40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

スポンサーリンク

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体型や肉のつき方、肌質や肌のトーンなどが変わってくるからだろう。

そんなときに陥りやすいのが「シンプル&ベーシックという病」。オシャレ迷子になったから、とりあえずシンプル&ベーシックなものを着ておけばまぁいいか、と。

40代は「オシャレ迷子」になって「シンプル&ベーシックという病」に陥る。実は、私もそうだった。

 

あなたも「シンプル&ベーシックという病」?

以下の項目に何個当てはまるか、さっそくチェックしてみよう。

□全国にあるファストファッション、衣料量販店のものがクローゼットの8割

□黒、白、紺、グレー、ベージュの服がほとんど

□それ以外のカラーも、カーキ、ブラウン、水色くらい

□柄物をほとんど持っていない。持っていてもシンプルなストライプやチェック

□ロゴものを持っていない

□デザインもいたってベーシック。変わった形のものはない。

□インパクトのある色やデザインの小物もほとんど持っていない。

みなさん、いくつ当てはまっただろうか? 4つ以上当てはまるかたは「シンプル&ベーシックという病」かもしれない。

 

言い換えれば、無難&量産型

昔からシンプル&ベーシックなスタイルがずっと好きで、敢えて選んでいる人もいるかもしれない。でも「おしゃれ迷子」になったから、もしくはいまのトレンドが全体的にシンプル&ベーシックだから、現在はシンプル&ベーシックになっているという人も少なくないだろう。

私はまさに「おしゃれ迷子」「トレンドに流されて」でそうなったタイプ。

当てはまる項目が5つあり、ロゴものと小物の項目だけ該当しないくらいだった。だが、その2項目と毎日使用するわけではないので、ほぼ「シンプル&ベーシックな病」的な日々を過ごしていた。

しかし、シンプル&ベーシックといえば聞こえがいいけれど、言い換えれば「無難」であり「量産型」。そして「カブりがち」。もちろんそれはそれでダメなわけではないけれど、一度しかない人生、無難な服だけを着ていてるのは、自分にとってどうなのだろうか……と。

 

43歳、断捨離したら無難になった

とはいえ、42歳までは「オシャレ迷子」ではなかった。ギャル雑誌の編集長だったこともあり、ギャル系ブランド、ギャルから派生したオトナブランドとファストファッションをMIXしたナゾの「自分らしさ」を確立していたと思う。同世代からは明らかに浮いたオシャレだったと思うが、自分自身は迷っていなかった。

オシャレ迷子になったのは、ギャル雑誌を離れた43歳のとき。持っていたギャル系ブランドの服を断捨離したら、ファストファッションくらいしか残らなかった。よくいえばシンプルなんだけれど、正直にいって「無難」なファッションだった。

 

40代ファッション誌を見てみたけれど

ギャル誌の担当でもなくなったので、これを機に40代らしい服を着てみようと思った。さて、40代のファッションは何を基準にしたらいいのか? 元々ファッション誌で育った人間なので、とりあえず40代に向けたファッション誌をいろいろ見てみた。けれど、なんかしっくり来なかった。

□そんなにエレガントじゃない

□そんなにキャリアじゃない

□そんなにフェミニンじゃない

□そんなに大人可愛いでもない

□そんなにナチュラルじゃない

□そんなにほっこりじゃない

□そんなにハイブランドも買えない

 

加えて、「子供と一緒に」「ママ友と」「旦那さんとの」だったり、「プレゼンのとき」「会食では」「自分磨きに」という文字が誌面に躍っていると、40代・独身・子なし・バリキャリってわけでもない私向けのファッション誌ではないな……と感じてしまった。

参考になるファッション誌がない。かといって、ファストファッションだけのオシャレには飽き始めていた。

 

着たいおしゃれのキーワードって何だろう

40代の自分にとって着ていて「心地いい・しっくりくる」けど「楽しい・テンション高まる」ファッションってなんだろう? 自分なりにキーワードを出してみた。

1.ベースはやっぱりシンプル

2.大人カジュアル

3.辛めが好き

4.ちょっとモードめ

5.ちょっと遊びゴコロが欲しい

この5つのキーワードが、いまの自分には心地よくて、楽しめるファッションだと感じた。フェミニン、エレガント、ほっこりとかは違うな、と。

 

病を克服する「出会い」は偶然にやってきた

そんなとき「コレだ!」と思うブランドに、出会ってしまった。

出会った場所は、台湾。夏休みのひとり旅で台北の街をプラプラしているとき、偶然に出会ってしまった。

そこで買ったのがこの服。カラーはモノトーンで、大人カジュアル。でもこの遊び心のある柄、攻めてる! ウィンドーに飾ってあったコーディネートにひと目惚れしてしまった。

 

シンプル&ベーシック病を克服する方法

台湾でこのブランドに出会ってから、「オシャレ迷子」「シンプル&ベーシックという病」から解き放たれた。シンプル&ベーシックな服だけを着ていたとき感じられなかった、テンションが高まる服に出会えた。

もちろん、今もファストファッションの服も着ている。日によっては、テンションが高まる服を身に着けていないこともあるので、相変わらずシンプル&ベーシック病なコーデなときもある。

でも、いまの自分なりのキーワードをあげ、その後テンションが高まる服に出会えたことで、もう迷わなくなった。

 

「オシャレ迷子」「シンプル&ベーシックという病」になっている40代女性にやってみて欲しいこと。

まずは、「自分が心地いい+テンションが高まる」キーワードをあげてみよう。40代らしいとか、40代のファッション誌の流行がどんなものとか、同世代がどういう服を着ているかは考えずに。他人の目は気にしない。自分の人生なのだから、着たい服を着よう。体と心が心地いい服を着よう。

そして、あえていつもは行かない場所、行かないお店に足を運んでみてほしい。それは海外というわけではなくて、ちょっと違う街、たまたま通りかかった場所で店をのぞくだけでいい。最初は出会えなくても、繰り返しているうちに見つかるはず。そこに、迷子を脱出、病を克服する新たな“出会い”があるのではと思う。

 

OTONA SALONE編集長・婚活コラムニスト

浅見悦子

この執筆者の記事一覧

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

浅見悦子の最新記事

FASHIONに関する最新記事