なぜか腕が太くなる…?「フレンチスリーブT」をやめておいたほうがいい理由とは

2021.08.09 FASHION

こんにちは!普段はアパレル販売員をしているイラストレーターのはやまです。今季はフレンチスリーブTシャツが流行のようで、いろんなブランドさんからリリースされていますね。実は私、学生の頃に剣道・弓道部に所属していたこともあり、二の腕が太く肩がガッシリで全くと言っていいほどフレンチスリーブTが似合いません。なぜ着ると太く見えるのか?気になるのか?似合わないのか?…個人的見解ではありますが、今回は二の腕が太い方・気になる方限定、フレンチスリーブTが合わない理由を語りたいと思います。

 

結論・フレンチスリーブの袖口は腕の一番太いところにあるからです。

上の人体のイラストをご覧ください。腕の中で一番太い箇所は赤線の所です。フレンチスリーブは一番腕が太いところに袖口があること、袖口が直線であることで どうしても人の視線がそこへいってしまうからです。

脚も同じことが言えます。ショートパンツを履いてみると、一番太い太股に裾があるのと、膝近くに裾があるのを比べてみてください。きっと膝あたりに裾があった方が細く見え、気にならないはずです。

 

フレンチスリーブとオーバーショルダーを比べてみよう

「フレンチスリーブ」と「オーバーショルダー」を比べてみましょう。一瞬オーバーショルダーの方が腕が丸々露出していて目立つのでは?と思いますが、実は腕がシュッとスッキリ見えるのです。

 

その理由は袖口と二の腕のラインが並行だからです。上のイラスト・左側を見て一目瞭然ですが、フレンチスリーブの袖口と二の腕が並行ではない為ラインの流れがチグハグで、腕のムッツリ感が出やすいのです。

 

袖が曲線的で、袖口が広いTシャツなら大丈夫!

袖口が曲線的なフレアスリーブや、オーバーサイズTシャツの袖をロールアップして袖口を広くして、あえて二の腕を見せるのもアリです。上のイラストのように、ウエストインして着た方が上半身がコンパクトになり、スタイルアップにもなります。

 

フレンチスリーブは肩の切り替えがないので腕が長く見える効果もありますが、二の腕が太い・気になって仕方ない人にはオススメできないアイテムです。個人的見解ですが、参考になれば幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
イラストレーター はやまさん

スポンサーリンク

スポンサーリンク