出世も未婚も原因に?人生でもっとも大変な「40-50代の危機」を乗り越える

スポンサーリンク

人生の中で、公私共にとても忙しく、もっともストレスが多いとされる中年期。仕事や家族などのさまざまな問題を抱え、精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなる時期です。その中年期の社会生活をどのように乗り越え、なおかつ自分を成長させていくかをお話しましょう。

 

■ミッドライフ・クライシス=中年の危機とは

 

人生の折り返し地点とも言うべき中年の時期は、公私ともにさまざまな変化が訪れます。この、40代前後から起こる精神的な危機的状況を「ミッドライフ・クライシス」=「中年の危機」と言います。

 

中年期を迎えると気力や体力が衰えてきて、若い時のようにバリバリ活動することが難しくなります。そして「もう若くないんだ」という自覚とともに、人生の残りの時間や過去を含めた現在の自分自身を意識するようになります。

 

また、自分の人生を振り返り、自分の限界を感じ取るようにもなります。

 

さらに仕事やプライベートにおいてもさまざまな不安を抱えるようになり、その度合いが過ぎると、鬱になったり、不安障害になったり、精神的な危機的状況を引き起こしたりします。

 

これが「ミッドライフ・クライシス=中年の危機」です。

 

■中年期のストレス要因とは

 

中年期のさまざなストレスには次のようなものがあります。

 

・職業やキャリア上の問題、または、無職であること。(例えば、中間管理職になり、上司と部下の板挟みになったりすること)

 

・配偶者関係の問題や離婚問題。または未婚であることの問題

 

・子供の成長についての不安。子供の将来のこと、親離れ。また、子供をもてなかったことの問題

 

・親の老化や介護、死去の問題

 

・現在または将来的な経済的不安

 

・自分の老後への漠然とした不安

 

などなど、これらの問題が一気に押し寄せてきます。これにより生じる鬱や不安障害は、「ストレスの過負荷」によるものです。つまりストレスがかかり過ぎ、手に負えなくなってしまう状態です。

 

■この危機をどうやって乗り越えるか

 

心理学者ユングによると、この「ミッドライフ・クライシス」に起こる心理的、精神的な変化は、「生の転換期(レーベンスヴェンデ)」と言います。

 

これまで見えてこなかった問題や欲求に直面し、それと向かい合って、しっかりと考える時期がやってきた、というむしろ正常なことと唱えています。

 

では、この難しい時期を乗り切るにはどうすればいいのでしょうか。

 

・自分自身に真摯に向き合う。

 

・他人の人生と比較することをやめること。

 

・ありのままを受け入れること。

 

この3つが重要なポイントになります。

これまでの自分自身の人生を噛みしめ、プラスもマイナスも客観的に見つめ直すことが大切です。

また、意識上にある自己と意識下にある自己が互いを認め合うことで、幸福感を積極的に得ようとすることも重要です。

つまり、自分から人生に喜びを見出して行く作業が大切です。

 

例えば、これまの自分とはちょっと違うお洒落を楽しんだり、今までやりたかった習い事を始めたり、スポーツに挑戦したりと、自分の個性を大切にするアクションが、この時期にはとても救いになります。

 

すると新しい刺激で自己成長も得られ、また新しい仲間と出会うこともできるのです。

 

■自分と上手に付き合おう

 

ユングは中年期を「人生の午後」と言いました。

この時期は、内なる自己へと感心が移り、人格を深めていく大切な時期であるとしています。

仕事、私生活と、ともにもっとも大変な40〜50代と言われますが、自分の今までの人生を振り返り、一度立ち止まって現在を眺めてみましょう。

また、自分自身を大切にすること、自分に投資することなどで、うまく気分転換を計りながら、さまざまな不安を上手に乗り越え、自分らしく社会の中で生きていきましょう。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

15kgやせた40代女医が教える、ダイエット3つの間違い

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

頭皮が固いと「老け顔」に!? 今すぐ1日5分の簡単セルフケア

「前より太ったわけじゃないはずなのに、何だかボワンとして、さえない顔……」と、鏡や写真にうつった自分を見て首をひねること、ありませんか?もしかしたらそれは、頭皮や…

無理にでも笑顔を作って!幸運が向こうからやってくる

最近、笑っていますか?忙しいから、達成されない課題があるから、ストレスが多いから、辛いことがあったから……暗い表情で、眉間にシワを寄せて生活していませんか?その昔、天の岩戸の前でアメノウズメが身をくねら…

知能IQやEQ以外の「頭のよさ」の指標、PQって知ってる?

一般的に「頭が良い」とはどういうことでしょうか?何の基準をもって、判断されているのでしょうか?以前はIQ(Intelligence Quotient)が高い=頭が良い人と思われていました。IQとは知能指数のことで、従来型のIQ…

人前でひどく緊張する?それって対人恐怖症かも

あなたは、人前に出る時や、会議などの集まりの時、とても緊張したりしませんか?ある程度の緊張は普通なことなのですが、「もう、どうしていいかわからない!」というぐらい動揺したり、かなりの不安を感じていると…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソナルスペースと言います。人間が持っている…

10の質問であなたの「幸福度」がわかる…知っておきたい自尊心のこと

人によって、人生に前向きな人と後ろ向きな人がいますよね。その違いは一体なぜ生まれるのでしょう?それは、ずばり自尊感情(自尊心)の程度によります。自尊感情が高いか低いかで人生の視点は大きく変わってくると…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事