咄嗟の一言でお育ちがバレます。NG敬語・言葉遣い5選

2021.11.06 WORK

自分では気がつかず、無意識にしてしまっている言葉遣いがあります。特に、日本には敬語の文化があるので、社会人の言葉として正しい敬語が使えることは大切です。(一社)日本プロトコール&マナーズ協会・アカデミーの生徒さんがよく迷われる言葉遣いについて、本日はNGベスト5を主任講師の松田玲子先生に挙げていただきました。

【連載/気品を身につけるシンプルな教え#20/言葉遣い編】

 

連載一覧

 

(一社)日本プロトコール&マナーズ協会

 

言葉遣いNGその1

◆「嬉しいです」は、NG!

「嬉しい」のように「い」で終わる形容詞に、そのまま「です」を付けて「嬉しいです」と話している方が多くいます。
しかし、本来は間違いです。形容詞を丁寧語に変える際には、「嬉しく思います」のように動詞を続けます。

 

いくつか例を挙げますので、使ってみてくださいね。
・「嬉しい」→「嬉しく思います」

・「嬉しかった」→「嬉しく思いました」

・「嬉しくない」→「嬉しくありません」

・「嬉しくなかった」→「嬉しくありませんでした」 

言葉遣いNGその2

◆食事を促す際に時折使われる「どうぞいただいてください」もNG!!

食事をする際によくあるシーンです。友達同士なら、「どうぞ食べて~」と気軽に言えるかもしれませんが、社会人の女性でしたら、敬語が使えないといけません。しかし、とっさだと、「お食べになってください」などと言う方がいますがこれもNGです。

「食べる」にはさまざまな敬語表現があり、状況に応じて正しい言葉を選択する必要があります。「食べる」の尊敬語は数種類ありますが、敬意を示すランクがあります。「食べられる」よりも丁寧なのが「お食べになる」で、さらに丁寧な言葉が「召し上がる」です。
ぜひ、食事を促す際には「どうぞお召し上がりください」と伝えましょう。

 

言葉遣いNGその3

◆ビジネスでも良く使われる「お世話さまです」もNG!!

目上の相手に対して、「お世話さまです」という挨拶はふさわしくありません。なぜならば、お世話になったお相手なので感謝の意を表す言葉ではありますが、敬意は軽いため失礼になります。特に、お相手が上司や取引先など目上の場合は、「お世話になっております」と言いましょう。

 

言葉遣いNGその4

◆「くださる」と「いただく」の違いは要注意!

「本日はお越しくださいまして・・・・・・」
「本日はお越しいただきまして・・・・・・」

こ2つの敬語表現にはどのような違いがあるかご存じですか?
生徒さんが迷われる言葉遣いで最も多い表現です。

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク