裾上げから解き放たれよう!【40代・149cmスタイリスト】イチ推しECブランドとは?【スタイリストRICOリコメンズ】

こんにちは。スタイリストの大日方です。

身長149cm。可愛いと言ってもらえることもあり、低身長をコンプレックスに思ったことはないのですが。それでもときどき不便だなと思うことはあります。台所の上の棚に手が届かないとか、いまいちパンツが似合わないとか、スカートの丈で洋服を諦めるとか。これまで、自己流でワンピースの肩をちょこちょこっと縫って着たり、服のサイズ直しの教室に通ったり、デニムを乾燥機にかけて縮ませたり、服を着るために色々と工夫もしてきました。

 

でもここ数年で、低身長向けや高身長向けサイズのお洋服を展開するECブランドが増えました。背が低い人も高い人もポチリとお買い物できる嬉しい時代が到来しています。今日は私が実際にお買い物しているECブランド2つをご紹介します。

 

サスティナブルでエシカル「Re:EDIT」

Re:EDIT

ひとつめはRe:EDIT(リエディ)です。もうお買い物したことがある方も多くいらっしゃるんじゃないでしょうか。今っぽい空気感とお買い物しやすいお値段が魅力。そして実は「持続可能」や「ひとをおもいやる気持ち」を大切にした商品やサービスを提供している通販ブランドなのです。オーガニックコットンやリサイクル素材を使用する、国内生産へのシフト、環境に優しい梱包資材の使用、予約販売による受注生産を促進し廃棄ロスをなくす取り組みなど、サスティナブルかつエシカルなお洋服作りをしています。

 

サイズ展開が豊富

Re:EDITには低身長向けのコンパクトCサイズと高身長向けトールTサイズの展開があって、特に嬉しいのがパンツです。低身長の場合、丈直しするとパンツのシルエットが変わってしまうのが悩みだったりします。裾が細くなるクロップドパンツは細くなる部分を切らなければならないし、フレアパンツならフレア部分を切らなければならない。写真はRe:EDITで2枚買いしたパンツたちです。Cサイズなら、シルエットのまま履けて嬉しい!丈直しが出来ないクロシェ編みのニットパンツもCサイズならそのまま履けました。

 

きっとぴったりが見つかる

Re:EDIT

足が長すぎるなんて、私からしたら「羨ましい」でしかないですが、高身長さんもパンツの丈が足りないという悩みを抱えているそう。ないものは伸ばせないというのが高身長さんの悩みなんだそうです。Mだと丈が足りないけれど、Lだとウエストが緩いという方にはMTサイズがぴったりです。

 

おしゃれを通じた支援「BIRTHDAY BASH」

私も今回知ったのですが、BIRTHDAY BASH(バースデーバッシュ)では、災害に見舞われた方や家庭内暴力など様々な事情により日常生活が困難な状況に陥った方々へ、お洋服を通じた支援をする特別窓口を設けているそうです。服には人を元気にするパワーがあると私も思います。ファッションを通じておしゃれをする喜びを取り戻す活動はとても素敵だと思います。

 

BIRTHDAY BASHでチェックするのは、SHORTかLONGのレングスが選べるワンピースです。白のTシャツワンピはFreeサイズでしたが、121cmと丁度いい着丈でした。私の場合はこのくらいカジュアルなほうが生活スタイルにマッチします。

肩がフリルになっているのはBIRTHDAY BASH定番のロンパース。去年までSHORTとLONGのサイズ展開だったと思うのですが、今年からS・M・Lサイズの展開にアップデートされていました。旧SHORTは私が着てもふくらはぎが隠れるくらいのクロップド丈だったので、体の厚みを加味すると今年のSサイズはちょうどフルレングスで着られそう…欲しい!

 

着ていて気持ちが良いものを

 

今回分かったことは、低身長さん高身長さんに優しいブランドは、みんなにとっても優しいブランドだったという事実。「視野の広さ」は「サイズ展開の広さ」に通ずるものがあるのかもしれません。

 

サイズの合った服ってやっぱり着ていて気持ちが良いし、つい手が伸びるもの。みなさんにも、ぴったりのお洋服との出会いがありますように。

*写真提供/Re:EDIT

※クレジット表記のない商品は本人私物です。

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
スタイリスト 大日方理子

スポンサーリンク

スポンサーリンク