「残念な眉メイク」になってない?ありがちな3大NGはコレ

今回は、眉メイクでハマっていることが多い“ちょっとしたワナ”のお話です。

 

その1:色が明るすぎる眉

軽やかなイメージのナチュラルメイクを目指すと、眉は明るめに仕上げたほうが確実です。

ところが、地肌や髪色とのトータルバランスを考慮せずに、闇雲に眉色のトーンを上げてしまうと、眉だけが悪目立ちしてしまいがち。

さらに本人としては「若見え」を狙っているつもりが、ホラーメイクのような不自然な怖さを醸し出してしまう、痛恨のミスにも繋がりかねません。

眉をブリーチ、あるいは眉マスカラで調節する際には、髪色とのバランスを忘れるわけにはいかないため、髪よりワントーン、やるとしてもツートーンを限度にすると、悪目立ちを防ぎやすいです。

出典>>3歳老け見え!? 40代がオバサン化する「ナチュラル眉メイク」の3大ワナ

 

その2:眉尻が極端に細くなっている(しかも長く見える)眉

 

普段のメイクでは、自眉があろうとなかろうと、眉尻は気持ち的に少しすぼめる、つまり少し細めに仕上げるよう意識していらっしゃる40代女性は多いはず。

今はまだまだ太眉ブームが継続中ですが、40代のオフィスメイクでは完全なる一文字的な“THE・太眉”よりも、眉尻を少しすぼめた形のほうがしっくりくるのも確かです。

ところがそんな“すぼめた眉尻”が、メイクの際に手が滑ったかのように極端に細く仕上がっていると「アンバランスだし、中途半端じゃない?」な印象を醸し出しがちに……。長さを出しすぎているようにも錯覚しやすいため、キツそうに見えたり古臭い印象を感じさせたりもしやすいです。

残念ながらこのワナって意外と身近で、本人としては「少しすぼめたつもり」でも、思いのほか眉尻が伸びてしまっているケースも見受けられます。ベストバランスを模索するなら、この機会に一度、黄金比のおさらいを。小鼻の脇から目尻を繋いだ延長線上が「眉の黄金比」とされているので、この位置をベースにして今っぽい仕上げになるよう微調整をかけると安心です。

出典>>「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

 

その3:上部にばかり描き足していて、目から離れた印象になっている眉

目と眉の位置が遠ざかっていると、予期せぬ老け見えを招くほか、違和感のあるメイクに見えやすい傾向もあります。眉を描き足す際に、自眉の下部(目の側)ではなく上部(額側)に描き足す癖があると、どうしても、目と眉が離れた印象のメイクに。目と眉の位置が離れすぎてしまうと、顔に空白が増え、ぱっと見のバランスの悪いメイクになってしまいます。

描き足すときには、眉の下部にボリュームを出したほうが、目と眉の距離が縮まり、視覚効果によって若見えも狙いやすくなります。

出典>>それはナシ眉…!男が「苦手」と感じる40代女性の眉3パターン

 

きちんと手をかけているつもりの眉でも、客観的に見てみるとイマイチだった……なんてことになれば、とても残念。

お心当たりがあったかたは、ぜひ今すぐ眉メイクのアップデートを!

 

続きを読む

       

【アンケートにご協力ください】「更年期対策」って何にいくらかかりますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク