更年期のせい?「やる気が出なくて汚部屋主に」50代女性の誤算とは

「最近、何もやる気が起きない」「なんだか無気力で意欲がない」など、40~50代になり、こんな悩みはありませんか?

 

日本の女性は平均的に50歳頃に閉経を迎えることが多く、閉経を挟んだ前後5年間は「更年期」と呼ばれています。

この時期は、ホルモンバランスの影響で、からだや心のさまざまな不調に悩む女性が多いようです。

 

更年期女性のお悩みのひとつに「やる気が出ない」ことがあります。

今回は、更年期の意欲低下の改善法について「あんしん漢方」の薬剤師、清水みゆきさんに教えてもらいました。

 

意欲低下で何もしたくない、楽しめない

保険外交員の千賀子さん(51歳)は、50歳を過ぎた頃から何事にもやる気が起きないと悩んでいました。

 

「ここ数年、体調がいまひとつで精神的にも不安定です。エリアマネージャーとしてもっと頑張らねばと思いつつ、最近は、何事にもやる気が出ず無気力状態です」

 

シングルマザーで1人の娘を育てた千賀子さん。これまで仕事で手を抜くこともなかったそうです。

 

「ある日突然というわけではなく、だんだんと意欲がなくなり、何をするにも面倒に感じるようになりました。仕事だけでなく家事も適当で……料理をする気も起きず、家の中は散らかり放題です」

 

趣味で通っていたヨガ教室も楽しめず億劫になって辞めてしまい、人との交流も減ってひとりで孤独に過ごす時間が多くなってしまいました。

 

「お母さんどうしたの?」母の生活ぶりに娘が異変を感じ……

遠方で働く娘さんは帰省した時、千賀子さんの様子や家の中を見て、異変に気づいたそうです。

 

「お母さんどうしちゃったの!?」

 

驚く娘さんに、千賀子さんは最近の自分のつらい状態を話してみました。

 

「それって更年期じゃない? わたしの職場でも、50代の女性はみんな更年期でいろいろつらいって話しているよ」

 

更年期といえば、ホットフラッシュや動悸などの症状を連想していたという千賀子さん。

 

「まさか、やる気が出ない、無気力といった自分の症状が更年期のせいだとは予想だにしておらず……驚きました」

 

娘さんの強いすすめもあり、千賀子さんは一度病院を受診してみることにしました。

 

更年期ってホットフラッシュのことだと思っていた。知識不足の誤算

千賀子さんは地域で評判の心療内科を受診し、最近、無気力でやる気が起きず、仕事や生活に支障が出ていることなどを相談してみました。

 

「更年期は、女性ホルモンの乱れで心身に不調が出やすい時期です。さらに、社会的な立場や環境も変化する時期なので、あなたのように意欲の低下など精神的な不調がでる人も多いですよ」

 

こう医師に言われて漢方薬が処方されました。

処方された漢方薬は、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

柴胡加竜骨牡蛎湯は、気の巡りを改善してからだにこもった熱を冷まし、意欲の低下や気うつの改善が期待できる漢方薬です。

 

「先生に話を聞いてもらって、『自分は怠けている、情けない』という自責の念が軽くなりました。漢方薬を飲み始めて、さらに気持ちも前向きになり、意欲的になってきました」

 

もっと早く相談すればよかったと笑う千賀子さん。今では仕事に趣味に楽しい毎日を過ごしているそうです。

 

やる気が出ないと悩んでいるなら漢方薬を試してみて!

「気のせいだろう」

「そのうち改善するだろう」

 

そう軽く思いがちですが、やる気が出ない状態をそのままにしておくと、仕事や日常生活に大きな支障がでるかもしれません。

日本産婦人科学会では、更年期の「やる気が出ない、意欲の低下」などの薬物治療にはホルモン補充療法、向精神薬と漢方薬の3つを推奨しています。

 

医薬品として効果を認められている漢方薬は、不調の改善と根本的な体質改善を目的としています。

そのため、心とからだのバランスの乱れを整え、やる気が出ないこと以外にも、疲れやすい、イライラ、感情の抑うつなどいくつもの症状を同時に改善させることが可能です。

自然の生薬で作られた漢方薬は毎日のむだけで、からだにやさしく作用し、理想的な健康を目指すことができます。

 

<更年期でやる気が出ないと悩む女性におすすめの漢方薬>

  • 加味逍遙散(かみしょうようさん):ホットフラッシュやイライラも気になる方に。
  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう):疲れやすい、寝汗も気になる方に。
  • 加味帰脾湯(かみきひとう):貧血や不眠も気になる方に。

 

漢方薬を選ぶ際の重要なポイントは、その人の状態や体質に合っているか、という点です。

うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に向いているのかを見極めるためには、専門家に力を借りるのがおすすめです。

 

漢方に詳しい薬剤師がAIを活用し、お手頃価格で、個人に効く漢方を見極めて自宅に郵送してくれる「あんしん漢方(オンライン個別相談)」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

相談もスマホで完結しますので、対面では相談しにくい悩みも気軽に相談できます。

●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

 

更年期のやる気が出ない悩みから抜け出そう!

「何もやる気が起きない」のは、更年期が原因かもしれません。

ひとりで悩まずに専門家に相談してみませんか?

漢方薬で心とからだのバランスを整えて、更年期も笑顔で過ごしていきましょう。

 

<この記事を書いた人>

あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師 清水みゆき

漢方薬・生薬認定薬剤師  JAMHA認定ハーバルセラピスト
製薬企業の研究所勤務を経て、漢方調剤薬局に8年間勤務。漢方薬の服薬指導、食事や養生法での健康づくりのサポート、ハーブティーやアロマの相談販売に従事。
現在も漢方調剤薬局で薬剤師として働きながら、「ママのためのやさしい漢方」のサイト運営や漢方やハーブの通信講座やセミナー講師としても活動中です。

●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

●漢方女子:https://www.facebook.com/kampojoshi/

続きを読む

       

■ご周囲に、男性更年期の経験者はいらっしゃいませんか?■
アンケートにご協力ください。コチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク