40代女性が結婚に至るには? 秘伝のセオリー

2021.12.22 LOVE

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

2016年12月に配信され、大きな反響を頂いた連載をリバイバル配信!

このシリーズの一覧

 

前回はアラフォー女性が出会うべき「場」とお奨めのコミュニティについて書きました。
コミュニティに入ったはいいけど、そこからどうやったら出会って結婚までいけるの?という疑問が出てきます。
今回は40代バツイチ男が分析した「アラフォー女性が出会いからおつきあい、そして結婚に至るまでのセオリー」をご紹介します。

 

1.良い人を見つけるために、とりあえず2人で会ってみる

結婚の前にはおつきあいが必要、おつきあいの前には出会いの場が必要、ということで2度の関門があります。

このうち出会いの場については前回書いたとおりで、今以上にネットワークを広げるために新しいコミュニティをさがすことをお奨めしています。

 

出会いの場を確保したら次にどうするか?

私はコミュニティの中でちょっとでも気になった男性と「とりあえず会ってみる」数を増やすことをお奨めしています。

 

  • とにかく2人で会ってみる
  • なんか違うなと思ったら「はい次!」と割り切る
  • 打席に立ち続けて一本当たればよし、大事なのは打率じゃない

 

くらいの気持ちでどんどん進めたほうがいいと思っています。

いきなり2人で会うのはリスク高いと思うかもしれませんが、そこはコミュニティで出会った人なら周りから評判を聞いて事前情報を得ることができます。
出会い系アプリなら事前にメッセージのやり取りで事前情報を仕入れるとよいと思います。
相手もある程度本気であれば面倒がらずにメッセージを継続してくれるはずです。

 

何人にも会っていくと自分が大切にしたいことが明確になり、相手に求めたいポイントと自分がゆずれないポイントがわかってきます。

結果、男性を選ぶポイントが研ぎすまされていきます。

 

 

2.好きなもの、苦手なものの共通項をさがそう

次に一度会ってみたあと、「ちょっといいかな」と思った人とおつきあいに到達する可能性を上げるためにはどうするか。

私のなかではこんなカタチで分解できるかなと思っています。

 

合うポイント探し × デートの数 = おつきあいの可能性up

 

合うポイントがあればあるほど望ましい。
好きなものが合うのも大事だけど、それ以上に苦手なものが一致すると、価値観が近いような気がします
一緒に暮らすうえで大事なポイントだと思っています。

 

たとえば私の場合、ペットは苦手・お酒はほとんど飲めません。

ペット好きの方と一緒に暮らしたら「飼いたい」「嫌です」の応酬でストレスになることは明白でした。

またお酒に関してですが、お酒の好きな女性と一緒に飲むとその場は楽しいのですが、帰宅してから体調悪化ということを繰り返していました。
こちらが飲めないのに合わせてもらうのは申し訳ないので楽しく飲んでもらいたい、一方こちらが合わせると自分の体調が崩れる。
でも相手が飲むのに自分が飲まないのは同じ土俵に上がっていない気分でテンションが合わせられないジレンマ。

お酒の好きな女性は必ず「飲めないなら無理に飲まなくていいよ」と言ってくれるのですが、それも逆にストレス源になっていることにあるとき気づきました。

ならば最初から飲めない者同士でソフトドリンクを飲んでいれば良いと。

 

結果、ペット好き・お酒が好きな人はやめようと決めたのでした。

現在の妻とはペットNG・お酒は飲めないということを早い段階で確認しました。

次ページ>>これが合わないと絶対ムリ! 4つの「ゆずれないポイント」チェックを忘れずに

<<前の話

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク