【リアル男性心理】このメッセージは脈あり? 女性にLINEを送るときの男の本音、教えます

2021.12.30 LOVE

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

2016年12月に配信され、大きな反響を頂いた連載をリバイバル配信!

このシリーズの一覧

 

男性が「この女性いいな」と思ったときにどんなことを考えたり行動したりするのか。男性のこの行動ってどういう意味があるの?これって私は恋愛圏内のサインなの?それとも圏外なの?といった男性心理・男の本音について考えてみるシリーズ。今回は連絡先を交換した後の対応編です。

 

会った当日のうちにメッセすべしと思っている

男性の心理として、何とか意中の女性と仲良くなりたい、つい自慢話になるところをぐっとこらえ、高い第一関門であるLINEやFacebookなどの連絡先の交換を突破したとします。

 

駅で別れて1人になった瞬間、メッセンジャーを立ち上げて「何書けばいいかな」「どのタイミングで送ればいいかな」「絵文字はちょっとやめといたほうがいいよね」「スタンプとかひかれちゃうかな・・・」「次のデートはこのメッセで誘うべきかな、もうちょっと後かな」などとウダウダ考えて気がついたら最寄り駅についてしまうのがありがちなパターンです。なんだか高校生と大差ないですね、このへん。

あ、ツワモノは電車の中でメッセージの書き方を検索で調べるかもしれません。試しに

「初LINE 内容」で検索したら、出るわ出るわ、テンプレートや書き方のコツが!これにはびっくり。

 

そんな冗談はさておき、普通の男性であれば「どう書いたら、どんなふうに思うかなあ」という受け手の気持ちをキレイさっぱり忘れて「今自分は何を伝えるべきか」という「俺」視点のみでメッセージを組み立ててしまうものです。

 

内容はどうでもよい、メッセがあれば脈アリ

前回も書きましたが、あんなに仕事ではリスクマネジメントを考えるロジカル男性たちもこと恋愛となると「相手がこう返してきたらこう返す」というシミュレーションをするうちに最後は疲れて思考停止、結果「エイヤ」と送ってしまいます。なんと単細胞でしょう。

つまるところ初回のメッセージは、ほぼ勢いで送っています。そしてジッと返信が来るのを待っています。3分おきくらいにメッセンジャーを開いてまだかなまだかな状態です。

こんな状態ですから初回に限っては、中身については不問としてください。意中の男性からメッセが来たら、まずはそれだけで小躍りしていただいてOKなのです。メッセージは2週目から本当の見定めがはじまると思ってください。この人、本当に気にしてくれてるのかしら?遊びなのかしら?そのあたりは1通のメッセージだけではさすがに判断できないですよね。

次ページ>>「その日に連絡がない人」は脈なしなの?

<<前の話

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク