恋愛をあきらめていた私に、一回り年下の後輩男子は【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり3】

(この小説の一気読みはこちら)

 

 

ひとりでいたい

 

翌朝、私は高坂君を、通勤電車の中で見つけた。

飲み会で、全然自分のことを話さなかったから、彼が私と同じ路線に住んでいることも知らなかったので、見つけた時は、驚いた。

 

会社に駅が近づくたびに、次第に車内が混んできて、私は彼のすぐ隣に押し出されてしまった。

洗濯したてのような爽やかな香りが、ふわっと入ってくる。

それでも高坂君は、私に気づかないで、ずっとスマホに見入っている。

どうやらゲームをしているらしかった。

 

彼は、全く顔も上げない。

バリアを張って、コミュニケーションを遮断しているかのようだった。

会社の人たちが「なんだアイツ」とぼやいていた無愛想さは、満員電車の中ではあまり目立たない。他の多くの人たちも同じようにうつむいて、スマホに見入っているから。

 

誰とも話をしたくない、そんな時期が私にもあったのを不意に思い出した。

社内恋愛をしていた彼と別れた頃は、できれば一人でいたかった。

会社の人たちに、話しかけられたくはなかった。

彼とのことを、誰にも聞かれたくなかったし、語りたくなかったから。

 

ちいさなきっかけ

 

高坂くんも、誰とも話したくない時期なのかもしれない。

私だって、飲み会に出たくない時もある。

彼が、壊れそうな何かを背負っているような気がするのは、私だけなんだろうか。

 

彼は、嘘つきではない。

部長に聞かれたら「彼女はいません」と素直に答えていた。

ただ、人間付き合いが苦手なだけかもしれない。

私は、彼のことを、なんだアイツ、とは思えなかった。

彼が、プードルの画像を待ち受けにしていたからかもしれない。

 

居酒屋で、彼が落としたスマートフォンの待ち受けには、白くてふわふわの犬が映っていた。

「かわいい!もしかしてプードル?」

と聞いたら、そうです、と答えてくれた。

実家で飼っているのだと。

私の実家もプードル飼ってるの、と言ったら、そうなんですか、と、あの時、少しだけ、笑った気がした。

 

私は急いで自分のスマートフォンのアルバムに入っている、実家のプードルの画像を探し出す。

犬の話だったら、弾むかもしれない。

でも、すぐ隣で指を動かす私に、彼は気づかない。

しかたなく、小声で話しかける。

 

新しいともだち

 

「……高坂くん」

「えっ!?」

彼は、目をむいて私を見た。

「な、なんでここにいるんですか!?」

「さっきからいるんだけど。私、桜道駅だから」

「マジですか? 僕もですよ」

「本当に? ねえ、ところでうちのプードル……」

 

そこまで言いかけた時に、急ブレーキがかかり、みんなが一斉によろけ、私も倒れそうになったけれど、必死に踏ん張った。

「これ」

彼が、何かを差し出してくる。

男物の長傘だった。

「体に掴まられるのは抵抗あるけど、傘なら、いいですよ」

 

ひとこと余計な気がしたけれど、ありがたく傘の持ち手を握らせてもらう。

彼は、私が握りやすいような位置で、傘の真ん中あたりを持っていてくれる。おかげで、電車が次に揺れた時は、もうよろけないで済んだ。

彼は、優しい。多分、優しさを表に出していないだけなのだろう。

 

そっと高坂くんの顔を見上げる。

照れくさいのか、彼は窓の外を見つめている。

私の視線に気づいているのかどうかも、わからない。

 

高坂くんは、綺麗な肌をしていた。

28歳。私よりもひとまわりも違うから、本当に若い。

インドア派なのか、日焼けもしていない色白の肌は、うらやましいほどしっとりしていた。

 

「ねえ、後でうちの実家のプードルの画像も見てくれる?」

彼は、窓の外を見つめたまま、小さく頷いた。

「じゃあ、後でLINE交換しよう? 画像送るから」

彼はまた頷いた。その日の昼過ぎ、私のLINEに1人、新しい友達が追加された。

 

 

(この小説の一気読みはこちら)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク