夏に大量発生!40代が「オバサンぽく見える」夏のNGヘアアレンジ3選

2021.08.11 BEAUTY

夏は、ダウンスタイルよりもアレンジした髪型のほうが、スッキリとした印象に。

しかし他方で、せっかくのヘアアレンジが「イメチェン失敗」になってしまっている40代女性もチラホラです。

 

40代の失敗ヘアアレンジ1:前髪ポンパドールでまさかの老け見え

 

「この前、職場の先輩が、前髪をポンパドールにして出社してきたのですが…。

アレンジ自体はかわいかったし、涼しげでいいなって思ったんですけど、ふだんは前髪を下ろしているから気づかなかったけど、生え際近くに白髪になりかけの毛がいくつかあって…。

しかも、前髪をアップにしたせいか、今まで気にならなかったおでこの広さも妙に目立っていて、いつもより老けて見える気がしました。

本人には言えなかったけど、前髪は下ろしていたほうが素敵だなって思っちゃいました」(40歳女性/メーカー)

 

前髪をふわりと留めるポンパドールスタイルは、40代でも取り入れやすいアレンジ。

しかしおでこが目立つので、面長フェイスだと縦のラインが強調され、ちょっと老けた印象を招きやすいのも確かです。

面長女性がポンパドールにする場合には、前髪部分を横に潰したような留めると、縦のラインを強調しすぎずに済むコツに。

出典>>夏に大量発生!40代が「オバサンぽく見える」夏のNGヘアアレンジ

 

40代の失敗ヘアアレンジ2:薄すぎる前髪で老け見え

前髪は、薄すぎても厚すぎても、不恰好になるパーツ。

私がヒアリングした男性たちからは「前髪を下ろしているのに、おでこがやけに広く見えると、年齢を感じる」(43歳男性)、「薄い前髪は40代の女性を、老けて見せると思う。髪が寂しく見える」(39歳男性)などの声が聞こえてきました。

薄めバングスは清潔感のあるスタイルではあるけれど、40代女性にとっては、想定外の薄毛感を出しかねない紙一重なスタイリングです。

夏でも前髪をおろす際には、やや厚めに仕上げ、おでこの面積も考慮したほうが、加齢を感じさせないヘアに仕上がるのは間違いありません。

出典>>「彼女がやけに老けて見える」と男が思った40代のNGヘア

 

40代の失敗ヘアアレンジ3:パリッとまとめたお団子ヘアでTHE・お局

 

「ロングヘアの同僚が、たまにバレリーナみたいなお団子スタイルで出社してきます。

ご本人としては多分、涼しげな夏アレンジのつもりなのかもしれないのですが、メイクが濃いめなせいもあってか、側で見ているとTHE・お局ヘアにしか見えません。

変な意味で貫禄が出てしまい、近寄りがたい感じになっているんですよね。

でも、ご本人はけっこう気に入っているようで、夏になるとその髪型の頻度が増しています。

この前、同期の男性がその女性のことを『最近、怖さが増した』なんて話していましたが、私としては、髪型のせいもあるんじゃないかなって気がします」(40歳女性/不動産)

 

すっきりとまとめたお団子スタイルは、オフィスにもしていきやすい定番アレンジ。

しかし40代がきちんとまとめすぎてしまうと、貫禄が出てしまい、怖いイメージが強まるのも否めません。

後れ毛を出しまくるのも生活感が出るリスクがありますが、きっちりとまとめすぎるのも残念のもと。

どこまで許されるかは職場の雰囲気にもよるとは思いますが、後頭部の髪を少しだけ引き出したり、毛先をゆるっと出してみたりと、ほんの少しの遊び心を取り入れると、オバ見えを回避しやすくなります。

出典>>夏に大量発生!40代が「オバサンぽく見える」夏のNGヘアアレンジ

 

涼しさを演出しようと張り切ったアレンジで「かえってオバ見え」なんて事態になるのは、ガッカリすぎます。

年齢を悪い意味で強調しがちなスタイルは、適度な遊び心で、脱・オバ見えを狙っていきましょう。

 

     

【大募集!】ただいま「オトナサローネ編集会議」の参加者を大募集中!

締め切りは2021年10月1日(金)まで。参加者にはAmazonギフト券1000円分を進呈。詳しくはコチラから!!

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク