40代女性のファッション事情 ︎プチプラでいいもの・ダメなもの12選

スポンサーリンク

諸々の出費や将来のための貯蓄など、お金の使い方が変わってくるアラフォー世代、全身のファッションにお金をかけられる人は一握りです。ファストファッションが当たり前となった今では、ユニクロや GU、ZARAをリアルに着ている女性が多数。そんな中、どんなアイテムならプチプラで買っていいのか、いけないのか、具体例を出して紹介します!

 

TPOでお金をかける部分を判断

たくさんの人の目に触れるビジネスシーンや、人と会ったりきちんとした場所に出かける時に着る機会の多い服やグッズにはお金をかけ、カジュアルなシーンやオフの日に着る服はプチプラで揃えるのがアラフォーの賢い買い物術。「替えの効く部分に、上手にプチプラを使っています」という堅実さは好印象にもつながるので、上手にファストファッションを活用してオシャレを楽しみましょう。

 

お金をかけるべきアイテム6選

① コート

 

②ジャケット

 

③キレイめパンツ

 

④ワンピース

 

⑤靴

 

⑥バッグ

 

基本的に、服は面積が大きくなるほど素材やシルエットが目立つので、アウターやロングパンツ、ワンピースなどコーデのほとんどを占めるアイテムはハイプライスのものを購入するのがおすすめ。さらにオシャレは足もとから、と言われているように、靴は履き心地にも大きく差が出るので、きちんとしたパンプス、ヒールが低めの靴、スニーカーなどすべてこだわりのアイテムを選ぶとコーデが締まります。プチプラのバッグは40代が持つには安っぽさが目立ち、全体の印象を安っぽく見せてしまうため、最低でも数万円以下のものは持たない方が無難です。雑誌の付録やプチプラバッグは、近所のコンビニかスーパーまでにしましょう。

 

プチプラでOKなアイテム6選

①ニット

 

②ワイドパンツ

 

③スカート 

 

④ベルト

 

⑤スカーフ

 

⑥アクセサリー

 

ニットは素材の違いはあっても、デザインはハイプライスの服にそう大差はありません。遠目で見た時に、プチプラかどうか判断しづらいアイテムです。ポイントは、シンプルなものを選ぶこと。トレンドカラーをワンシーズンだけ着倒すか、定番なら白・黒・ネイビーが値段がバレにくいのでおすすめです。フェミニンなアイテムがトレンドのこの春、ピンクなどのカラースカートにチャレンジしてみるのも◎。パラッツォパンツなどのワイドパンツは、生地にほどよい厚みのあるものならプチプラで充分OKです。ベルトやスカーフの小物や、ボリュームアクセなども、目立つ割に流行の変化が早いので、お手頃な価格で楽しむのがおすすめです。

 

いかがだったでしょうか。「プチプラアイテムばかりで揃えていて、いまいちコーデが決まらない……」、逆に「全身ハイプライスで揃えているけど、トレンドアイテムはワンシーズンしか着られないし……」と悩んでいる人は、お金のかけどころを見直して、上手にハイプライスとロープライスをMIXさせるのが、今時なファッションの作り方なのかもしれません。安くても質のいいものを見極めて、もっとオシャレを楽しみましょう!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代は揺らぎの時期?「似合う服が見つからない」と思ったことがある人は読むべし!

クローゼットの中に服はたくさんあるのに、今日着たい服が見つからない、出かける前に鏡の前に立ったとき、昔ほど自信が持てない、そう感じたことはありませんか?20〜30代…

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

真冬のZARA! 「#ザラジョ」に学ぶデニム着回し7コーデ

アラフォーのデニムスタイルって実は難しいコーデのひとつ。脚が細いからといってスリムを履くとイタくなりますし、ダメージデニムも組み合わせによっては汚く見えます。そ…

「シンプル&ベーシック」は45歳まで?大人世代コーデ【石田純子】

第3 章 私のコーディネートルール【石田純子・大人スタイルの新常識 法則17】「シンプルなコーディネートが一番」「ベーシックアイテムさえあれば大丈夫」そんな言葉をフ…

実は男ウケ最悪のジャケットって…?40代の春服3つのNG

長かった冬の寒さもひと段落し、少しだけ春の兆しが見え始めました。3月に入れば気温も上がり、いよいよ待ちに待った厚手コートいらずの季節がやってきます。そうなると、新しく購入したくなるのが薄くて軽い春アウ…

結局、40代を一番キレイに見せるデニムって? その正解はコレだ!

まだ肌寒い今の季節に活躍するのが、動きやすくてほどよく保温性もあるデニムスタイル。冬はニットにあわせて、春はブラウスやTシャツをあわせて一年通して履けるので、どの年代からも支持されている万能アイテムで…

2018年、春物を買う前にチェックして! オバさん見えする色&柄コーデ4選

暦の上ではもう立春を過ぎているのに、例年になく寒い日が続いています。もう防寒重視の冬コーデに飽き飽きしている人も多いのではないでしょうか。そんな中、やっぱり気になるのが春の新作アイテム。今季は大人にも…

男性の好き・嫌いを徹底検証! 40代女性のファッションに対する3つの本音

まだまだ寒い日が続きますが、店頭に並び始めた春服を見ながら「この春は何を着よう」とお買い物計画を立てている人も多いはず。本日はファッションについて巷で噂されている、「男性が思う女性ファッションの好き嫌…

パンツとニットなのに「若作りオバサン」に見えてる!40代の痛いコーデ

年が明けて早1ヶ月近く経ちますが、まだまだ寒い日が続いています。そうなると、やっぱり着る機会の多くなるのがニット&パンツの組み合わせ。でも、定番の着こなしの中にこそ、実は落とし穴があったりするので要注…

うわ、ダッサ!最旬アウターなのに即オバさん認定される残念着こなし4選

年が開けても、まだまだ寒い日が続きます。着こなしもつい防寒中心になってしまいがちなアラフォー世代ですが、周りから見て痛い、古い、ダサいと思われないようにしたいもの。今回は、4つのトレンドのアウターをピ…

この10着残して後は捨てて!40代のOK着回しワードローブ

冬セールもひと段落してきた1月。そろそろ断捨離も兼ねてワードローブを整理しつつ、これから始まる春アイテムの発売に備えたいところ。残り2ヶ月を乗り切るための厳選10アイテムをご紹介します! これさえあれば…

今年こそ後悔したくない!アラフォー女性が買うべきセール服8選

忙しい仕事から解放され、身も心もオフモードの年末年始。ボーナスが出て懐も暖かいので“頑張った自分へのご褒美”を免罪符に、買い物欲が高まる時期でもあります。店頭でMAX70%引きなどの表示を目にすれば、表情には…

(やっぱり微妙……)本当は男性が嫌いなトレンド小物8選【17-18年秋冬】

イベントが増える年末年始。ひとつ取り入れるだけで、いつもの冬コーデを格上げしてくれるのが最旬小物の魅力です。ファーやニットなど、冬ならではのあったか素材を使用したアイテムは、季節感を取り入れられるだけ…

イベントの季節がやってきた!今すぐ知りたい−5㎏に見える着痩せコーデ

いよいよ年末年始のイベントの時期がやってきました! 会社の飲み会や仲のいい友人たちの集まり、久しぶりの同窓会など、少しでも細くキレイに見えたいのが女心。なのに、年齢と共に体重が増えてしまったという人も…

ファッション・読み物ライター

松本小夜香

この執筆者の記事一覧

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事