そのカーデ捨てたら…?この時期に「ついやってしまう」古臭いコーデ

2021.07.21 FASHION

こんにちは! 普段はアパレル販売員をしているイラストレーターのはやまです。

薄着の季節がやってきましたが、朝晩は少し肌寒いですよね。そこで軽アウターとしてカーディガンを羽織る方が多いかと思いますが、着こなし方やアイテムの形・デザインによってダサくなってしまうことも……。

そこで今回は、この時期にしてしまう古臭いコーデ・カーディガンver.について語ります。

 

リブニットのロングカーディガンがヤバイっ!

毎年恒例といってもいいほど、よく見かけるロングカーディガンのコーデ。トレンドでもあるオーバーサイズに反したピタッとしたリブ強めのニットロングカーディガンは古臭く見えてしまいます。

 

しかも前開きで羽織っても、ピタッとしたタンクトップにワイドパンツで合わせたコーデは見飽きてしまい、トレンド感がありません。

 

今年買うなら「ガウンっぽいロングカーディガン」がおすすめ

今ならリブニットじゃないガウンっぽいロングカーディガンがオススメです。身幅はもちろん、肩幅やアームホールが広いものを選びましょう。

 

インナーはタンクトップより、オーバーショルダーのタンクトップにするとコーデに新鮮さが出ます。タンクトップだと暑くなって脱いだ時に上半身のたくましさを強調させてしまいますが、オーバーショルダーなら肩を隠せて上半身をスッキリと見せてくれます。

 

いつものシンプルコーデに、着こなし方やアイテムの選び方でググっとオシャレになります。小物にも力を入れて、他と差をつけてオシャレを楽しんでみましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
イラストレーター はやまさん

スポンサーリンク

スポンサーリンク