「やえい」ではありません。「弥栄」の読み方、知っていますか?

2021.08.20 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「弥栄」です。

「弥栄」の読み方は?

「弥生」などに用いられる「弥」と「繁栄(はんえい)」「栄光(えいこう)」などに用いられる「栄」で成り立つ「弥栄」。地名の場合には「やえい」や「やさかえ」「やさか」「いやさかえ」と読むことができますが、お祝いの場などで用いられることが多い、ひらがな4文字で表すことができる読みがあります。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「いやさか」です。

一度は耳にしたことがあると思うのですが、その意味について問われると戸惑ってしまう人も少なくないはず。

「弥栄」は

[名]ますます栄えること。
[感]繁栄を祈って叫ぶ声。ばんざい。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。例文には「御両家の弥栄を祈って乾杯」などが挙げられます。

「弥」にはさまざまな読みがあります。大半は常用漢字表外の読みなのですが、聞いたことがある読みも多々あるかと思います。

  • 音読み(常用漢字表外)ビ・ミ
  • 訓読み や(常用漢字表外)あまね(し)・ひさ(しい)・わた(る)・つく(ろう)・いよいよ・いや

では「弥(弥弥)」「弥終」はなんと読むでしょうか。

それぞれ

  • 弥(弥弥) ますます。いちだんと。
  • 弥終 いちばんあと。最後。最終。

を意味します。

「弥(弥弥)」はなんと読めばよいか戸惑ってしまう漢字ですが、一般的にはひらがなで表され、日常でもよく見かける表現です。

正解は……

  • いよいよ
  • いやはて

です。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

     

【大募集!】ただいま「オトナサローネ編集会議」の参加者を大募集中!

締め切りは2021年10月1日(金)まで。参加者にはAmazonギフト券1000円分を進呈。詳しくはコチラから!!

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク