「たしなみあう」ではありませんよ。「啀み合う」の読み方、知っていますか?

2021.07.21 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「啀み合う」です。

「啀み合う」の読み方は?

「啀」は「生涯(しょうがい)」の「涯」によく似ています。部首が「氵(さんずい)」ではなく「口(くちへん)」なのが「涯」と異なる点です。「啀」は「涯」と同じく音読みで「ガイ」と読みます。とはいえ「啀み合う」を「がいみあう」と読むことはできません。

また「〜み」の送り仮名から「啀み」を「たしなみ」と読んだ人がいるかもしれませんが、「たしなむ」を漢字で表すと「嗜む」なので、この読みは残念ながら不正解です。

しかし「啀み合う」の意味を知れば、読み方が思い浮かぶかもしれません。

「啀み合う」は

1 動物が互いに吠(ほ)えたりかみついたりする。
2 互いに敵意をもって激しく争う。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。2の例文には「兄弟が啀み合う」が挙げられています。「啀み合う」の意味をふまえて例文を声に出して読んでみると、案外すんなりと読めてしまうかも……?

正解は……

「いがみあう」です。

「啀」は日本漢字能力検定1級に相当する漢字ではありますが、読みはシンプルで

  • 音読み ガイ
  • 訓読み いが(む)

です。「いがみあう」という言葉を耳にした時、本記事を思い出していただけると幸いです。

「いがむ」と読める他の言葉

「歪む」も「いがむ」と読むことができます。

「歪」にはさまざまな読みがあります。「歪」から始まる以下の言葉はそれぞれなんと読むでしょうか。

  • 歪み
  • 歪む(「いがむ」以外に2つ)

正解は……

  • いびつ
  • ひずみ
  • ひずむ・ゆがむ

です。

「いがむ」は「ゆがむ」の音が変化したもので、意味は「ゆがむ」と同じです。「ひずむ」と「ゆがむ」もほぼ同じ意味を表しますが、辞書で調べてみると

ひず・む

1 ゆがんだ形になる。いびつになる。ゆがむ。
2 テレビ・オーディオなどで歪(ひず)みが生じる。

1 かがめる。曲げる。
2 苦しめる。責める。

ゆが・む
1 物の形が、ねじれたりたわんだりして正しくなくなる。ひずむ。
2 心や行いなどが正しくなくなる。
3 言葉がなまる。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

と、「ひずむ」「ゆがむ」それぞれでしか表せない表現があることがわかります

なお「いがむ」は「ゆがむ」と同じと紹介しましたが、「いがむ」でしか表せない表現に“盗む”が挙げられます。ただ、“盗む”の意味で用いられている例文が天保3年(1832)に初めて上演された浄瑠璃「生写朝顔話」の一文なので、現代で用いられることはほぼないと考えられます。

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

■【編集部より】あなたの「お金の悩み・不満」を聞かせてください。

あなたが困っていること、不満なこと、不安に思うことは何ですか?

>>>アンケート回答はこちらから

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク