もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。

こうしたかかわり合いの変化とともに、私たちが従来葬儀を通して体験していた「死を受け止めるプロセス」も変化しています。

突然直面するこうした死について、住職が伝えたいことがあります。

 

自分の会社で亡くなった方がいるなら

私からのアドバイスは3つです。

 

1 会社の知り合いの死に関心を持たず、その事を避けてはいけない。

2 お別れの会を開くのに躊躇しない。

3 自分に何かできたのでは、と考えすぎてはいけない。

 

会社のように多くの人が集まっていると、悲しいことに若くても亡くなってしまう人がいます。

その原因は様々でしょうが、身近であればあるほど、そのショックは大きいものです。

そんな時に、例えば直前に気まずい対応をしてしまったような人だったら、あなたは、どうしますか?

 

その方との直前の状況はどうであれ、哀悼の意を持って、その方のことを心に留め置く必要があります。

 

ある集団の中で、自殺された方がいると、その集団で3ヶ月以内に自殺される方が出る確率は非常に高くなります。

 

それは、その2人が話したことすら殆どない場合でも起こります。

 

人の死というのはそれほど、人の心に重くのしかかるものなのですね。

 

ですから、知り合いだった場合は、なおさら亡くなった方のことを聞いてみるようにしましょう。

 

「家族葬で」と言われたらどうしたらいいか

 

最近こまるのが、家族と親類だけで葬儀を済ませます、という場合です。

 

そんな時は、友達、知り合い同士で「偲ぶ会」なり「お別れ会」なりを開きましょう。

 

大切なのは、情報の共有です。

 

「あなたは最後に、どんなことを故人と話をしたのか?」

「何に悩んでいたのか?」

「どんなことが好きだったのか?」

 

これを聞くだけでも、心が落ち着いてくると思います。知らなかった一面も見えてくることでしょう。

 

例えば、彼女の悩みに関して、多くの人が気づくことができなかったとしても、それは、あなただけではなかったと、教えてくれる様に感じるかもしれません。

 

多くの知人と話をすることで、死を受け入れられるようになるものです。

 

話をすればするほど、自分に何かできたのではないかという思いが

 

そうやって、みんなと悲しみを分かち合うと、自分の存在に意識が向く人がいると思います。

“仕事がとても辛かったなら、なぜあの時、「もうちょっと頑張ってみたら」って言っちゃったんだろう”

自分にもっと何かできたんじゃないか、もっといいアドバイスがあったんじゃないかと悩む方もいることでしょう。

 

これはすごく大事なことで、あなた1人が彼女の死に関わっているのではないと感じることが必要です。

 

その為にも、少し多めの知り合いと話をする場所を設けることは大事なのです。

 

亡くなった方が思い描く世の中は、みんなが活き活きと暮らしている世界なのではないでしょうか。

 

その為にも自責感と無力感に支配されることのないよいに、みんなで冥福を祈る場所を設けることが残された我々にできることなのです。

村社会から会社へ

 

戦後の日本は、村社会であった習慣を会社に移すことで安心を確保してきました。

年100年も農村で培われた心が、そう簡単に変わるはずがありません。ですから会社で運動会をし、冠婚葬祭も皆んなでやるという村社会を移した機能が備わっていました。

それが、現在は、そう言ったことが無くなってしまいました。

村八分というと冷たい言葉の様ですが、本来の意味は、10のうち2分は、どんなことがあっても付き合うという村の掟だったのです。

その2分が火事と葬儀でした。

これだけは、皆んなで力を合わせてやるということです。

普段付き合ってなくてもです。

それは、やはり人の死を乗り越えるのに2〜3人ではできないということなのではないでしょうか。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソ…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

こんな人とは付き合うな。住職が教える人付き合いのコツ

会社の同僚や上司はもとより、家族、友人、地域……ストレスを抱える原因は、こうした社会にあるのではなく、人間関係にあるだけかもしれません。昔から言われている「付き合…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

あなたが辛いのは「考え込む」クセのせいかも?「よい答え」の見つけ方とは

・条件を変えようと考え込む。・まわりの人を変えようと考え込む。・タイミングの良し悪しを考え込む。考え込む時は、人それぞれです。が、共通するのは、良い答えが思い浮かばない時にこそ考え込むという点です。自…

「仕事で自腹を切る」ことが悪であるこれだけの理由

若き日に会社に尽くして、地位を上り詰めた人は、危ない、という話があります。会社に入社し、自分の時間も会社に捧げて、時には自腹を切ってでも成績を上げようと必死に働く人。そのような人は、会社にとっては、大…

言わなきゃよかった。父に限って言ってしまう嫌な言葉

父の日を前に、父親とうまくいっていない人も多いと思います。そんな時に、切り替えて見ましょう。「ほっといてよ」。「いちいち話に入ってこないで」。そんな心無い言葉を浴びせて、まだ自然に話すことができない人…

酒の席で潰れないのもキャリアのうち?禅住職の知恵

新入社員も入ってきて、歓迎会などもあったことでしょう。そんな席でのふるまいが、人となりを判断するチャンスとして見られるのは常識のようです。お酒の席での失敗は、人間関係に大きな影響を与えがちですよね。で…

挨拶は出会った瞬間に決まる。禅住職が教える極意は「○○いれず」

会社で、コンビニで、廊下で、エレベーターで、路上で、駅で。知り合いを見かけたとき、この人に挨拶をしようか、それとも気づかないふりをしておこうか、迷うことってありませんか? それが、気まずい相手だったり…

話題のAI(人工知能)で失業する?そんな噂に住職が喝。

今やっている仕事がAIに取られて、海外に出稼ぎに行く日がくるのか?こんな不安を煽る投稿を  SNSなどで目にした人は多いと思います。AIなどの人工知能が、今後ますます性能がよくなったら、それを搭載した機械が増…

母の日が過ぎた。とても親孝行する気になれない極寒親子関係に住職が喝

世間には、会うたび楽しい話題で盛り上がる、友達のような親子が多いと言われます。が、その反対に、何も相談できないし、会えば喧嘩ばかりという親子も多いのではないでしょうか。人間だって生物である以上、親離れ…

お金が欲しくてたまらないなら○○する。住職が伝える禅の教え

お金が欲しくてたまらない人は、どのくらいいるでしょうか?お金が自分のものになると、好きなものを買えます。特に場所も取らないので、いくらでも欲しいと思うのが人情でしょう。結婚相手にしたって、お金を稼いで…

こういう人が狙われる。「利用されやすい人」を住職が伝授

愛着は、やましさを産み、人を滅ぼす。会社を舞台にしても、私生活を舞台にしても、利用されやすい人ってやはりいるようです。またまた、とても参考になる佐藤優氏の「交渉術」(文春文庫)を読んでいて、やはりそう…

親と友達のようになんて、とんでもない。住職が明かす親と子の関係

自分にとって一番近い関係である「両親」。でも、小さい頃から、ぶつかってばかりいて、ちっとも理解し合えない存在になってしまっている人はいませんか?たとえば、「小さい頃から、父親とは話もできず、何かあれば…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事