着道楽スタイリストがわざわざ買うユニクロと納得の5理由

2021.11.16 FASHION

突然ですが、ちょっとお高いニットだったのに洗濯で縮ませてしまったことありませんか? 私はあります。検索でヒットした方法を試すも復活せず、ワンシーズンも着られなかったあの悲しみと言ったら!「さようなら、ちょっとお高いニット」。

 

今回のテーマはユニクロのお洋服です。

 

何が素晴らしいかというと、ほとんどのものがおうちで洗えること。ユニクロのお洋服って、縫製がしっかりしていて、色移りしない、お洗濯に強いという印象がありませんか?だからデイリーについ手が伸びるし、長く着られるのがユニクロのお洋服なのです!

 

【「服はあるのに似合う服がない」おしゃれ迷子症候群のあなたへ#4】

連載一覧

 

前回「去年の冬はユニクロのお洋服ばかり着ていた」と書いたら、ありがたいことに「どんなユニクロ着てますか?」と質問をいただきました。今回は「わたしのユニクロ」について書きたいと思います。

 

自分のサイズをひとつに決めない

ユニクロのもうひとつの魅力はサイズ展開。これを活用しない手はありません。

 

モデルさんがミディ丈で着ているワンピースもロングで着たかったらXLサイズ、お尻が隠れる着丈が欲しいシャツならLサイズを選びます。

 

もちろん身幅も大事なのでお店で試着するのが確実ですが、オンラインにもきちんとサイズが載っています。持っている服と比較するとだいたいの丈がわかります。

 

身長149㎝の私はXSサイズ相当ですが、持っているのはXS~3XLとアイテムによって違います。

 

トップスやアウターはメンズもチェック

メンズ商品のほうがシルエットが直線的でトラッドな雰囲気。色展開も好みなものが多いのでよくチェックします。今は女性でメンズを着る方も増えましたが、それでも人とあまりかぶらないように思います。モデルさんとは全然違う雰囲気になって、自分のものにした感があって好きなのです。

 

写真は先週末キャンプに行ったときのもの。トップスはメンズのフリースプルオーバー(一昨年購入)、パンツはヒートテックウルトラストレッチハイライズジーンズです。

 

メンズのフリースは中に厚着でき、お尻まで温かいのでキャンプにぴったり。寝るときはハイライズジーンズからラクなKIDSボアスウェットパンツ(160cmサイズ)に着替えます。

 

好きなものは2色買い

いいなと思ったものを2色買いできてしまう価格もユニクロの魅力です。

 

おうち時間によく着るのはこの4着。パーカーは一昨年、ニットは去年購入したもの。どちらもメンズ商品です。

 

コラボものは祭りです

ヒートテックコットンクルーネックT(長袖)1,500円(税込)/UNIQLO

この秋冬もデザイナー ジル・サンダーとのコラボレーション、+Jが話題ですね!オトナサローネの記事にもUPされていました。やっぱりコラボものはテンションがあがります。コラボ=祭りです。血が騒ぐ……!

 

私が持っているのはUniqlo Uが多いです。Uniqlo UのヒートテックコットンクルーネックT(長袖)は去年ホワイトのLサイズとナチュラルのSサイズを買って大活躍でした。今年はホワイトのMサイズを買い足しました。ぱっと見は普通のロンTなのに温かいのが好き。1枚でも着られ、レイヤードにも便利です。

 

あなたのユニクロはどうですか?

さて、あなたのユニクロはどうでしょうか?

□ガシガシ着られてお手入れしやすい

□自分のサイズをひとつに決めない

□メンズもチェック!

□好きなものは2色買い

□コラボという名の祭りを楽しむ

 

サイズや性別に囚われず、自由に自分に合うものを探す宝探し。一緒にいかがですか?

 

写真提供/UNIQLO

※クレジット表記のない商品は本人私物です。

 

 

関連記事

>>買うべき服がわからないなら「靴」を見直そう。おすすめはぺたんこじゃなく…/現役スタイリスト指南

>>【なで肩・いかり肩・ぽっちゃり・小胸】おしゃれ迷子が「ニットベスト」を買うべき3つの理由/現役スタイリスト指南

>>【服の断捨離】着道楽スタイリストが指南「捨てる/残す」が一目瞭然3つの唱え言葉

 

【監修】

大日方理子/おびなたりこ

1979年生まれ。お茶の水女子大学卒。女性誌やテレビでスタイリストを務める。きれいめからカジュアルまで、今の気分を取り入れたスタイリングが得意。身長149cm。小学生の女の子がいる1児の母でもある。

続きを読む

     

【無料体感セミナー12月23日・24日開催】サンプルつき!自宅で高機能エイジングケアライン「ベネフィーク リュクス」が試せる

詳しくはコチラ から

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
スタイリスト 大日方理子

スポンサーリンク

スポンサーリンク