫るのは逆効果。彼をじっと見つめ、目が合ったらにっこりと会釈をする。それだけで十分なのです。

 

すぐ隣でなくてもいいのです。少し離れた場所から彼を見つめ、気づいてくれるのを待つ。そんな古典的な方法も、年上のお姉さんがやると意味深でドキドキするのだそうです。また、彼のすぐ近くにいるのなら、何かがきっかけで笑いが起きた時などに、さりげなく彼の腕や背中に触れ、お疲れ様と癒しつつ、タッチの刺激を与えるのです。年上のお姉さんが触ってくれた。もうそれだけで年下男子は天にも昇る心地になるかもしれませんよ。

出典>>年下男子に好感度大の第一印象のヒント3つ

 

第一印象をクリアしたら、次は会話です。

年下の男の人と話をしてみたい。でも何を話したらいいのか全然わからない!

そういう女性が最近、とても多いです。そして「どんな話をしたらいいの?」と相談されます。

みなさん、年下の男の子にとても興味があるようなんです。ドラマでも年下男子と恋をするヒロインが増えているので、その影響もあるのかもしれません。

それでは早速、話が弾む魔法のキーワードをお届けいたしましょう!

 

キーワード1:その服、オシャレですね。

年下の男の子とは、世代が違うので趣味や持ち物など、何もかもが違うもの。知らないブランドやメーカーがお気に入りだったりと、話をすると、ちょっとしたカルチャーショックを受けます。そこでめげて「世界が違うから無理」と諦めるか、「知らないものばかりだから教えて!」とポジティブに目を輝かせるかで、会話の流れも違ってきます。

 

見慣れない素敵なモノを彼が持っていたら「それ、オシャレですね」と話しかけるといいでしょう。彼がとても気に入っているモノだったら、そこから話が発展していきます。どこで買ったのかで行動エリアがわかるし、いただきものなのだと言ったならもしかしたら恋人がいるのかななどと推測したり。モノひとつ取っても、かなりの話のタネと情報量を得られるものなのです。

 

キーワード2:最近どんな映画を見ました?

最近の年下の男の子は、よく映画を見ているなという印象です。バブル時代に20代だった男性は、遊ぶことに忙しく、映画を観る時間があまりありませんでした。けれど社会情勢が変化した今は、自宅で過ごすことを好む人が増え、DVDで映画をよく観ているそうなのです。なので年下の男の子に映画の話を振ると、いろいろと語ってくれる人が多いのです。

 

彼の映画の趣味を知ることもまた、彼を知る手がかりになります。恋愛映画が好きならロマンティックな人なのかも、バイオレンスが好きなら実は男性的な人なのかな、などと探りを入れやすくなるのです。さらに次は何を観に行くんですか?と聞いて、素敵な映画だったら「私も観たいな」とつぶやけば、デートにこぎつけられるかもしれないのです。

 

キーワード3:最近食べて美味しかったものはある?

年下の男性は、年上の女性よりも食欲旺盛なもの。なので、食べ物の話をすると、嬉しそうな表情をする人が多いのです。その様子を見て、若いわねえ、と怖じ気づかず、美味しい食べ物の話を聞き出しましょう。話をしているうちに、彼が外食好きなのか自炊好きなのかもわかってきます。自炊好きなら、得意料理を聞くなどすれば、さらに会話が続いていくはず。

 

彼の食の好みがわかれば、今後の作戦も立てやすいもの。最近はアジアン料理が好きだという男の子が増えました。あらかじめ幾つかのジャンルのお店を把握し「タイ料理が美味しいお店を知ってますよ」などと言えれば「じゃあ今度一緒に行きましょう」という話に発展しやすいもの。話を盛り上げるだけでなく、しっかり次につなげてこその会話テクだと私は思っています。

出典>>年下男子と話を弾ませられる魔法のキーワード3つ

 

■【編集部より】オリンピックの推し選手教えて!

あなたがいま気になる!見てる!応援してる選手を編集部に教えてください!

>>>アンケート回答はこちらから

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク