その「ひとつ結び」のせいで髪がこんなに傷む! ゴムから髪を守るシンプルな方法とは(前編)

「似合う髪型がわからない」「切りたいんだけど、どのくらい切ればいいかがわからない」「いつもひとつ結びになっちゃう」…

インスタで4万フォロワー以上のアカウント、日本髪型研究所・似合う髪型コンサルタントの篠原龍さん(@nihon_kamigata_kenkyujyo)。「似合う髪型のつくりかた」がいま話題です。

 

このシリーズの記事一覧

 

星「よーし仕事するか。髪を後ろでしばって…と」

篠原さん「ちょっと待ったー! 星さん、今日はちょうどヘアアレンジについてお話しようと思ってたんです」

篠原さん「早速ですがクイズです。ゴムでしばっているところを電子顕微鏡で拡大してみてみると、髪はどうなっているでしょうか?」

篠原さん「このイラストは、電子顕微鏡での写真をなるべく再現したものになります。ゴムでしばっているところが削られ、キューティクルが剥がれています。その部分は弱く曲がりやすくなっています」

星「今まで考えたことがなかった…! 髪って結構、繊細なんですね」

篠原さん「そうなんです。それなのに髪はとっても “雑” に扱われているんです」

 

髪と肌を比較してみる

篠原さん「肌にはターンオーバーがあり、傷がついても再生しますが、髪は再生されません

星「ダメージが蓄積されてしまうのですね」

 

髪と服を比べてみる

篠原さん「では、『修復しないもの』と比べてみたらどうでしょう。ここでは、服と髪と比較してみます」

星「服は昼と夜で変えますよね。あと、毎日着替えます。さらには、毎週同じ服を来ているわけではなく予備の服もあります…」

篠原さん「そうです! それに比べ、髪は朝も昼も同じ。毎日同じで替えの予備はなく、圧倒的に条件が悪いです」

篠原さん「強いものから弱いものに順位をつけると、肌>服>髪となります」

星「思ったより髪が劣勢です。大切に扱わないといけない、という意味が分かってきました」

次ページ:2ステップだけ! とりかえのきかない髪に「優しく」する方法

 

(構成・文/星雅代)

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク