キャサリン妃が「ビデオ会議でもエレガント」な理由って?3つの決め手とは

2021.08.10 FASHION

世界中の人々を魅了してやまないキャサリン妃のファッション。トレンドのアイテムも流行り廃りのないデザインも、そしてプチプラからハイブランドまで、いつでもエレガントに着こなす様はぜひお手本にしたい!今回は、ビデオ通話で見せたキャサリン妃のブラウススタイルをご紹介します!気になるブランドもチェックしちゃいましょう!

 

ビッグカラーの着こなしは「とろみ素材」がポイント

昨年11月、戦没者追悼ウィークに合わせ、戦争で亡くなった英国軍人の家族とビデオ通話をされたキャサリン妃。

この日、キャサリン妃がお召しになったのは、アイボリーのサテン生地に黒の襟がついたブラウス。

ボトムスは黒のパンツでモノトーンコーデ。耳元にはパールのイヤリングでクラシカルな装いです。

とはいえ、クラシカルな中にもさりげなくトレンドを取り入れ、どこかモードな雰囲気も。

注目すべきはブラウスの大きめの襟。この写真は昨年のものですが、襟コンシャスなブラウスはこの秋も引き続きトレンドです。

ビッグカラーは子供っぽくなりがちですが、モノトーンのシンプルなパンツスタイルで見事にエレガントに着こなしていますね。

襟のスカラップや袖にたっぷり入ったギャザーなどのガーリーなディティールも、計算された甘辛ミックスで大人のフェミニンに!

襟には追悼のシンボルである赤いポピーがあしらわれ、アクセントに。花びらと襟のスカラップがマッチしていますね。

こちらのブラウスは、「ゴースト・ロンドン(GHOST LONDON)」のもの。「ゴースト・ロンドン」は大人可愛いブラウスやワンピースが揃っているキャサリン妃の愛用ブランドです。

しかもブラウスは39ポンド(日本円で6,000円弱)から買えるのも魅力!キャサリン妃が着用されたこのブラウスも79ポンド(約1,2000円)。

日本には未上陸ですが、公式サイトやインスタグラムを見ているだけでも、思わず「可愛い~」とため息が出てきそう。ぜひチェックしてみて!

 

ボウタイブラウスの甘さは鮮やかなパープルで引き締めてビデオ映え!

こちらも昨年11月の投稿。キャサリン妃が立ち上げた、幼児期の発達についての全国調査「5歳以下の子供に関する5つの質問」。この調査の結果をビデオメッセージで発表されました。

この投稿はその翌日にシェアされた、一般の人からの質問に答えるQ&Aセッションの様子。

「幼児のかんしゃくにはどう対処していますか?」という質問には「私も専門家に聞きたい」と冗談交じりに笑顔で回答するキャサリン妃がチャーミング!

この日お召しになったのは、パープルのボウタイブラウスです。ボウタイブラウスといえば、キャサリン妃の鉄板アイテム!

大きめのリボンが顔周りを華やかに見せ、且つ上品な印象を与えるボウタイブラウスは、ビデオ通話やリモート会議にもぴったりです。

キャサリン妃が着用されているブラウスはグッチのものですが、そこまでハイブランドでなくとも、一着は持っておきたいアイテムですよね。

キャサリン妃のように鮮やかなカラーを選べば、リボンの甘さを抑えてエレガントに。

ちなみに、こちらのブラウスは2019年3月にもお召しになっていた着回しアイテム。

3月も11月も同じアイテムを着回せるのはさすが!カラーによっては、季節限定でしか着られない場合もありますよね。

パステルにもダークにも転ばず、季節を問わず着られるカラー選びは勉強になります!

 

何年も着回せるタイムレスなシャツもドット×とろみでフェミニン要素は欠かさない!

今年3月、メンタルヘルスのサポートサービス「シャウト85258」を利用した少年の家族とビデオ通話した際の投稿。

「シャウト85258」は、テキストメッセージによる悩み相談を24時間無料で受け付けるサービスです。

自死を考えていた少年が「シャウト85258」に助けを求め、ボランティアスタッフとのチャットによって思いとどまりました。

ウィリアム王子とキャサリン妃は真剣な面持ちで、少年の両親とビデオを通じてお話をされています。

この日、キャサリン妃がお召しになったのは黒地に白のドット柄シャツ。

胸ポケット付きのシンプルなデザインですが、とろみのあるシルク素材が女性らしくエレガント。

パリ発のシャツブランド「エキップモン(EQUIPMENT)」のもので、実はこのブラウス、キャサリン妃が何年も着回しされているお気に入り中のお気に入り。

「エキップモン(EQUIPMENT)」は洗練されたフレンチシックなとろみシャツの宝庫!

もちろん。キャサリン妃のようなドット柄シャツも販売しているので、ぜひ公式サイトをチェックしてみて。

お値段は2万円~4万円台のものが多く、少しお高めですが、1,6500円以上の購入で日本への送料無料です。

キャサリン妃のように何年も大切に着回せば、決して高くないかもしれませんね。

そして、耳元で光るイヤリングは、プチプラなアクセサリーブランド「アクセサライズ」のもので、なんと5ポンド(約750円)!

上質なシャツと上手に組み合わせて、プチプラなアクセサリーも高見えさせてしまうなんて、さすがですね!

■【編集部より】
あなたの「お家費」って、手取りの30%に収まっていますか?

>>>アンケート回答はこちらから

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
ヘルスケアライター 青柳彩子

スポンサーリンク

スポンサーリンク