次の海外旅行はクロアチアで「スロウリィな旅」がしてみたい!【宣伝課長・長友の”アモーレ!”な一冊】

バカンスの季節到来。先日、一足先に週末を利用して2泊4日(!)弾丸シンガポール旅へ。流行りのスポットに話題のカフェやレストランなどなど、駆け足でめぐってきました。いやー大忙しでした。大いに楽しんで帰ってきたわけですが、41歳、体へのダメージはキツい。これまでさんざんいろんな場所に行ってきましたが、そろそろ「ガイドブックの情報をなぞるだけ」「SNSで『いいね!』をもらうだけ」の旅じゃなくって、そう!ストレスまみれの日々の心の糧になってくれるような!豊かな旅をしてみたい・・・。と思っているのは私だけではないはず。

贅沢でいてミニマル「スロウリィな旅」とは?

201607206


『オトナの恋するトラベル スロウリィ クロアチア 旅ゲスト 岸本葉子』は、そんな気持ち抱えるアラフォー女子に読んでほしい一冊。たとえ長めの休みであっても、滞在する都市は1カ所、2カ所程度。国またぎはなるべくせず、自分が決めた場所で、何もせず、ただゆったりと時を過ごすことを本書は「スロウリィな旅」として提案しています。そんな旅に最適な場所がクロアチア。著者のミニマル旅編集部の沼畑直樹さんは、取材で初めてこの地を訪れたとき、朝から晩まで働きつめた後に、ホテルのバルコニーでビールを飲みながらアドリア海に沈む夕陽を眺めた時間や、クロアチア人が大切にする、午後に友人と語らう「何もしない時間」という考え方に大きな幸福感を得て、影響を受けたと言います。

旅する気持ちを「アゲて」くれる一冊

201607204

観光客の少ない、地元の人だけが行き交う路地にこそスロウリィな旅がみつかるかも

なので、この本は、観光スポットやホテル・レストランなどの基本データを列挙して紹介する普通のガイドブックではありません。最小限の観光データはありますが、これ一冊で旅するのはちょっと厳しい。他のガイドブックでは大きく扱う、世界遺産のドブロブニクやプリトヴィツェ湖国立公園についての記述は少ししかありません。それでもおすすめしたいのは、この本からは「心を豊かにする旅とは」を教わり、旅する気持ちを「アゲて」もらえるから。仕事で忙殺される毎日の中でやっとつかんだ貴重な休日ですもの。おもいっきり非日常を感じたいですよね。

掲載されている写真は、編集部がそれぞれの町や島で出会った路地裏だったり、町のふとした横顔だったり(もちろん有名な風景もありますよ)。そこに編集部が感じたままの言葉が綴られていて、読むだけでも、その場へトリップした感覚が。カフェ店員や街なかの恋人たちへのインタビューもあり、地元の人たちの暮らしぶりが垣間見えるのも魅力。BSで放送している「小さな村の物語 イタリア」の書籍版のような雰囲気です(余談ですが、私は、何気なくテレビをつけて、この番組にあたると、ついつい見入ってしまいます)。

旅ゲスト・エッセイスト岸本葉子さんのコラムはため息もの

201607203

旅慣れた岸本さんもクロアチアにすっかり魅了されたそう

さらにこの本は、エッセイスト岸本葉子さんを旅ゲストとして迎えて、一緒に旅した記録でもあります。美しい岸本さんが美しい風景の中で佇んでいる写真を見ているだけでも読者は「ああ」とため息がでてしまうのですが、これほど旅慣れた人がどの場所に行っても「また来たい」と感嘆のため息をついたと書いているのですから、ますますクロアチアへの旅情が募るというもの(岸本さんたちが、人口20人あまりの世界一小さな町に車でおとずれたときに、車窓越しに一人のおじさんが人なつこいほほえみくれた話など、最高です)。

クロアチアは大感動まちがいなし!あなたの旅リストのトップになるはず

2016071901

ドブロブニクの旧市街を取り囲む城壁からStara Luka(旧港)をのぞむ。あの船の持ち主はどんな人たちだろう?と考えたりするのも楽しい。

と、ここまで書いておきながら、実は私、4年ほど前にザグレブとドブロブニクへは行ったことがあります。飛行機を2本乗り継いで夜遅くにドブロブニクに到着。翌朝、ホテルで碧い海が目の前に飛び込んできた時の感動は今でも忘れません。ザグレブの東欧らしいロマンチックな街並みや、紺碧のアドリア海と空と山の美しいコントラスト、おいしいワイン&料理と、女性を魅了する要素満載のクロアチアは、岸本葉子さんと同じく、もう一度行きたい国ナンバー1。でも当時はやはり、あれもこれもと、欲張ってばかり。地元の人と触れ合ったりもせず、スロウリィな旅とはいえなかったなぁ。

2016071902

城壁にへばりつくような断崖絶壁にあるカフェ。ここから見るアドリア海は最高に美しい。

201607207

首都・ザグレブからバスで40分ほどのサモボルという小さな街で見かけた看板

気持ちは若くても、そろそろ無茶も効かなくなるし、休みだってそうそう取れるわけではない私たち。1回1回を最高の旅にするために、皆さんも次の旅はクロアチアに「スロウリィな旅」体験しに行きませんか?その時はぜひこの本を持って!

9784074003723(OBI)

『オトナの恋するトラベル スロウリィ クロアチア 旅ゲスト岸本葉子』
 著者: ミニマル旅編集部 編
 ジャンル:習い事・趣味
 発売日:2016/02/10
 ISBN:9784074003723
 判型・ページ数:A5変・128ページ
 定価:本体1,500円+税
 ■ご注文はこちらから■
 アマゾン(リンク)
 honto(リンク

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

おひとりさま旅歓迎!金曜夜から1泊できる箱根・熱海・軽井沢の温泉

温泉に行きたい。一人で静かに湯船につかってぼーっとしたい。いま、オフィスからそのまま行きたい。でも、温泉旅館は夕飯の時間に間に合わない……。と思っていたら、実は「…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

おひとりさま。初めて「一人で海外旅行」をするなら!勝手におすすめベスト3

おひとりさまで海外旅行へ行ってみたいけど、なんだか心配……というかたも少なくないでしょう。勝手に「おひとりさまを楽しむ部」を推進しているOTONA SALONE編集長のアサミ…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

伝説の漢方パックが台湾にある!「玉容散」を求めて生元薬行へ 

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

ソウル旅行のおすすめの「占い」! ズバズバ当たる「四柱」「巫女」

はじめまして、オトナトラベルライターの長谷川華です。国内も海外も行き尽したアラフォーのみなさまに、ちょっと変わったディープめ旅行をご案内していきます! さて、今…

お疲れ40代が台北で救われるお茶とお風呂!「百勝堂薬行」でお土産

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

超本格な魯肉飯を作るスパイスバッグも!台北お土産は薬局にアリ「黄長生」

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

道端アンジェリカが10kgやせた「トマト寒天」ダイエットレシピ

チアシードや甘酒など、その美容効果に注目し、いち早く取り入れてきた道端アンジェリカさん。彼女がNHK『あさイチ』で今注目している食材として紹介したのは、「寒天」。ぷるぷるとしたひんやりデザートを想像する…

40代が気になる白髪の悩み。実は「冷え」が原因かも!

鏡を見るたびに「あれ?20代のころはこんなじゃなかった!」となることが増える40代。白髪や薄毛、肌のたるみ、乾燥など、その原因は体の『冷え』にあるかもしれません。さらに「目の疲れがひどい」「便秘がなか…

○○を押したり、もんだり!働く女性のつらいアレを指で解消

仕事が忙しくなったこともあり、これまで週に1回通っていたヨガをお休みすることに。すると途端に、肩こりや腰痛が復活してきて。デスクワーク中にできる簡単ストレッチもありますが、周りが一生懸命仕事をしている…

40女が目指したい自分スタイルとは?ミラノマダムに学ぶ【宣伝課長・長友のアモーレな一冊】

東京も朝晩寒くなってやっと秋らしくなりました。季節が急に変わると困るもの私的ナンバー1が「今日着る服」。毎シーズンちょこちょこ服は買っているのに、なぜか着たい服がない。鏡の前でいろいろと合わせてみては…

人気和食「賛否両論」の笠原将弘さんの絶品時短レシピ3!5分で作れる「のっけごはん」 【宣伝課長・長友の“アモーレ”な一冊】

平日は帰宅が遅め、頭もカラダもヘトヘトでとても晩ごはんを作る気にならない……。そんな私のような女性多いと思います!でも、便利とは言え、外食や買ったお惣菜が続くと嫌気がさす。だから、遅く帰ってきても短時間…

「糖質オフダイエット」思うようにやせない!その原因と対策はコレ【宣伝課長・長友の“アモーレ!”な一冊】

糖質オフダイエットは、ブームを超えて定着した感がある今日この頃。やせたい!と思ったら「カロリー」よりも「糖質量」を気にしたり、コンビニや飲食店でも「低糖質」を謳った商品やメニューがかなり増えてきました…

もしも親が亡くなったら。頭はパンクします。だから、少しでも先に知っておきたい。【宣伝課長・長友の“アモーレ”な一冊】

あまり考えたくないですが、自分が年を取るということは、親も年を取るということ。「もしも」の時は突然やってくるかもしれません。

40代は初体験ラッシュ。最近どんな初体験してますか?【宣伝課長・長友の”アモーレ!”な一冊】

今回紹介するのは、酒井順子さんの『泡沫日記』。「人生後半の初体験」に満ちた日々を記した日記風エッセイです。書店で文庫版の帯の「嗚呼、ミドルエイジ!中年になってもまだまだ知らないことばかり。」を見たとき…

私が仕事抜きでおすすめする「作りおき」本 【宣伝課長・長友の”アモーレ!”な一冊】

今、書店の料理本コーナーをのぞくと「作りおき」関係の本がたくさん。「忙しい毎日を過ごしながらも、美味しくて安心できる料理を食べたい、しかも簡単に」というニーズに答える「作りおき」は、その言葉とともに大…

バストのたれ、ワキ肉、ハミ肉対策は夜寝ている間に!【宣伝課長・長友の“アモーレ!”な一冊】

はじめまして。主婦の友社の広報・宣伝課の長友薫と申します。1975年生まれの41歳、アラフォーの私が独断で選んだ、「OTONA SALONE」読者に愛すべきおすすめの1冊を隔週でご紹介していきます。よろしくお付き合いく…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事