40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

2017.03.12 FASHION

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりするのだとか。それはアラフォー世代にからは少しずつ体型や肉のつき方、肌質や肌のトーンなどが変わってくるからかもしれません。

そんなときに陥りやすいのが「シンプル&ベーシックという病」。オシャレ迷子になったから、とりあえずシンプル&ベーシックなものを着ておけばまぁいいか、と。

40代は「オシャレ迷子」になって「シンプル&ベーシックという病」に陥る。実は、私もそうでした。

 

あなたも「シンプル&ベーシックという病」?

以下の項目に何個当てはまるか、さっそくチェックしてみましょう。

□全国にあるファストファッション、衣料量販店のものがクローゼットの8割

□黒、白、紺、グレー、ベージュの服がほとんど

□それ以外のカラーも、カーキ、ブラウン、水色くらい

□柄物をほとんど持っていない。持っていてもシンプルなストライプやチェック

□ロゴものを持っていない

□デザインもいたってベーシック。変わった形のものはない。

□インパクトのある色やデザインの小物もほとんど持っていない。

みなさん、いくつ当てはまったでしょうか? 4つ以上当てはまるかたは「シンプル&ベーシックという病」かもしれません。

 

言い換えれば、無難&量産型

昔からシンプル&ベーシックなスタイルがずっと好きで、敢えて選んでいる人もいるでしょう。でも「オシャレ迷子」になったから、もしくはいまのトレンドが全体的にシンプル&ベーシックだから、現在はシンプル&ベーシックになっているという人も少なくないと思います。

私はまさに「オシャレ迷子」「トレンドに流されて」でそうなったタイプ。

当てはまる項目が5つあり、ロゴものと小物の項目だけ該当しないくらい。でも、その2項目と毎日使用するわけではないので、ほぼ「シンプル&ベーシックな病」的な日々を過ごしていました。

しかし、シンプル&ベーシックといえば聞こえがいいけれど、言い換えれば「無難」であり「量産型」。そして「カブりがち」。

もちろんそれはそれでダメなわけではないのですが、一度しかない人生、無難な服だけを着ていてるのは、自分にとってどうなのかな……と。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク